FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 500話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第500話:夜空に星を


昨日に続いてその晩も、ラインハットは騒がしかった。
一夜のうちに失踪した王と、その兄夫婦を探し、兵士達が国中を駆け回っているためだ。
けれども、彼らの働きを嘲笑うかのように、一向に手掛かりは見つからず。
皇太后がいくら怒鳴ろうとも、三人の足取りは掴めずにいる。
「ええい、誰も彼も怠けおって!
 よいか! 王が見つかるまで兵には休息も睡眠も取らせるな!
 これは我が国の存亡が掛かった一大事! 身を投げ打ち、死ぬ気で探せと伝えるのじゃ!」

無茶苦茶な命令にも、反論できる者はいなかった。
実際問題として、一国の王と、王位継承者が居なくなっているのだ。
デール王とヘンリー夫妻が見つからなければ、ラインハットを継ぐ者は幼いコリンズただ一人。
彼を王の座に立てるとすれば、皇太后が実権を握る形になるだろう。
だが、皇太后は……
魔物に誑かされたといえ、ヘンリーを葬ろうとし、長年の悪政を敷いた元凶ともいうべき人物だ。
民衆の支持も薄い彼女が権力を握ればどうなるか。
王室に仕える者達は皆、口を揃えて『考えたくない』と言うだろう。

皇太后との謁見を終えた後、大臣は自室に戻り、椅子に腰掛けた。
顔色が悪いのは、身体的な疲れよりも心労のせいだ。
「このまま王とヘンリー様が戻らなければ……王家の血も途絶えるかもしれぬな」
悲しげに俯きながら、彼は日記帳の入った引出しを開ける。
すると、視界に、緑色の物体が飛び込んできた。

ぴょい~ん。ぴょーん。ぴょいんぴょい~~ん。
ケロケロケーロ。ゲコゲーコ。ケロケロケロロー、ケロケロロー。

「ッ何じゃこりゃあーーッ!!」
引出しから飛び出したカエルの群れ。その姿に驚いた大臣が大声で叫ぶ。
カエル達は、机の上をみるみるうちに占領し、コンサート会場と変えてしまった。

ケロケロー、ゲコゲコー、ケローケローケロケロー。
かーえーるーのーうーたーがー、きーこーえーてーくーるーよー……

呆然とする大臣を他所に、カエル達は楽しく歌っている。
誰の仕業かなど、問うまでもない。
こんな悪戯をするのは二十年前のヘンリーと、コリンズ以外にはいないのだから。
「本当に……ラインハットも終わるな……」
カエルの気持ちがたっぷりつまった大合唱を聞きながら、哀れな大臣はがっくりと項垂れた。


「コリンズ王子! こんな所に居られたのですか」
城の外。水面を見つめるコリンズに、兵士が優しい声をかける。
「太后様も心配されておりますし、夜風に当たっていてはお体に触ります。
 今宵はもう、寝室にお戻りになってお休みください」
「うるさいぞ、トム。
 カエルも触れないお前に、命令される筋合いなんかないからな」
コリンズはふんと鼻を鳴らし、そして、膝を抱えて俯いた。
「どうしてもって言うなら、母上か叔父上を連れてこいよ。 
 そうしたら、部屋に戻ってやってもいいぞ」
「……」
トムと呼ばれた兵士は、哀れみの混ざった視線を落としながら、黙ってコリンズの隣に座った。
そして、幼い王子と同じように堀を見つめた。
鏡のような水面は、夜空を映し、きらきらと輝いている。

「トム。お前には星が見えるか?」
コリンズが言った。
それがあまりに唐突だったものだから、トムは困惑してしまう。
何も答えられずにいる兵士を見やり、コリンズは嘲るような笑みを浮かべた。

「父上が言っていたんだ。
 夜空の星は、希望と同じ数だけ輝いて見えるんだって。
 星が見えないってことは、お前には希望も何もないってことだな」
「なんですか、それ?!」
口を尖らせ、慌てて空を見上げるトムを他所に、コリンズは立ち上がる。
ひとしきり衣服の汚れをはたいてから、城内へ戻る扉に手をかけた。

