FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 71話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第71話:支給品


「ダメや、あきません」
ケット・シーが「開かない」といいたいのか「できない」といいたいのかは、この際どうでもいい。
目の前にある赤い扉がびくともせず、進路の妨げになっているのは事実なのだ。
「鍵穴みたいのがありますから、かぎ使うたら開くんやと思いますけど」
岬の洞窟を奥へ奥へと進み(本人達は出口を探していたのだが)
ようやくたどり着いた先にあったのが、この扉である。
「鍵か。俺の支給品にはなかったなあ」
「リュカさんの支給品て、何やったんです?」
ケット・シーの問いに、リュカは少し渋い顔をして、袋の中から支給品を取り出した。
一つ、竹槍
一つ、お鍋(蓋付き)
一つ、ポケットティッシュ×4
「こりゃまた…」
ケット・シーが素っ頓狂な声を上げるほど、どう見てもそれはハズレ品である。
「ケット・シーのほうはどうなんだい?」
「ボクのにも、鍵はないんやけど…」
こんなハズレ品を見せられた後では気が引けるが、見せないわけにもいくまい。
一つ、正宗
一つ、デスペナルティ
一つ、天使のレオタード
「…アタリ品?」
「せやけど、ボクが装備できるんは、一つもないんや…」
これもある意味ハズレ品なのだろうか…?

「ボクが持っといてもしょーがあらしませんから、使えるもんあったらあげましょか?」
ややあって、ケット・シーがそう提案した。
しかし、いくらなんでもリュカが天使のレオタードを着るわけにはいかない。
一応剣である正宗は、セフィロス仕様のため、長すぎて使いこなすことは出来そうにない。
「で、最後のこれは何?」
「銃を知らへんのですか?」
残るデスペナルティは、リュカにとって見たことも聞いたこともない武器である。
概略をケット・シーが説明しても、どうもピンとこない。
「えっと、つまりこの引き金を引けばいいんだね?」
「ちょっとリュカさん!! 人(?)に向けたらいけません!!!!」
説明を聞きながらデスペナルティをいじくるリュカは、
その銃口がケット・シーに向かっていることに気づかなかった。
「え?」

ズキュン―――

「あ、危ないやないですか!!!!!」
紙一重で、弾はケット・シーからそれた。
撃たれたほうは冷や汗ものだが、撃ったほうはもっと肝をつぶしている。
「ご、ごめん」
リュカは、何とかその言葉だけを搾り出した。
その時。

ギ、ギギギ―――

ケット・シーの後方で、何かが動く音がした。
見れば、行く手を阻んでいた赤い扉が開いているではないか。
もう少し目を凝らせば、扉の鍵が破壊されていることが確認できた。
先ほどの銃弾が、どうやら扉の鍵を壊したようだ。
「……怪我の功名?」
「調子に乗らんといてください!!!」

扉を抜けた先は、石造りの立派な建物であった。
二人はとにかく、先に進もうと歩き出した。
「そのデスペナルティ、リュカさんが持っといて下さい」
「いいの?」
「どーせボクは扱えんし。でも、ちゃんと練習するて、約束ですよ?」
そんな確約も交わされたとか。

【リュカ 所持品:竹槍 お鍋(蓋付き) ポケットティッシュ×4 デスペナルティ
【ケット・シー 所持品:正宗 天使のレオタード
行動方針:リュカの家族、及び仲間になってくれそうな人を探す】
【現在位置:アリアハン城地下牢】