FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 48話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第48話:氷と炎


甘く見すぎていたかもしれない。男は内心舌打ちした。
わけのわからぬ理由で女を守ろうとした青年――男からすればまだまだガキだ――は、
しかし年齢に見合わぬ太刀筋の鋭さを持って、正確に自分を捉えてくる。
――彼とて元は、魔王エクスデス直属の配下だ。
あの忌々しい幻獣に不意打ちをくらったせいで、目的を果たせぬまま死んだが
そうでなければ人間の若造四人など、今ごろは暗い水底に葬っていただろう。
ましてや今の相手はクリスタルの力も持たぬガキと、震えることしかできぬ娘一人。
どう考えても、二人とも秒で仕留められなければおかしい相手である。
だが、青年はまだまだ余裕の表情を崩さず、娘を庇うように立っていた。
(何か、クリスタル以外の力を使っているのか?)
様子をうかがう男に、銀の軌跡が閃き迫る。
男はそれを氷の剣ではじき、返す刃で袈裟懸けに切りつける。
だが敵もさるもの、円を描きながら一歩下がる、その挙動だけで一撃を見事にかわした。
そしてあの奇妙な構えを取ったと思った瞬間、ありえぬ速度で剣が舞う。
(やはりおかしい、速すぎる)
横に飛んで斬撃を避けた男は、今一度敵を睨みつけた。
人間にはありえぬはずのスピードで剣を操る青年。その肩が小刻みに上下している。
まるで、早回しの映像のように。
(――そうか)
その時、男はようやく理解した。
魔法だ。時空魔法ヘイスト、時の流れから己を切り離すことで倍速の動きを可能とする。
「くっくっく……はーっはっはっは!」
男は笑った。
タネが明かされればなんてことはない。この青年は、やはりひよっ子のガキだったのだ。

「何がおかしい」
誰もが思わずすくみ上がるような鋭い視線を余裕の表情で受け流し、男は言う。
「疲れてきたか? 息が上がっているぞ」
そう。二倍の速度で行動するということは、疲労も二倍の速度で溜まっていく。
「さっさと決着をつけるつもりだったのだろうが、アテが外れたな!」
青年は倍速の剣を持ってしても、自分と互角の勝負しかできぬのだ。
ならば、勝つのは自分だ。
あと30秒も攻めてやれば、疲れで太刀筋が鈍ってこよう。
その隙をついて、心臓を串刺しにしてやる。そして女の首を跳ね飛ばしてやる。
脳裏に血塗られた光景を思い浮かべ、男は邪悪に笑った。
だが、それでも青年は平然としていた。
「ふん……なら、次で終わりにしてやるぜ」
男は虚勢だと考えた。恐怖と絶望を押し隠すための演技だと。
「やってみろ、やれるものならなあ!」
男は自分から仕掛けた。地を蹴って、一気に間合いを詰める。
相手は手を突き出した。剣も何も持たぬ手を。そして、唇の端を歪めた。笑ったのだ。
「やってやるよ、お望みどおりに」
青い光が刀身からほとばしる。青年の剣ではない。男の持つ氷の剣から。
光は青年の手へ吸い込まれ、そして
「ブリザラ!」
青年が吼えた。同時に、猛烈な冷気が男を襲う。
「ぐぉっ!?」
予想外の一撃に、男は受身すらとれず、正面から喰らった。
だが、それだけでは終わらなかった。
氷の後を追って、赤とオレンジの渦が男に迫る。
炎だ。男がそう思った時には、二つの光条はぶつかり、重なり合い、爆発していた。

氷は溶けて炎を消し去り、残された熱が水を気化させて、辺りを白く染める。
男はその中心に立っていた。
剣を握った片腕を凍りつかせ、残る身体を高温の蒸気にさらされて、なお生きていた。
「――おのれ、人間の分際で」
怨嗟の唸りが白霧の中に轟いた。屈辱に震える肩が、男の怒りを表していた。
次第に薄れ行く煙の向こうに、青年と娘の姿はなかった。
「殺す……かならず殺す。
 我が主の名にかけて、後悔する暇も与えずに切り刻んでやる。
 生きたまま腸をぶちまけ、目をえぐり、四肢を引き裂いてやる――」
男はゆっくりと歩き出した。
瞳に復讐と憎悪の炎を宿らせて。全身に、氷よりもなお冷たい殺意をまとって。

【サイファー 所持品:破邪の剣 G.F.ケルベロス(召喚不能)
 第一行動方針:ロザリーを助ける 第二行動方針:不明】
【ロザリー 所持品:不明
 第一行動方針:サイファーについていく(?) 第二行動方針:ピサロに会う】
【現在位置:アリアハン南の森→北方面へ】

【リヴァ(略) 所持品:アイスブランド、不明  状態:HP1/2
 第一行動方針:サイファーとロザリーを仕留める 第二行動方針:ゲームに乗る】
【現在位置:アリアハン南の森→東方面へ】