「父上……明日は、星、見れるかな」
少年のか細い呟きは、誰にも届かずに、空気に溶けていった。



「……くそったれ……」
痛みは、身体よりも精神を苛む。
零れ落ちる血は薄紅の水面に溶け、濡れた衣服は無情なほどに体温を奪う。
水深自体は浅かったが、今の状況では慰めにもならない。
意志に反して、意識はどんどん曖昧にぼやけていく。
それでもヘンリーは、星が瞬く空を見上げ、壁面に背を預けながら身を起こした。

気配と足音は、既に感じない。
サラマンダーは遠くへ逃げ、そして、ウルに居るはずの誰もがここで起きた戦闘に気付いていないのだ。
ヘンリー自身も、カーバンクルも、傷を塞ぐ力は持っていない。
助けを呼ばなければ――呼べなければ、待っているのはたった一つの結末のみ。

「っ、はぁ……はぁっ、ぁ……」
揺れる汲み桶、その彼方で輝く小さな星を見つめる。
セントベレスの頂で、助けも希望も、星空を見る自由もないまま、十年の歳月を過ごした時代――
あの時に比べれば、この程度の状況が何だというのだ。
どうしようもなくてもどうにかなる。
どうにかならないなら、どうにかすればいい。
簡単に死んでは、二度も三度も守ってくれたG.F、カーバンクルに。
そして妻に、弟に、志半ばで死んでいった者達全員に、申し訳がつかない。

星を見る。
頭上で瞬く輝きは、『生きる』という希望。
どこかで生きている親友と、恩人に会うために。
帰りを待っている、愛すべき生意気な息子と会うために。
生き延びる。絶対に――

敵に気付かれるかもしれない、という思考はどこか遠くへ消え去っていた。
手を翳す。
出し切れない声の分まで、ありったけの魔力を込める。
狙うは、滑車の上で揺れる枝の影。
ロープが切れないことを、誰かが気付いてくれる事を祈りながら、今まで何度も唱えてきた呪文を放つ。

「イオ!」

光と爆音が空を切り裂き、解き放たれた熱波が木々を打つ。
緑の瞳が己の打ち上げた花火を映し――そして、とうとうヘンリーは気を失った。



「はんちょー達、どこ行ったんやろな~。
 遊びに行くなら、声かけてくれたっていいのに。
 そしたら、花火とか海水浴とか、はりきって計画立てるのに~」

ベッドの上に寝転がりながら、セルフィがぼやく。
他人の部屋で、よくもまぁこんなにくつろいでいられるものだと感心しながら、キスティスは椅子を軋ませた。
「そのことなんだけど……
 本当に、遊びに出かけただけなのかしら?」
「ん~? どゆこと~?」
脳天気な声が返ってくる。
もふもふと枕を抱えているセルフィに向き直り、キスティスは、ずっと抱えていた不安を口にした。
「誘拐とか、拉致されたとか、そういう状況に陥ってるとしたら……ってことよ。
 だってそうでしょ? 連絡もないし、あの五人が揃って姿を眩ますなんて、普通じゃないわ」

「誘拐~? スコールやサイファーが~?」
セルフィは首を傾げ、それからすぐに声を立てて笑った。
「まぁ、アービンやゼルなら、騙して連れ込めるかもしれんけどなー。
 スコールなんて、力づくでも絡め手でも引っ掛かりそうにないやん。
 それに誘拐やったら、今ごろ悪の組織が身代金の電話掛けてきてるって。
 エスタ大統領の子息でガーデン司令官だもん、100万ギルぐらい余裕で請求できるよー」
だが、キスティスの表情は影が落ちたままだ。
「それはそうなんだけどね……」
椅子を回転させ、机上の端末に視線を移す。
モニターには幾つかの文章が映し出されていた。

