FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 503話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第503話:EYES ON ME


暗い井戸の底、ひとりの男が、目の前の瀕死の緑髪の男を見て苦悩していた。


「…緑色の髪の男に遠くから射撃された……
 ……リノアとかいう連れがいたそうだが、彼女は助からなかったらしい…」


数時間前に、カインから聞いた言葉が呼び起こされる。
目の前にいる男が、リノアを殺したのか?そうであれば、この男を許すことはできない。
男が手に持っている銃、これがリノアを殺した凶器なのかもしれない。

だが、もしこの男がリノアの死と何の関係もないとしたら?
彼の傷の具合からして、早急な治療がなければ、そのまま帰らぬ人となるだろう。
そして今、彼を助けられるのは自分たちしかいない。


スコールは苦悩していた。自分が選ぶべき選択肢に。

上の方から、自分の名前を呼ぶ、マッシュの声が聞こえる。
ふと上空を見ると、赤い光が目に入る。村を包んでいる炎による光に違いない。
この井戸のまわりまで炎が及んでくるのに、そう時間はかからないだろう。
時間はない。目の前の男にも、自分たちにも。


目の前の男が、リノアの死に関しては無関係だとしても、多くの人を殺めた殺人鬼だとしたらどうする?
自分たちが助けることで、さらに多くの悲劇を生むかもしれない。
日々の常識が狂ったこの世界、人の命を救うことに何の意味があるのだろう?
このゲームのルールでは、たとえ一時の命を助けたとしても、
この男は遅かれ早かれ、死ぬ可能性が高いのだ。もちろん、自分も。
そう、SEEDは傭兵集団。常に冷静な状況判断と、最適な決断をしなければならない。
炎が迫っている今、あまりに長くこの場にいることは、自分たちの身をも危うくする。
自分が苦悩し、この男を助ける義務はない。
自分と男は他人なのだ。この男の死によって、自分が背負う物は何もない。
男がリノアを殺した者だとしたら、自分自身が手を下さないことに心残りはあるが。


スコールは無理矢理、問題を結論づけた。
それは無意識であるだろうが、自分が何もしないことで、全ての責任から逃げようとしていたのだ。


「マッシュ―――――」

上に引き上げてくれ、と言おうとした。井戸の底の男はすでに死んでいた、と。

その時。


声が、聞こえた。

自分が、最も大切にしていた人の。

今は亡き、愛する人の。

昔、よくかけられていた、怒ったような声が。


「…助けろ、というのか? リノア……」

つぶやいても、返事が返ってくるはずはない。だが確かに感じた懐かしい声。


「おい!どうした、スコール!?」

マッシュの大きな声が聞こえる。


スコールは自嘲気味に笑った。
彼女が生きていると信じていた時、彼女の声は聞こえなかったのに。
もう彼女がこの世にいないこと、
もう彼女のぬくもりを感じることができないことを知った今、
愛しい声が聞こえてくるとは。


ああ…やっぱりオレは…おまえがいないと、どうしようもなく弱い人間だ。
だけど、強くなるから。いつかまたおまえに会った時、恥ずかしくないように。


「…マッシュ、ティナの力が必要だ。魔石を渡してくれ」

だから、またおまえのワガママに付き合ってやろう。おそらく、おまえの最後のワガママに。


マッシュから落とされた、緑色の淡い光を放つ魔法の石を受け取った。
スコールはそれを握り締め、目を閉じ、強く念じた。

「オレは…オレはこの男を助けたい。ティナ、あんたの力を貸してくれ」

魔石から光があふれる。暗い井戸の底を淡く、美しく照らす。
美しい幻獣が緑髪の男のキズを癒す。幻獣の出す光は、スコールの心も、優しく包み込む。
暖かい緑色の光の中、スコールは再び、大切な人の思いを感じた。


「ああ…オレも…愛している……」


スコールの頬を、一筋の涙が流れていった。

【マッシュ 所持品:ナイトオブタマネギ(レベル3)、モップ(FF7)、ティナの魔石、神羅甲型防具改、バーバラの首輪、
 レオの支給品袋(アルテマソード、鉄の盾、果物ナイフ、君主の聖衣、鍛冶セット、光の鎧、スタングレネード×6 )】
【スコール 所持品:天空の兜、貴族の服、オリハルコン(FF3) 、ちょこザイナ&ちょこソナー、セイブ・ザ・クイーン(FF8)
 吹雪の剣、ビームライフル、エアナイフ、ガイアの剣、アイラの支給品袋(ロトの剣、炎のリング、アポロンのハープ)】
【第一行動方針:緑髪の男(ヘンリー)を井戸から出し、安全な場所へ運ぶ
 第二行動方針:アーヴァインと緑髪(緑のバンダナ)の男、及びエドガーを探す
 第三行動方針:ゲームを止める】

【ヘンリー(気絶)
 所持品:G.F.カーバンクル(召喚可能・コマンドアビリティ使用不可、HP1/4) G.F.パンデモニウム(召喚不能)
 キラーボウ グレートソード アラームピアス(対人) デスペナルティ リフレクトリング ナイフ
 基本行動方針:ゲームを壊す。ゲームに乗る奴は倒す)】

【現在地:ウルの村 南東の井戸】