FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 223話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第223話:盗賊の証


無数の隕石が地獄と化した街に轟音を響かせる。
隕石は夜の闇を照らし、惨劇を映し出す。
その惨劇の中心に不敵に笑うクジャの姿があった。

「……ク、ククク……向こうでも激しくやりあっているみたいじゃないか?
 ジタン、聞こえてこないか? この大地に響く魂の悲鳴が……
 数々の強い魂の力がさぁ!!
 アハハハハハハハハ!!
 親愛なる弟よ、考えてくれたまえ。
 虫ケラのような人間たちが必死に抗う姿……
 想像するだけでゾクゾクしてくる……そう思わないか?
 この舞台はまるで僕のためにあるようじゃないか…
 そして次はキミたちの番だよ…
 特にジタン、キミには最高の尊敬の念をもってじっくりと殺してあげよう!」

クジャは右手の掌をリュカに向けて突き出す。
今までの陶酔とした表情とうってかわって、真剣な顔で。

「あかん、リュカさん!避けなは――『フレア!!!』
ケット・シーの言葉はクジャの詠唱によって遮られる。
そしてリュカを中心に、眩いばかりの閃光を伴って、爆発が誘発された。

『バギクロス!』

その爆発と同時に、リュカは叫ぶ。
すると、爆発の中心で一際大きな竜巻が巻き起こった。
クジャの放った魔法は相殺され、竜巻は辺りの土を巻き上げていき、
そして竜巻は徐々に勢いを落とし、術者であるリュカの元で消えていった。
「ケット・シー、僕は大丈夫だ。」
爆発が収まると、そこには怒りの形相でクジャを睨むリュカがいた。
息子を傷つけられたことへの怒りか、目の前に居た息子を助けられなかった自分自身への苛立ちか。

ケット・シーはリュカの様子に危うさを感じていた。
「リュカさん、ほんま凄いことやるわ。僕、リュカさんのことまた見直しましたわ。
 でも、少し落ち着きなはれ。頭に血ーのぼってるさかい。
 そのまま戦うのは――――」
リュカはケット・シーの言葉を遮った。
「ケット・シー。僕は今なら分かる気がするんだ。
 子どもを目の前で殺されるくらいなら、自分が殺されるほうがマシだってことが!」

リュカは知らない。
レックスが既に息を引き取っていることを。
最期まで父に助けを求めていたことを。
ただ親の勘だろうか、リュカの目は涙で溢れていた。
しかしその一方で、生きているという望みを捨ててはいなかった。
(レックス…無事で居てくれ!)
そして、リュカは竹やりを右手にクジャに向かって走り出した。

「感情的になったらあかんってゆうとるやないか!しかもそんな武器で!」
ケット・シーはリュカに向かって叫んだ。
だが、リュカの耳にケット・シーの声はもう届かない。
「そこの金髪の兄ちゃん!あんたもこのまま見ているつもりなんか!」
ケット・シーは尻尾のはえた少年に勢いよく問いかける。
「…もう、あいつは……戻れないんだな」
ジタンはリュカと戦うクジャを見ていた。


(わからない。
 もしかしたら、自分がクジャの立場にいたかもしれない。
 だから、戦っていいのかわからない。
 でも、すぐそこで戦っている人がいる。このままでは、彼の命も危ないだろう。
 …だから、俺はこう言うんだ。)



――誰かを助けるのに理由がいるかい? って。



『盗賊の証!!』
クジャに向かって放つ。
俺はクジャとは違うという証を。


リュカの攻撃を弾いていたクジャはこのジタンの攻撃を受けて後方へと吹っ飛ぶ。
おそらくリュカとの戦いに気をとられて油断していたのだろう。
しかし、クジャは大切な自分が傷つけられたことに、怒りに狂うことも悲しむこともなかった。
ただ残酷な笑みを浮かべいるのだった。
「ジタン…ようやく僕を倒す気になったんだね…
 それでこそ倒し甲斐があるよ…
 ジタン、覚えているか?
 僕はキミがいることで用済みになってしまったんだよ…
 所詮、僕の存在はキミが成長するまでの代用品…
 作られた生命、限られた生命の黒魔道士たちと同類だったんだ!!
 ハハ…ハハハハ……
 ……だが、ここでは違う!!
 用済みになることもない!
 魂が尽きることもない!
 だから、僕はキミを殺して永遠の王国をつくらせてもらう!」
上空の掌をはっきりと広げ、その上に火球をつくる。
「生き地獄を味わう程度にしてあげるよ。」

「ドロー『ホーリー!』」
そのとき、クジャは背後からの声を聞いた。
クジャはとっさに体を捻り、聖なるエネルギーを間一髪でかわした。
行き場のなくなったエネルギーは辺りの岩を砕き、地面を抉り、石を吹き飛ばした。
クジャが声の方に振り向くと、そこにはキーファとリノアが居た。

「クックック、これで5対1か。
 面白い…
 ならば、こっちも本気を出させてもらう!!!」

するとその瞬間、クジャの掌の火球が勢いよく増加して、
その火球一つ一つが幾重もの放物線状に連なった火の柱と変化した。
そしてその火柱は獲物を求めるようにあたり一面へと降り注いだ。

【ジタン 所持品:英雄の薬、厚手の鎧、般若の面
 第一行動方針:クジャを倒す 第二行動方針:仲間と合流+首輪解除手段を探す 最終行動方針:ゲーム脱出】
【ケット・シー 所持品:正宗 天使のレオタード
 第一行動方針:クジャを倒す 基本行動方針:リュカを守る】
【リュカ 所持品:竹槍 お鍋(蓋付き) ポケットティッシュ×4 デスペナルティ スナイパーCRの残骸
 第一行動方針:クジャを倒す 第二行動方針:レックスを探す
 基本行動方針:家族、及び仲間になってくれそうな人を探し、守る】
【キーファ 所持品:攻略本 釘バット(FF7)
 第一行動方針:クジャを倒す 第二行動方針:フィンと合流しゲーム脱出】
【リノア 所持品:賢者の杖 ロトの盾 G.F.パンデモニウム(召喚不能)
 第一行動方針:クジャを倒す 第二行動方針:スコールを探す+首輪解除手段を探す 最終行動方針:ゲーム脱出】

【クジャ(HP 6/7程度) 所持品:ブラスターガン、毒針弾、神経弾
 第一行動方針:皆殺し 最終行動方針:最後まで生き残る】
【現在位置:アリアハン城外】