FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 371話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第371話:蜂蜜のように


エドガーは森の中を駆けながら背に負った青年の呼吸が弱くなっていくのを感じていた。
彼のマントに染み込んでくる血の量も軽視できない。
『マズイな。もう長くは持たない……どうする?』
あの銃を持った男も虚を突いたおかげでかなり引き離したが、以前気配は追ってくる。
「シンシア、この人のザックを探ってみてくれ。
 何か使える物が入っているかもしれない」
「は、はい」
シンシアは大剣アポカリプスを持ったまま苦しそうに走っているが今はエドガーにも気遣う余裕はない。
片手で器用にリュカのザックを抱え、中を探る。
その顔が失望にゆがんだ。
「駄目です……袋に入った小さな柔らかい紙とお鍋しか入っていません。
 後は普通の配給品です」
それを聞いたエドガーも諦観が頭を掠める、その時……。
「そうか……いや、待てよ!」
灰色の脳細胞が頭に電球が浮かび上がる勢いであるアイデアを閃いた。
そして前方に都合よく身を隠すに適した巨木が見えてくる。
「シンシア、あの巨木に身を隠す。
 そこに着くまで鍋で彼の腕から滴る血を受けておいてくれ!」
「あ、はい、血を辿れなくするんですね?」
シンシアはエドガーの言葉を自己解釈して指示を実行する。
アポカリプスは邪魔なのでリュカのザックに仕舞い込む。
巨木につく頃には20cm片手鍋には浅く血が溜まっていた。
エドガーはリュカを背から降ろし、巨木の根元に横たえる。
「シンシア、彼にモシャスしてみてくれ。
 彼が助かるかどうかで我々の行動も変わる」
その言葉にシンシアは不服そうな表情を浮かべたが何も言わずにリュカへと変化した。
「あ、すごい……回復呪文は持っています!
 それにしても高位の僧侶や神官並の呪文量だわ……そうは見えませんけれど……」
それを聞いたエドガーは決意した。
「よし、僕が囮になってあの男をここから遠ざける。
 その間に彼を治療してくれ。今のままではもう持たない」
「危険です! 一緒にここに潜伏したほうが……」
「その方が危険なんだよシンシア。 大丈夫、うまくやるさ」
そういってエドガーは何故かリュカの血が溜まった片手鍋を持って立ち上がった。
「どうするんです、そんなの?」
「獣を誘き寄せるには餌が必要だろ?」


デールは不機嫌だった。
せっかく料理したご馳走を横取りされたのだ。
前菜は頂いたが、あれだけでは物足りない。
そのご馳走もあれだけ丁寧に料理したのだ。
美味しい時間はあと僅かだろう。
冷めてしまえばゴミだ――それは避けなければならない。
急がなければ。
横取りした奴らはついでにデザートにしてやる。
しかし決意とは裏腹にデールは立ち止まる。
今まではご馳走からこぼれたスープを目印にして追っていたのだが、
途中でぷっつりと途切れてしまっているのだ。
「フン、流石に気付いて止血をしたらしいな……」
デザートの癖に中々甘くはない。
だが、止血をするには立ち止まらなくてはならないだろう。
その分だけ追いついているはずだ。
もしかしたらすぐ近くに隠れているかもしれない。
周りを見渡す。
「あの巨木なんて怪しいですねぇ…」
ニヤリと笑って歩いていく。
その時、足元に再び血が滴っていることに気がついた。
「これは……?」
先を見ると巨木とは逆方向に続いている。
「クククク、ハーハッハッハッハッハ!!」
やはり奴らはただのデザートでしかない。
蜂蜜のように大甘だ――せいぜい美味しく頂いてやるとしよう。
デールはご機嫌だった。



巨木から北に向かってしばらく行った先の木の上にエドガーは居た。
笑いながら眼下を駆け去っていくデールを確認し、一言呟く。
「蜂蜜のように大甘だよ、お坊ちゃん」
場慣れしていないのが丸わかりだ。
冷静に相手を見極めればそれが素人かどうかはすぐに判別できる。
最もあの狂気を前にすれば言うほど簡単なことではないだろうが。
しかし相手の戦場経験の浅さを見越しそれを利用したとは言え、
こんな単純な誘導トラップに簡単に引っ掛かってくれるとは思わなかった。
最悪一戦交える覚悟もしていたというのに。
だがそんな危険を冒す必要がなくなって僥倖だった。
シンシアの下に急いで戻らなければ。
エドガーは片手で器用に木を降りて、駆け出した。

【シンシア 所持品:万能薬(ザックその他基本アイテムなし)
 第一行動方針:リュカの傷の手当てをする
 第二行動方針:仲間を探す 最終行動方針:ゲームの脱出】
【リュカ(右肺刺傷、両腕被弾) 所持品:お鍋の蓋 ポケットティッシュ×4 アポカリプス
 第一行動方針:?
 基本行動方針:家族、及び仲間になってくれそうな人を探し、守る】
【現在地:カズス北西の森の巨木の根元】

【エドガー(右手喪失) 所持品:天空の鎧 ラミアの竪琴 イエローメガホン 血のついたお鍋
 第一行動方針:シンシアとリュカの下へ戻る。
 第二行動方針:仲間を探す 第三行動方針:首輪の研究 最終行動方針:ゲームの脱出】
【デール 所持品:マシンガン(残り弾数1/4)、アラームピアス(対人)
 ひそひ草、デスペナルティ リフレクトリング 賢者の杖 ロトの盾 G.F.パンデモニウム(召喚不能)
 第一行動方針:リュカを殺す為追いかける(サスーン城へ向かう)
 第二行動方針:皆殺し(バーバラ[非透明]とヘンリー(一対一の状況で)が最優先)】
【現在地:サスーン城東の森付近】