FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 459話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第459話:光が導く地へ


炎を思わせる黄昏の光は消えた。
天井に輝くは紅玉のような月。投げかけられるは血の色彩。
右手に聳え立つ山脈を臨み、スコールとマッシュは歩き続ける。

兄弟。仲間。脱出の手掛かり。
白魔道士に扮したかつての友。緑のバンダナを巻いた金髪の男。彼らとは別に存在しているのかもしれない緑髪の男。
探さねばならない相手は数多く、けれども、彼らは一点を目指す。
偽りの情報に導かれたまま。

(兄貴――どうか無事でいてくれ!)
ケフカの企み。それは可能性として有り得る話。
だが、ウルに向かったという男は、現実に人を殺めている存在。
しかも敬愛する兄の命が掛かっているとなれば、どちらを追うかなど決まっている。
微塵の迷いもなく、マッシュは歩き続ける。

(……殺すのか、あいつを)
倒さなくてはいけない敵。死なせるべきではない仲間。
マリベルの意志やパパス達の言葉。スコール自身が口にした台詞。
殺された仲間達への思い。最愛の人の仇を取りたいという気持ち。
相反する感情が、スコールの足取りを重くする。

お互いが一歩を踏み出す度に、二人の距離は離れていく。
スコールがそのことに気付いたのは、マッシュが足を止めた時。
マッシュの視線の先にあったのは、天空を横切る淡い輝き――

「――流れ星?」

はるか南西から北東へ。
森と山脈を越え、ウルの村がある方角へ、誘うように光は堕ちる。
「隕石にしては、随分静かだな」
揺れ動く心を胸に仕舞い、スコールは冷静に分析する。
「カナーンの方から飛んできたけど……魔法か?」
「メテオにしては動きが不自然だし、弾道ミサイルでもなさそうだが……
 ……まぁ、どちらにしても、急いだ方がいいかもしれないな」

時は流星。瞬く間に流れて消える。
迷う暇も、悩む余裕も、過ぎ行く時間は与えてはくれない。
『間に合わないこと』以上に最悪なことはない。
ティナ。ラグナとエーコとイクサス。アイラとティファ。バーバラ。
今まで、嫌というほど思い知らされた。

二人は駆け出す。
誰が待ち受けていようとも、最悪の結末には辿り着かせないために。



猛烈な勢いで過ぎていく光景が、不意に止まった。
首を傾げる暇もなく、転移の魔力が霧散する。
地上数メートルの高さから放り出されたサイファーは、それでも何とか着地すると、忌々しげに空を仰いだ。

目前で殺された青年の姿を思い出す。
どこか、アリアハンで出会った少年に似ていた。
髪や瞳の色ばかりでなく――パウロが死んだ時、表に飛び出そうとした少年の表情と。
姉を返せと叫び、女を睨みつける表情が、どうしようもなく似ていた。

青年を、そして恐らくは青年の姉をも殺した女。
殺人鬼を庇い、自分の道を阻もうとした老婆。
サイファーは二人の姿を刻み込む。セフィロスと同じ、倒すべき悪として。
けれども、すぐさま仇を討ちに行くことは出来そうになかった。

「畜生……一体どこまで飛ばしやがったんだ」
顔を上げれば、先にあるのは森らしき影。
その奥から、茫洋とした明かりが漏れている。
他の方向に目をやれば、連なる山のシルエット。
ザックから地図を取り出し、視界にあるものと照らし合わせ――今度こそ、サイファーは叫ぶ。

「ちくしょう、ふっざけやがってェッ!!」
光の名はウル。
サイファーがいるのは、カナーンから最も離れた地域。
殺人鬼の手から仲間を護るどころではない。
夜通し歩き通しても、ロザリーとイザの元に辿り着けるかどうか。

歯噛みしながら、彼は立ち上がる。
目指すはウル。明かりが見えるという事実が、人の存在を告げている。
運がよければ、チョコボのような移動手段や、協力者が見つかるかもしれない。

騎士は歩む。
状況を打破するために、一縷の望みを賭けて。



倒された木々は怒りの吐息に焼かれ、天を焦がす火種と変じた。
破壊を撒き散らしながら進むのは、小山にも匹敵する巨躯の魔王。
激情の炎を静めるため、生に固執するが故に、彼は生贄を求める。
けれども、町や城を襲おうと考えているわけではない。
本能と感情が命じるまま、目に映るものを手当たり次第に攻撃しながら進むだけ。
計画性も何もなく、故に、彼の歩みは遅い。
背の翼もはためく事はなく、巨大な鎌のごとく宙を薙いでは、哀れな草木を刈り取るのみ。

放っておけば、どこまでも南下を続け、森を焼き尽くしていただろう。
しかし――ブオーンの進路は、唐突に変わった。
視界に入った『人間』の存在によって。

白いコートを羽織った男。
青の輝きに包まれた人間は、ブオーンの頭よりもなお高く、空を掠めて飛んでいく。
視線を追わせてみれば、東に広がる山並みの向こうへと消えた。

ある者は戦闘を繰り広げていた。
ある者は道を急いでいた。
ある者は自然や建物に身を潜め、傷を癒す事に集中していた。
――だから気付いたものは少なかった。
山のようなシルエットが、今までとは比較にならぬ速度で、ウルに向かって動き出したことに。

悩む理由などありはしない。
ようやく見つけた獲物を逃すはずがない。
森林も山脈も、ブオーンの歩みを止めさせるには不足すぎた。
鼠を見つけた猫のように、広大な草むらを蹂躙し、彼方にそびえる坂道に向かう。

魔物は往く。
災厄を撒き散らしながら、その先にある生命を滅ぼす為に。

【マッシュ 所持品:ナイトオブタマネギ(レベル3)、モップ(FF7)、ティナの魔石、神羅甲型防具改、バーバラの首輪、
 レオの支給品袋(アルテマソード、鉄の盾、果物ナイフ、君主の聖衣、鍛冶セット、光の鎧、スタングレネード×6 )】
【スコール 所持品:天空の兜、貴族の服、オリハルコン(FF3) 、ちょこザイナ&ちょこソナー、セイブ・ザ・クイーン(FF8)
 吹雪の剣、ビームライフル、エアナイフ、ガイアの剣、アイラの支給品袋(ロトの剣、炎のリング、アポロンのハープ)】
【第一行動方針:急いでウルに向かう
 第二行動方針:アーヴァインと緑髪(緑のバンダナ)の男、及びエドガーを探す
 第三行動方針:ゲームを止める】
【現在地:カズス北の草原→ウルへ】

【サイファー(右足軽傷)
 所持品:破邪の剣、G.F.ケルベロス(召喚不能) 白マテリア 正宗 天使のレオタード ケフカのメモ
 第一行動方針:協力者を探す/ロザリー・イザと合流
 基本行動方針:マーダーの撃破(セフィロス、アリーナ優先)
 最終行動方針:ゲームからの脱出】
【現在位置:ウル北の草原→ウルへ】

【ブオーン(左目失明、重度の全身火傷)
 所持品:くじけぬこころ ザックその他無し
 第一行動方針:サイファーを追いかける
 基本行動方針:頑張って生き延びる/生き延びるために全参加者の皆殺し】
【現在位置:カズス北西の森北部→ウルへ】