FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 147話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第147話:守りたい心


ガギッ!
クラウドとパイン、それぞれの持つ刃がぶつかり合って嫌な音を立て、また離れる。
…もうこうして幾度、攻防が続いたことだろうか。
クラウドの体の芯には、澱のように疲労が溜まり始めていた。
(それでも…俺は負けるわけにはいかないんだ。)
参加者名簿に、死んだはずの彼女の名を見つけたとき。
死んでいるはずの彼女が、何故?と疑問が脳裏をかすめたのは一瞬で。
あとは、喜びのほうが大きかった。
今度こそは、死なせずに済むかもしれない。
今度こそは、守りきれるかもしれない――
――だが、その望みは、僅か半日足らず。魔女が彼女の名を呼んだ瞬間に潰え去った―ー
また、守れなかった。
また、死なせてしまった。
その事実が、何よりも痛切な悔恨となって、彼自身をさいなんだ。
悔しい。心が痛い――もうこんな思いは、嫌だ-
だからこそ、残された仲間たちは、守らなければ。
(ザックス…ユフィ…シド…ケット・シー…ティファ。待っててくれ!)
大振りな一撃をバックステップしてかわし、続いて急所を正確に狙ってくる
刃を、アルテマウェポンで受け止める。
クラウドは躓いたと見せかけてわざと隙を作り、パインの剣を誘った。
すかさずパインが彼のがら空きになった首筋を狙って、アイスブランドを振り被る。
――狙い通り。そこにできた僅かな隙を、クラウドは見逃さなかった。
下から上へ、掬い上げるような一撃を見舞う。

…パインの身体には縦一文字に深い傷が刻まれ、どさり、と音をたててゆっくりと前のめりに地に臥した。
そのパインをちらとだけ見下ろして、クラウドは眼前にそびえる大きな建物と、狭くないらしい町を見やった。
町ならば。人が集まるだろう。
現に耳を澄ませてみれば、複数のものらしい人の声も、風に乗って聞こえてくる。
あるいは守るべき人も、そこにはいるかもしれない。セフィロス達から身を隠すにも、 建物の多い町はうってつけだろう。
そう判断したクラウドは、倒れたままのパインには目もくれずに、身を翻して駆け出した。

――だから、彼は気が付くことはなかった。
地に臥した彼女の指先が、僅かに慄いたことに。
それは彼女の持てる生命力か、スフィアに宿った魔物の妄執が成せる業か。
指先が土を僅かに握り締め、腕に、足に少しずつ力が入り――這うようにして身を起こしたことを。

【クラウド(疲労)所持品:おしゃれなスーツ アルテマウェポン
 基本行動方針:仲間を見つけ、守る 最終行動方針:ゲームから生きて抜ける】
【現在位置:アリアハン城下町南の入り口付近→町へ】

【パイン(ダークナイト、重傷+凶暴化)
 所持品:うさぎのしっぽ 静寂の玉 アイスブランド ドレスフィア(ダークナイト)
 行動方針:全員殺害。正気を取り戻した場合は不明】
【現在位置:アリアハン城下町南の入り口付近】