FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 139話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第139話:虚無の襲撃者


クラウドは逃げた。夢中で走った。
――大きな建物と町らしいものが見えてきた頃、地鳴りと轟音が彼を転倒させたが、それが彼をかえって落ち着かせた。
虚空のスクリーンに現れた魔女が、次々に死者の名前を読み上げてゆく。
「バレット…エアリスも」
彼は地面に膝をついたまま、拳を握り締めた。が、悲しむ余裕など無いのもわかっていた。
ユフィ、シド、ザックス…そしてティファ。彼らは果たして無事だろうか。
早く探し出さねば。その思いが彼を立ち上がらせる。
追ってきたはずのセフィロスと、もう一人はどうした?
辺りを注意深く見回すと、遥かに見える岩山のほうから、一人の黒髪の女が歩いてくるのが見えた。
「この辺は危険だ!早く…」
逃げろ、と言おうとして彼は息をのんだ。女の瞳を、見てしまったから。
赤い瞳にあったのは、殺意でも、狂気ですらなく。――ただ、深淵。
クラウドは、悪寒を覚えて飛び退った。彼の中の何かが
「危険だ」
と告げる。彼がアルテマウェポンを油断なく構えると、
女-パインは、無言でアイスブランドを振りかぶった。
(くそ!近くにセフィロス達が居るかもしれないってのに!)
彼は内心で舌打ちをして、最初の一撃を迎え撃った。

【クラウド 所持品:おしゃれなスーツ アルテマウェポン
 第一行動方針:パインと戦う 最終行動方針:ゲームから生きて抜ける】

【パイン(ダークナイト:凶暴化)
 所持品:うさぎのしっぽ 静寂の玉 アイスブランド ドレスフィア(ダークナイト)
 行動方針:全員殺害。正気を取り戻した場合は不明】

【現在位置:アリアハン城下町南の入り口付近】