FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 162話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第162話:勇者と言う光


パウロは、目覚めてからやさしい女性の笑顔を見た。
本当に怖かった、でも彼女なら大丈夫と、恐怖がどんどんとなくなっていったのだ。
不思議だった、自分でも。
その後、自分のことを話した。ロランのこと、ムースのこと、シドーとかについて。
彼女、セリスもいろいろ話してくれた、大切な仲間のこと、空駆ける不思議な船のこと、ケフカという狂人のこと。
いろいろな話を聞いている途中だった、アリアハン中に響く一つの悲鳴と一つの叫び。
思わずパウロは持っていた紅茶を慌てて置く。
「セリスさん!今の声…もしかして」
「ええ、そうね。考えたくないけど……」
セリスもそこで言葉を切る、恐らく先ほどの声の主はもうこの世には居ないだろう。
ゲームに乗った人物が、自分の知り合いではないこと。
それだけを切に願っていた。

しばらく後、あの邪悪な魔女の声が聞こえた、死者の名前が読み上げられる
その中に居たティナと、シャドウ。
仲間が二人…死んだ。嘘だ、そんなことがあるわけが無い、そう思いたかった。
「ムース…なんで?」
パウロも同様だったらしい、先ほどの放送で呼ばれた名前の中に、仲間が居たのだ。
それ以降、顔を下に向けてずっと呟いている。
ふと、参加者のリストを見る。ティナ、そしてシャドウのところに赤線がびっしりと敷かれている。
二人が死んだということを、もう一度思い知らせるような、現実という剣だった。
自分の中からこみ上げるやるせなさが彼女を包み込んだ。


少したってからだろうか、キィン!という一律の音が鳴る。
外から聞こえる金属音に反応し窓から外を見る、骸骨の怪物と自分と同い年ぐらいの青年が戦っている。
見るからに青年が劣勢だ、自分に出来ることならあの怪物を倒す手助けをする。できれば情報が聞きたいけれど…
セリスは、袋から樫の杖を取り出す、武器はこれしかない、だが無いよりかはマシだ。
杖を握り、セリスは青年たちを援護しに行かんと家から出ようとする、が。
そのセリスをパウロが慌てて止める、だがセリスはその手を振り払う。
「無茶ですよセリスさん!あんなでかい怪物とそんな杖で闘うなんて!」
その顔は、会った時の臆病な顔に戻っていた、セリスは冷たく言い放つ。
「パウロ?貴方は勇者でしょう?なぜ怪物と闘うことから逃げるの?」
刺すようなセリスの一言、パウロは下を向く。
「だって僕は…いつもロランとムースの後ろから援護してるだけだった。
 あの二人が居たから、僕は戦って行けたんだ…あの二人が居ない僕なんて―――」
バシィッと高く音が響く、パウロが思いっきり吹き飛ばされる。
頬が赤く腫れる、痛い、ズキズキする、でもそれは痛みじゃない別の何かが。
「じゃあ貴方は勇者なんかじゃないわ、ただの臆病な戦士よ」
え?とパウロが顔を起こす、セリスの顔は子供を叱るような母親のような顔になっていた。
「本当の勇者って言うのは一人でも、どんな危険があっても、誰かを助けようとするの、例えそれが見知らぬ人でもね」
痛い、ズキズキする。叩かれた頬より心が。
何本もの槍で突き刺されているような気分だ。
「本当に、貴方が勇者の内の一人なら…私に着いて来て、そしてあの怪物と闘って」
最後の槍をパウロの心に突刺し、セリスは民家から出た。
その言葉を受けてからパウロは少し呆けていた。
(――ロラン、僕は…僕は一人で戦えるかな?
 君なら戦えるだろうけれど僕は―――)
パウロはじっと己の手を見つめた、その手に託された可能性を見つけるため。
一回頷く、ゆっくりとドアに手をかけ勢いよく開けた。
破壊神を滅ぼした三つの光のうちの一つの光が、今もう一度目覚めようとしていた。

【パウロ 所持品:破壊の剣(使う気0)
 第一行動方針:サイファー達に加勢 第二行動方針:ロランを探す】
【セリス 所持品:樫の杖 シャナクの巻物
 第一行動方針:サイファー達に加勢 第二行動方針:ロックを探す】
【現在位置:アリアハン城下町東側の民家二階】