FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 385話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第385話:際会、そして分析


海港都市カナーン。浮遊大陸一の貿易都市であり、広く、複雑な造りをしている。
この町の周辺は見通しのよい平原であり、隠れ場所としてはここが一番といえよう。
町は確かに人が集まってくるとはいえ、水路に離れ島、大きな屋敷、裏手には森と、隠れる場所には困らない。
ピエールは回復に専念しようと町の奥にある森に向かって進み出したが…やはりそううまくいくはずもない。
レーダーを見ると反応があった。
その方向には…
「お前…」
今朝、旅の扉の前で戦った男、ザックスがいた。

(マズイな…)
この会場へ来て、まだ会ったことのない相手なら、交渉の余地はあるかもしれない。
が、ピエールとザックスとは今朝戦ったばかりである。
少し前にザックスの仲間を二人殺しているのだ、見逃してくれるとは思えない。
さらに、ピエールは直前に戦闘をしており―ベホマで気休め程度の回復は行ったとはいえ―かなり消耗している。
しかも、先ほどの技の効力か、体が上手く動かないのだ。
一方で、ザックスはどう見てもピエールより健康である。

砂漠では地の利はピエールの側にあった。だが、カナーンの町は石畳で舗装されている。
イオナズンでも使わない限り、砂を巻き上げることなどできない。
しかもザックスは先にこの町に来ていたのだ、いくぶん町の形を把握しているだろう。
町の中を逃げても回り込まれる可能性は高い。
町の外はどうかというと、直前に戦闘をしたばかり。
追手が来る可能性が大いにある。そうなれば、挟み撃ちとなってしまう。
しかも、この町の周辺に、いくつかの人影を確認できた。
その中に、夜に仕留め損ねた銀髪の男と、黒装束の男の仲間だった女の姿が含まれていたのだ。
状況は圧倒的に不利。

ピエールの方が勝っているのは手数の多さだ。
相手は他に4人と行動していて、さらにその中では一番の実力者だった。
この場合、強力で、使いやすいアイテムは他の弱い仲間に持たせるのが普通だろう。
ならば、相手が取れる手段はそれほど多くはないはず。
一方で自分は、武器をいくつも失ったとはいえ、ある意味それ以上の効果を持つサポート用のアイテムを持っている。
上手く使えば、倒すことも不可能ではないはずだ。
だが、接近戦に持ち込まれれば不利になる。遠距離からできるだけ弱らせなければならない。
長期戦になれば競り負ける。さらに追手が来るかもしれない。
アイテムは惜しめない。何を使い、どう行動するのが最善の策か。

一方で、ザックスもピエールの戦闘力を分析していた。
彼には、単騎で自分たち5人組と互角に渡り合った実績がある。
純粋な剣の実力は自分の方がわずかに上か。だが、それをカバーする精神力に大胆さ。
相手は明らかに消耗しているが、考え無しに攻めて勝てる相手ではない。
さらに、相手は前の時点で飛び道具を持っていた。
自分は仲間のサポートが得られず、接近戦に持ち込むしかない。
だが、相手がそう簡単にこちらの思惑に乗ってくれるはずもない。
どう攻め込むべきか。いつ攻めるべきか。

両者は慎重に相手の出方をうかがう。
噴水をバックに、まさに戦いが始まろうとしていた。

【ザックス(HP9/10程度、ちょっと憂鬱)
 所持品:バスターソード スネークソード 毛布
 第一行動方針:ピエールを倒す 最終行動方針:ゲームの脱出】
【ピエール(HP3/10程度) (MP1/3程度) (感情封印)(弱いかなしばり状態)
 所持品:魔封じの杖、ダガー、死者の指輪、魔法の玉、毛布、対人レーダー、オートボウガン
 ひきよせの杖[5]、とびつきの杖[5]、ようじゅつしの杖[5]
 第一行動方針:この場を切り抜ける 基本行動方針:リュカ以外の参加者を倒す

【現在位置:カナーンの町、サリーナ宅裏】