FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 173話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第173話:Fire


『アーヴァインは裏切り者だ。誰かと手を組んで私達を皆殺しにする気だぞ』
『どういうこと、ピサロさん?!』
『殺されたのはこの小娘達の仲間だ。宿屋の前に呼び出して殺し、その血痕を利用して自身の死を偽装したのだ』
『そんな……アーヴァイン、僕やヘンリーさんとも気軽に話して……ゲームに乗ってるようには見えなかったのに』
『お前がお人よしだからだ、と言いたいところだが……相当な食わせ者だな、あの男は。
 奴が行動を起こさなければ、私ですら欺かれ続けたかもしれぬ』

(あーあ、もうバレちゃったのか。自信あったんだけどなぁ)
三人の会話を聞きながら、アーヴァインは声を出さずに笑う。
灯台元暗しというが、彼の居場所はまさにその言葉通り。
実のところ、ピサロ達と二十メートルも離れていない。彼がいるのは宿屋の真裏だ。
(予想以上に頭いいね、ピサロさん。
 腕も立つみたいだし、こりゃ~僕も本気でかからないとね)
息を潜めて三人の会話を聞き取りながら、彼はこれから取るべき行動を模索する。
(みんなは宿屋に篭城ってワケか。
 ギルバートさんと一緒にいた女の子たちもいるけど、泣いてて戦力にはなりそうもないね。
 七人中、まともに戦えるのはソロとビビって子、それからピサロさんの三人だけか……
 オーケー、ここまでわかれば十分だ)
彼は物音を立てぬよう距離を取り、十二分に離れたところで建物の屋根へと飛び上がった。

――どうして誰もアーヴァインに気付かなかったのか?
それは彼が持つ支給品のせいだ。
G.F.ディアボロス。その能力の一つ『エンカウントなし』。
バニシュや消え去り草と違い姿を隠すことはできないが、それらで消せない『気配』を完全に絶つことができる。
血に餓えた野獣や魔物ですら、目の前を歩く獲物の存在に気がつかなくなる――ある意味で最強のアビリティ。
もっとも、気配より視界に頼ることが多い人間相手では、そこまで強力な効果は期待できないが。
だが今は光源の少ない夜。加えて、これ見よがしに宙を飛ぶカインの姿。
夜目が利けば利くほど、気配を察知する能力に長けていれば長けるほど。
派手に動くカインに気を取られ、近くにいるアーヴァインの存在に気付けない――

(キスティスも言ってたっけ、そういえば。
 囮や陽動みたいな使い古された手は、効果があるが故に使い古されるんだ、って……本当だよね。
 さて、と……みんな宿屋に入った。作戦F、開始と行きますか)
逃亡、戦闘、篭城。今の状況において、標的が取れる行動はこの三つしかない。
本来の計画は、戦闘組と篭城組の二手に分かれさせ、
片方をパニックに陥らせてから潰すというものだったが……
(カインさんはどっかの竜騎士団長。
 僕もガーデンで基礎的な戦術は一通り学んでる。
 要するに僕達もプロだってこと、全員篭城って可能性ぐらい考えてるもんねー) 
アーヴァインは屋根の上に這いつくばる。そしてマントの端を掴み、剣で切り裂き始めた。
(『例のアレ』とバーバラの方は、カインさんに任せてオーケー。
 この作戦、思いっきり人目につくけど仕方ないよね。ここは一人でもいいから減らしたいし)
そう計算しながら、アーヴァインは切れ端を矢の先に巻き、支給品のランプに入っていた油を染み込ませる。
ランプはマリベルから奪った分と合わせて二つある。片方の燃料が切れたところで困りはしない。
そうして何本かに細工を加えた後、アーヴァインはまず何も加工していない矢をボウガンに番えた。
人差し指を口にくわえ、空にかざして風を確認する。
北西の風、三メートル以下。目標への距離は、直線で六十から八十前後。問題なし。
意識をターゲットに集中させる。アーヴァインの身体から漆黒の波動が生まれ、矢に注がれていく。
(ピサロさん。何だかんだ言ってたけど、あんたもソロと同じで相当お人よしだと思うよ。
 悪いけど、あの時教えてくれたコト、利用させてもらうよ!)


