FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 450話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第450話:思考の闇


赤く西日に染められた砂漠を抜けたのと、その赤く照らす西日が完全に沈んだのとは、ほとんど同時であった。
そして響き渡る、もはやおなじみと言っていい魔女の声。
伝えられる死者の名前。
自然に止まる、足。

「アーヒャヒャヒャヒャ!! 死んだ死んだ。ボクちんを殺そうとなんかするからだよーだ!! ヒャヒャヒャ!!!」

突然聞こえた高笑いは、隣を歩いていたケフカが発したものだった。

「ちょっと、こんなときに不謹慎でしょ!! 一体なんだってそんなに喜んでるのよ!!」

ユフィは残った片腕で目を擦りながら本気で腹を立てているようだ。
今の放送でまた誰か知り合いの死を知ったのだろうか。
対してケフカは、レオ将軍と言う人物が死んだことを喜んでいるようだ。
もとの世界では仲は悪かったが同じ帝国に使えた同僚だったそうだが、このゲームが始まるや否や付け狙われ、殺されかけたらしい。

話術の基本は人の話を聞くことだ。
人の話を聞き、整理し、自分の言葉に乗せる。
自分が話しているときであれ黙っているときであれ、どんなさり気ない言葉と言えど聞き逃さないこと。
そして入ってくる情報について絶えず思考しておくこと。

その所為か同行者二人の反応に気を取られ、つい自分の感情について受け止めるタイミングが遅れてしまった。
「リノア」「アグリアス」「ファリス」
探していた3人の女性。その誰もが、この日没を待たず命の灯火を消していた事実。

「リノア」については、悲しみと言うより残念という感覚が強い。
何と言っても直接面識があるわけではないからだ。
ただ、この放送を聞いたアンジェロがどう思うか、それは心配だった。

「アグリアス」共に戦った仲間。
あの広間で彼女が呼ばれたとき、危険を承知で声を掛けた。それが最後に交わした言葉になってしまった。
彼女は、あの気高い誇りを全うすることが出来たのだろうか。

そして「ファリス」
再会したテリーのあんな状態から、もしかしたらとはずっと頭の片隅に思っていた。
別の言葉で言えば覚悟していたのだ。
精神の不安定なテリーが、この放送を聞いて無謀な行為を起こさなければよいのだけれど。


ラムザはため息をついた。
探していた人物が3人も、自分の知らぬ間に死んでしまったと言うのに、あまりに悲しみとか、怒りとかいう感情が沸いてこない。
これは事実を受け止め、分析しようとする話術士のジョブとしての性なのだろうか。
そうであってほしいと思う。
だがもしかしたら、こんな異常な世界に1日半もいた所為で
感性が壊れかけてきているか、少なくとも麻痺してしまっているのかもしれない。
もしそうなら、それは余りに危ういことではないだろうか?
感性の破壊は精神の病だ。人格の破壊に通じることもある。
そして多くの生き残った参加者がこの現象に陥る危険性を秘めている。

もしこれこそが魔女の狙いだとしたら……。


「どうしたの、ラムザ。黙りこくっちゃって、らしくないよ」

心配そうにユフィが覗き込んできた。

「ヒャヒャヒャヒャ、無駄なことを考えるのは馬鹿のすることだねー。馬鹿バーカ!!」

ケフカの茶化しが、嵌まりきってしまった思考の泥沼から脱出させてくれた。
確かに、考えても仕方のないことは無駄なことで、そんなことに気を取られるのはよくないことだ。

「あんたね!! むしろあんたの方がもう少し深刻になったらどうなのよっ!!!」
「いや、いいんだ。助かったよケフカ。ありがとう」
「助かったぁ~?何だってあんなので助かる訳?」
「つまりね。僕はこう考えたわけで――――」

「アーヒャヒャヒャヒャ。また長くなりそうですねぇ~」

だが、ケフカの予想に反してラムザの解説は予想以上に早く終わった。
余り遠くない北の方角から、不自然な爆発音が聞こえたのだ。
むやみやたらと戦闘に関わるのは身を危険にさらすだけなのだが…、

「何か爆発したみたい。行ってみましょう!!!」

と、ユフィが脊髄反射で駆けて行ってしまったものだから、これは追いかけなければ仕方がないだろう。

ちなみにケフカは、ユフィのことを猪突猛進のイノシシだと愚痴をこぼしてはいたが、
急ぐようなことはしないけれど、一応後を追って来てはくれるようだった。

【ラムザ(話術士 アビリティジャンプ)(HP4/5)
 所持品:アダマンアーマー ブレイブブレイド テリーの帽子
 第一行動方針:ユフィを追いかける
 第二行動方針:テリーを追い、保護する
 最終行動方針:ゲームから抜ける、もしくは壊す】
【ユフィ(疲労/右腕喪失)
 所持品:風魔手裏剣(19) プリンセスリング フォースアーマー ドリル 波動の杖 フランベルジェ】
 第一行動方針:爆発のあった方向に行ってみる(ラムザと別れたつもりはない)
 第二行動方針:アポカリプスを持っている人物(リュカ)と会う
 第三行動方針:マリアの仇を討つ 基本行動方針:仲間を探す】
【ケフカ(MP1/2程度)
 所持品:ソウルオブサマサ、魔晄銃、ブリッツボール、裁きの杖、魔法の法衣
 第一行動方針:疲れない程度の速度でユフィを追う
 最終行動方針:ゲーム、参加者、主催者、全ての破壊】

【現在位置:カズス西の砂漠と平地の境界→カズス北西の森南部】
※ユフィ→ラムザ→→→ケフカ の順で到着予定