FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 164話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第164話:覚悟


――殺された、自分達のせいで。

――もういない、ラグナもエーコも。


「畜生…!」

(フン、負け犬の遠吠えだな。)

マッシュの頭の中で誰かが応える。
―兄弟子のバルガス。

まだダンカン師匠に弟子入りしたての頃、何度試合をしても奴にはかなわなかった。

(畜生…!なぜだ、なぜ…勝てない?)

打ちのめされ、傷だらけで地面を這いながら何度も俺はそう呟いた。
そしてそんな俺に、何度も奴はこう吐き棄てた。

(ふふ…、才能の差だ。俺は師匠の実の子だからな。赤の他人であるお前とは違う。)

――こんな時にあの頃を思い出すなんて。修行不足なんて言葉じゃあ…済まされないな。

2人の亡骸を前にして跪いたマッシュの目に、とめどなく涙が溢れた。

「弔って…、やらなくちゃね。」声が、震えていた。
アイラは平静を装ったつもりだった、こみ上げてくる言いようの無い怒りと悲しみをこらえて。

(恐らく2人ともすぐには立ち直れないでしょうね、さっき助けた彼女も頭を抱えて震えているし…
 ここで私がしっかりしなきゃ…、…?)

――それは取り越し苦労だった、涙を払いながらゆっくりと立ち上がる2人。

―彼等は強い。
話を聞いたわけでも、本を読んだわけでもない。
それぞれの世界で、それぞれの困難に立ち向かいそれを打破した者たち。自分と同じその力を彼女は感じ取っていた。
物からではなく人々の記憶からでもなく、今目の前に息づくそれそのものの存在から直に。

「そうだな、人殺しの…せめてもの罪滅ぼしだ。」
スコールは言った。何か吹っ切れたような、清廉な表情で。

「とりあえずアイラは脅えてるそいつに付いててやってくれ、あとは俺達がやる。」

そう言って振り返ったマッシュの目は、ティナを信じたあの時と同じ光が宿っていた。

「ええ、分かったわ。私もくよくよしていられないわね。」
アイラは、励まそうとした二人に逆に励まされた気がした。

(もうこれ以上誰も殺させない、仲間は俺達が守る。)

2人の覚悟が宿った表情を、青白い月灯りがより洗練なものにしていた。

【スコール 所持品:天空の兜、貴族の服、オリハルコン(FF3) 、ちょこザイナ&ちょこソナー、セイブ・ザ・クイーン(FF8)
【マッシュ 所持品:ナイトオブタマネギ(レベル3)、モップ(FF7)、ティナの魔石
 第一行動方針:2人の弔い 第二行動方針:ゲームを止める】
【アイラ 所持品:ロトの剣、炎のリング、アポロンのハープ
 第一行動方針:ティファの介抱 第二行動方針:ゲームを止める】
【ティファ 所持品:コルトガバメント(予備弾倉×5)、エアナイフ
 第一行動方針:不明】
【現在位置(四人共通):東山脈中央部の森・川辺付近】