FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 1話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1話:リルムと王子


アーヴァインという青年の名が呼ばれてから、幾数人の名前が呼ばれた。
自分は最後のほうだった、そして呼ばれた。
「リルム=アローニィ」
その巨竜の声は、様様な邪悪な物が混じったかのようだった。
何故自分がここに居るのか、サマサに居たはずの自分が、何故?
そう考えつつも、リルムは前へと進んだ。
そして、巨竜から渡された袋を手に、扉へ入った。

数分後、意識が飛んでいたが、無事に到着した。
もっとも無事にと呼べる状況ではないのだろうが。
周りは海、そして後ろに聳え立つ塔。
そして……首輪、先ほどの出来事が嘘ではない事を示す印。
でもそんな彼女にも、一つ安心できる事があった、それは言葉として現れた。
「おじいちゃん………居なくて良かった」
そう、唯一の肉親であるストラゴスがこのゲームに参加していなかった事だ。
それは、リルムにとっての最大の幸運だった。
そして、彼女は決めた。
生き残る、でも人は殺めない、生きてサマサに帰ると。
「よおし!あのケバケバおばさんを倒しに行くぞ!」
と、意気込みを入れ、袋の中を覗き込んだ。
中身は、彼女にとって幸運の品だった。
かつて英雄が手にしていたとされる、英雄の盾。
絵描きの彼女には嬉しい絵筆。
それと謎の指輪。
とりあえず、盾と絵筆を手に、歩いた。

リルムが塔を中心に半周するぐらいのときだった。
前方に大きな、何かが現れたのだ。
そして、何かにぶつかった。
「あ痛ッ!」
「うわぁ!」
その声は同時に重なった。
リルムは警戒していた、もう他の参加者が自分を狙っているのか?と。
そして…リルムにぶつかった、何か…否、なにかもこもこした物を着込んだ青年はこちらを向いた。
「……びっくりしたぁ、ん?君も……?」
その青年はリルムを見た、リルムも、青年を見た。
その後、青年は即座に顔を怒りの表情へ変え、拳に怒りを込め、地面を殴った。
リルムはその姿を怯えながら見ていた。
「クソッ!こんな子供にまでこんなふざけた事をさせるなんて…許せない!」
それは幾度となく続いた、何度も、何度も。
そして、その音がやみ、青年はもう一度リルムの方を向いた。
「すまなかったね…ビックリさせて、僕には敵意は無い、襲うつもりなんてさらさら無いよ」
その言葉と共に、剣が青年の足元に落ちる。
それを見て怯えていたリルムも警戒を解いた、こんな危険なゲームなのに警戒を解くというのは危険な行為だ。
だがしかし、リルムは解いた、なぜなら青年からは邪悪の気を感じない、むしろ誇り高き血が流れているように見えたからだ。
「イケメン兄ちゃん、あたしリルム。」
イケメン…という言葉に少し焦る青年だが、落ち着きを取り戻し、こういった。
「僕はロラン、どうだい?もし良かったら僕と一緒に行動してくれないか?
 仲間を探したいんだけど…僕一人じゃ無理だろう?
 そして…あの邪悪な魔女を……倒す!」
その答えは、笑顔で返ってきた。
「うん!あたしも協力する、よろしくね、ロラン!」
こうして、小さな魔導師と勇者の血を引く青年のタッグがここに結成した。

【リルム 生存確認 所持品:英雄の盾 絵筆 祈りの指輪
【ロラン(DQ2ローレシア) 生存確認 所持品:ガイアの剣 ミンクのコート ?
 第一行動方針:仲間を探す 最終行動方針:ゲームから抜ける、アルティミシアを倒す】
【現在地:ナジミの塔付近西側】