『・先日紛失が発覚した、囚人用特殊拘束具G-22号試作設計図の捜索を行う。
  協力者として、サイファー・アルマシー及び、Seed五名の派遣を要請する。
 依頼者:フューリー・カーウェイ』
『・時間圧縮世界にて観測された時空間跳躍ゲートの開発研究を行うため、
  大海のよどみにてオダイン博士の護衛を依頼する。
 依頼者:エスタ科学局』
『・旧魔女討伐班員を派遣してほしい。重大要件のため、概要は口頭で説明。
 依頼者:キロス・シーゲル』

「……何かが、私たちの知らない所で動いてる。そんな気がするの」
白い指先がキーボードを弾き、キスティスは呟く。
スコール達の失踪、急に舞い込んできた幾つもの依頼。
サイファーがガルバディア軍を掌握していた頃に紛失したとされる、試作品爆弾首輪の設計図。
そして、キロスが伝えてきた、エスタ大統領・ラグナの蒸発。
もしかしたらだ。
もしかしたら、これらの事実は全て、一つの絵を作り上げるためのピースなのかもしれない――
その推測に理由や根拠があるわけではない。
単純に、女の勘という奴だ。
それでもキスティスは暗い想像を拭えずにいるし、一方でセルフィは心配しすぎだと笑い飛ばす。

「考えすぎだってばー。
 そんなに心配してるとハゲちゃうよ~? ツルツルに~」
ベッドの上を転がりながら、セルフィはからかい半分に言う。
すっかりくしゃくしゃになったシーツを見やり、キスティスは小さくため息をついた。
「いいわね、あなたは気楽で……」

これくらい気楽な性格の方が、幸せに生きていけるのかもしれない。
キスティスの、呆れ混じりの憧憬を知ってか知らずか、セルフィは窓から夜空を見上げる。
青緑の瞳には、満天の星々が映り込んでいた。



あと五分遅かったら、誰にも気付かれなかったのだろう。
だが、気付いた者がいたことが幸運だったとも言い切れまい。

「何だぁ?」
先を走っていたマッシュが、訝しげに林を見やる。
攻撃というには静かな爆発音と、花火というには弱々しい光。
無数のライトアップといい、地面から伝わる振動といい、遠くで聞こえる獣の雄叫びといい、
一体この村で何が起きているというのか。
じっくり考える暇など、どこにも有りはしない。
スコールは剣の束を握り締めながら、仲間に声をかけることもせず、木立に足を踏み入れる。

捜し求めている男は、木々が生い茂る山中で四人の人間を葬った。
この世界でも同じように、木陰に紛れての奇襲攻撃を繰り返しているのかもしれない。
だとすれば……止めなくてはならない。何としても。
スコールはそう思っている。
そして、彼の気持ちを知っているから、マッシュも黙って後を追う。

数十秒ほど走ったところで、ぽっかりと開けた空間が現れた。
その中央に鎮座するものに、スコールは鋭い眼差しを注ぐ。
「今時、ポンプのない井戸か……
 住んでる城といい、相変わらずあの魔女はアンティークが好きだな」
そう一人ごちりながら、彼は煉瓦の端についた血に気付き、指先で拭き取った。
ある程度時間が経過していたのだろう。それは固まりかけた糊のように、皮膚にへばりつく。
スコールはしばらく辺りを見回し、それから、井戸の中を覗きこんだ。
「……?」
不意に、暗闇の中で何かが光った……ような気がする。
目の錯覚か、それとも本当に『何か』があるのか。

「マッシュ、ランプを貸してくれ」
視線を固定したまま、スコールは後ろに来ているマッシュに手を差し出す。
「ランプ?」
マッシュは首を傾げつつ、左手に携えていた明かりを渡した。
スコールは無言で、ぽっかりと口を開けた穴の中にランプを投げ込む。
悪ふざけではない。反応の有無を探るのと、闇の奥を照らして確かめるためだ。
マッシュから借りたのは、自分の物を無くすのが嫌だったから、という極めて自己中心的な理由であり
レオ将軍が持っていた物があるから構わないだろう、という言い訳があったからだが。
「あーっ! な、何してんだよ!?」
怒鳴る仲間の声を他所に、スコールはじっと地の底を見つめる。
一瞬だけ照らされた影。それは――

