FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 238話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第238話:黒


二人が倒れる。パウロとセフィロス。
その光景を前に、無防備に飛び出そうとするテリーを、サイファーは抑えねばならなかった。
「離して、離せよ!!」
「バカ野郎、あいつの意思を無駄にするつもりか!!」
飛び出したいのはサイファーも同じ、しかし彼は止めるほうに回っている。
何故だ?クラウドやパウロの意志を汲んだから?
(クソっ、これはビビってなんかねぇぞ…!)
目の前の化け物に臆しているわけではないと、自分に言い聞かせる。
額に、脂汗が滲んでいた。


そして、セフィロスがこちらに一瞥もくれず立ち去った後…。


パウロの頬から、熱がだんだんと奪われていく。
破壊の剣を手から外し、手を胸で組ませ、衣服を整える。
埋葬してやる余裕はない。
「仇を討ちにあいつを追うか?」
サイファーは、応と答えるのなら止めるつもりでいった。
しかしテリーの反応は違う。
「ううん。俺には力がないから、仇なんて討てっこない」
そこには、先程までの頭に血を上らせ、暴走しかけていた子供の顔はない。
驚くほど冷静に、テリーはパウロの死体を眺めていた。
「…そうだな、俺達には力がない」
一参加者も倒せずに、あの魔女を倒すことなどできようか。
サイファーは、パウロの横においた破壊の剣を手に取る。
「サイファーさん!!」
「制御できねぇっつったって、これも力には変わりねぇ。何、心配すんな。もしものとき以外は使わねぇよ」
そういって、ザックの中に入れる。
「とにかく、レックスを探そう。大丈夫、あいつならきっと無事だ…」
子供にしては暗すぎる闇色を瞳にたたえ、テリーはいう。

ロザリーはそんな彼らを見て、胸に苦しみを覚えた。
かつて何か黒いものに追い詰められ、デスを名乗った優しい人を見ていたときと、同じ苦しみだった。

【サイファー(負傷、若干は回復) 所持品:破邪の剣、破壊の剣 G.F.ケルベロス(召喚不能)
 第一行動方針:レックスを探す 基本行動方針:ロザリーの手助け 最終行動方針:ゲームからの脱出】
【ロザリー 所持品:世界結界全集、守りのルビー、力のルビー(ルビーの指輪)、破壊の鏡、もう一つ不明
 第一行動方針:レックスを探す 第二行動方針:ピサロを探す 最終行動方針:ゲームからの脱出】
【テリー(DQM) 所持品:突撃ラッパ、シャナクの巻物、樫の杖
 第一行動方針:レックスを探す 第二行動方針:わたぼうを探す 最終行動方針:ゲームから脱出する】
【トンベリ(トンヌラ) 所持品:包丁(FF4) スナイパーアイ
 行動方針:テリー達についていく】