FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 82話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第82話:冷静な殺意、残された狂気


一度覚悟を決めてしまえば楽なものだ。
若きラインハット王・デールは険しい崖を背に、こちらに向かって走ってくる男を見つめる。

死ぬのは別に怖くない。
母の狂気を止められなかった罰、罪なきサンタローズの人々を救えなかった罰として受け入れるつもりだ。
けれども、残されたラインハットの民と、何よりまだ幼いコリンズはどうなる?
自分が死に、ヘンリーやマリアの身にまで何かがあったら……ラインハットは荒れる。
権力を狙う輩はどこにでもいる。そして、手段を選ばない。
必ず、王となったコリンズを操ろうとするものが出てくるだろう。
あるいは追放するなり暗殺するなりして、己が王座に座ろうとするかもしれない。
それだけはさせたくない。叔父として、コリンズには幸せな人生を歩んで欲しい。
また、強欲な人間が政治を握る事態になれば、国民にも不幸をもたらす。
――かつて兄は母の罠にかかり、十数年間ものあいだ奴隷として辛酸を舐めさせられた。
母に化けた魔物のせいで、人々の生活は圧迫され続け、たくさんの人が苦しみの中で死んだ。
(それなのに、何もできなかった。僕は王として失格だ……
 だけど今度こそ。今度こそ、ラインハットのために戦ってやる)
生き残るのは自分でなくていい。
ヘンリーやマリア、あるいはグランバニア王のリュカのように、コリンズの後ろ盾となって助けてやれる人物ならば。
そのためならば――この手など幾らでも血に染めてやろう。

覚悟を決めてしまえば、後は楽なものだ。身体が勝手に動いてくれる。
先ほど読んだ説明書のとおりに、トリガーを引く。
機械仕掛けのリズムに乗って、抜き身の剣を構えていた男がダンスを踊る。
それで終わりだ。なんてことはない。
戦う術を知らぬ自分でも、人は殺せる。簡単に。
デールは男の骸も確かめず、崖に沿うようにして歩き去った。



(――おのれ、人間め)
呪詛の言葉は声にはならなかった。傷ついた体から流れる、人には有りえぬ色の血が、大地を醜く染める。
その代わり、渦巻く怨念は死の淵にあってなお増大を続けていた。
今にも深遠に沈みそうな意識の中で、男は前へと這う。
幻獣に身体を噛み千切られ、主の命を果たせぬと悟った時の無念が。
すんでのところで獲物を攫っていった、金髪の男に対する憎悪が。
復讐も果たせぬまま、戦い方も知らなそうな若造によって死を迎えるという絶望が。
そして狂気にも等しい生への渇望と、生きとし生ける全ての者に対する殺意が、死にかけた男の身体を突き動かした。
男自身、何故自分がそうしようとしたのかわかっていなかったに違いない。
ただ、復讐を望む心が、魔物としての本能が囁いたのだ。
男は必死に手を伸ばし、銃弾の雨によってぶちまけられた支給品の一つを握り締め――

それからどれぐらいの時間が流れただろう?
黒髪と赤い瞳を持った女剣士が、息絶えた男に近寄る。
「銃でやられたのか……」
全身に大穴を開けられた死体など、決して気持ちのいいものではない。
女剣士――パインは、できるだけそちらを見ぬように男の剣を取る。
と、その時、男の手の下で何かが落ちていることに気が付いた。
「これは、ドレスフィアか?」
一瞬、いつのまにか無くなっていたスペシャルドレスかと思ったが、すぐに違うと気付く。
そのスフィアから感じられるのはダークナイトの力だったからだ。パインは失望したが、やがてあることを思い出し、眉を潜めた。
彼女は既にダークナイトのドレスフィアを持っているのだ。
同じドレスフィア。そして、わざわざ他人に支給されていたスフィア。
「……もしかして、何か特別な力でもあるのか?」
パインは迷わなかった。好奇心とかすかな期待に突き動かされ、そのドレスを纏う。

身体が滅びても、想いは残る。ある女性の歌声は、千年の時を越えて願いを伝えた。
命は尽きても、怨念は残る。ある青年の憎しみは、千年の時を越えて災厄を振りまいた。
――絶望のうちに死した男の妄執は、何をもたらそうというのだろう。
ドレスチェンジしたパインが静かに目を開く。赤い瞳は、虚無よりもなお暗い闇を湛えていた。

【デール 所持品:マシンガン、アラームピアス(対人)
 行動方針:兄夫婦&リュカ一家以外の参加者を殺す】
【現在位置:アリアハン城の東、岩山付近】

【パイン(ダークナイト、凶暴化) 所持品:うさぎのしっぽ、静寂の玉、アイスブランド、ドレスフィア(ダークナイト)
 行動方針:全員殺害。正気を取り戻した場合は不明】
【現在位置:アリアハン城の南東、岩山付近】

【リヴァイアサンに瞬殺された奴 死亡】
【残り 115名】