「おい、人の話聞けよ!
 一体何をする……だぁーーーッ!!?」

マッシュが素っ頓狂な声を上げる。
それもそのはず。スコールがいきなり井戸の中に飛び込んだのだから。
呆然とするマッシュの前で、からからと滑車が回る。
ロープを掴んで降りたのだろう、着水音は思っていたよりも小さかった……
……が、マッシュがそのことに気付く余裕はなかった。

それは突然ではなかったが、予期せぬ出来事だった。
咆哮が大気を震わせ、稲光が天空を切り裂く。
遠くの建物や木々が松明のように燃え上がる。
村の中央で巨大な魔物が暴れているなど、マッシュにわかるはずもない。
想像だにしない破壊、理解を超えた事態を前に、思考が一時停止する。
村に居るはずの兄。井戸の中に飛び込んだスコール。
自分は誰を助け、どう動くべきなのか。
混乱した頭は、答えを導き出してはくれない……


その一方で、スコールもまた、動けなくなっていた。
井戸の中にいた男は、腹から血を流し、気を失っている。
放っておけば死ぬだろうが、ティナの力を借りれば傷を塞げる。
それだけなら、何も躊躇う事はなかった。
問題は二つ。彼が『緑色の髪』と、手に拳銃を持っていたことだ。

――緑色の髪の男に遠くから射撃された――

参加者リストを見た限り、緑色の髪を持つ人物は三人。
緑のバンダナを巻いた金髪の男を入れれば、容疑者は四人。
即ち、この男が恋人の敵である確立は1/4でしかない。
銃だって、決して珍しい武器ではない。
しかし、彼こそが、リノアを殺した張本人であったとしたら……?

スコールは拳を握り締める。
助けるべきか、見捨てるべきか?
見捨てるには覚悟がいる。助けるには、覚悟とは別の何かがいる。

あまりに厳しい選択を迫られ、スコールは助けを求めるように天上を仰いだ。
村と森とを焦がす炎のせいだろうか。
――星は、何処にも見えなかった。

【マッシュ 所持品:ナイトオブタマネギ(レベル3)、モップ(FF7)、ティナの魔石、神羅甲型防具改、バーバラの首輪、
 レオの支給品袋(アルテマソード、鉄の盾、果物ナイフ、君主の聖衣、鍛冶セット、光の鎧、スタングレネード×6 )】
 第一行動方針:スコールを助けるか、村に行くか思案中
 第二行動方針:エドガーを探す
 第三行動方針:ゲームを止める】
【現在地:ウルの村 南東の井戸のそば】

【スコール 所持品:天空の兜、貴族の服、オリハルコン(FF3) 、ちょこザイナ&ちょこソナー、セイブ・ザ・クイーン(FF8)
 吹雪の剣、ビームライフル、エアナイフ、ガイアの剣、アイラの支給品袋(ロトの剣、炎のリング、アポロンのハープ)】
 第一行動方針:ヘンリーを助けるかどうか思案中
 第二行動方針:アーヴァインと緑髪(緑のバンダナ)の男を探す
 第三行動方針:ゲームを止める】
【ヘンリー(手に軽症、腹部重傷、HP1/2、気絶)
 所持品:G.F.カーバンクル(召喚可能・コマンドアビリティ使用不可、HP1/4) G.F.パンデモニウム(召喚不能)
 キラーボウ グレートソード アラームピアス(対人) デスペナルティ リフレクトリング ナイフ
 第一行動方針:井戸からの脱出
 基本行動方針:ゲームを壊す。ゲームに乗る奴は倒す)】
【現在地:ウルの村 南東の井戸の底】