「何で気付けなかったんだ……くそっ、リュカだったら……」
自分の枕を殴りつけるヘンリーを横目に、ビビがうつむく。
「アーヴァインってお兄ちゃん、本当に……僕達を、殺すつもりなのかな」
「……」
「信じたいよ。僕、お兄ちゃんのことも、みんなのことも信じたい」
ビビは窓辺から空を見上げた。何も知らずに輝く月を、見上げた。
「俺も信じたいさ。だが、もう疑いようがない。
 あのコートの血も……あいつの血とばかり思っていたが、誰かを殺した返り血だったんだろう」
疲れたような呟きを、ビビは静かに聞いている。

「食事の時も楽しそうに喋ってはいたが、どこか落ち着かない様子だった。
 それも奴がゲームに乗っていたからだとすれば、納得がいく」
ヘンリーはそう言いながら、自分とビビの間にあるベッドで眠っているターニアを見やった。
眠ったままというのも危険だが、血液恐怖症の彼女をこの状況で叩き起こすわけにもいかない。
ヘンリーは視線をビビに戻し、言葉を続ける。
「アーヴァインの奴は間違いなくマーダーだ。だが……多分、それなりの理由があるんだろう。
 俺には、奴が完全な悪人とは思えない。それ以上に、好きで人を殺してる奴がいるだなんて考えたくもない」
ビビはしばらく外を見ていたが、やがてヘンリーを振り返り、淋しそうな声で聞いた。
「ねぇ、ヘンリーさん。本当に悪い人なんていないよね……?」
「ああ――」
ヘンリーが、それに答えようと口を開いたその時――
ビビの横にあった窓が弾け、何かが宙を切り裂いて、ターニアの右腕に突き刺さった。
「……っいやぁああああああっ!!」
激痛が、魔法の眠りからターニアの意識を強制的に浮上させる。
矢に纏わりついた漆黒のオーラが、傷口を広げ痛覚を倍増させる。
そして流れ出した血が駄目押しとなり、彼女は完全なパニックに陥ってしまう。
「ターニアちゃん、落ち着いて!」
ビビの言葉も通じない。異変に気付いて寝室に飛び込んだソロが、逃げようとするターニアとぶつかる。
「ヘンリーさん! こ、これは!?」
狼狽したソロが叫ぶ。ターニアは彼をも跳ね除けて、入り口の方に行ってしまった。
ピサロの声がする。何とか捕まえたらしいが、彼も手を焼いているようだ。
「わからねぇ、窓からいきなり矢が……ッ、危ねえ!!」
呆然とするビビを、ベッドから跳ね起きたヘンリーが床に押し倒した。
黄色いとんがり帽子の横を掠めて、一条の炎がターニアのベッドに命中する。
そして立て続けに窓ガラスが割れ、ヘンリーのベッドに、テーブルに――
テーブルの上のランプに、そして床にこぼれた油の上に――火矢が突き刺さり、炎を広げていく。
偶然ではない。明らかに宿屋の間取りを把握して、狙っている。
そんな芸当ができるのは、ただ一人――
「ふざけるな……前言撤回だあの野郎ッ!」
怪我の痛みすら忘れて、ヘンリーは外に向かって叫んだ。


(ヘンリーさん……前言撤回って、ナニ言ってたの?)
アーヴァインは首を傾げながらも、最後の火矢を番える。
(良くわからないけど、まぁいいや。とりあえずこれで、青髪の女の子は混乱状態。
 パニックって伝染するし、僕を追ったり攻撃したりする余裕はないよね。
 火矢も、中だけじゃなく外にも撃ち込んでる。このままじゃ大火事決定だよ。
 ……さあ、みんな、どうする?)
ガルバディアガーデン一のスナイパー。Seedでも魔女でもなく、アルティミシアと戦った唯一の男。
アーヴァインはトリガーを引く。その経歴に相応しい実力を、冷酷に、存分に発揮して。

【ビビ 所持品:スパス
【ソロ(MP消費) 所持品:さざなみの剣 天空の盾 水のリング
【ヘンリー(負傷) 所持品:G.F.カーバンクル(召喚可能・コマンドアビリティ使用不可)
 第一行動方針:状況を打開する】
【現在位置:レーベの宿屋・寝室(火災発生中)】

【ピサロ(HP3/4程度) 所持品:天の村雲 スプラッシャー 魔石バハムート 黒のローブ
 第一行動方針:ターニアを取り押える 第二行動方針:ロザリーを捜す】
【エリア 所持品:妖精の笛 占い後の花
 第一行動方針:不明 第二行動方針:サックスとギルダーを探す】
【レナ 所持品:不明
 第一行動方針:不明 第二行動方針:バッツとファリスを探す】
【ターニア(パニック。右腕を負傷) 所持品:微笑みのつえ
 第一行動方針:とにかくどこかへ逃げる】
【現在位置:レーベの宿屋・入り口近くの部屋】

【アーヴァイン(HP4/5程度) 所持品:竜騎士の靴 G.F.ディアボロス(召喚不能) グレートソード  キラーボウ 毒蛾のナイフ
 第一行動方針:宿屋にいる人間を狙撃 第二行動方針:ゲームに乗る
【現在位置:レーベの村・民家の屋根の上】