FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 137話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第137話:復讐者


アグリアスは必死の形相で森の中を彷徨っていた。
時折――普段の彼女からは考えられぬことだが――、木の根や草に足を取られてはバランスを崩し、手や足に擦り傷を作る。
疲れのせいではない。夜という時のせいでもない。
瞳を覆う闇と、死神のように後を追いつづける気配のせいだ。

さて、話は数時間前に遡る。
焔色の髪を持つ男・サラマンダーとの戦いは、完全な膠着状態に陥っていた。
双方ともに一歩も退かず、隙を見せない。例え千日の時を掛けても決着はつかぬだろう。
二人がそのことをうすうす悟り始めた――その時、異変が訪れた。
「ぐぁっ!?」
サラマンダーが突然のけぞり、構えを崩す。
あまりに唐突だったので、対峙するアグリアスも剣を振るうことを忘れてしまったほどだ。
だが我に返り、今が絶好のチャンスだと気付くと、勝負を終わらせようと一気に間合いを詰めた。
それが失敗だった。
「うっ!」
風を切る音と共に、何かが深々とアグリアスの肩を貫く。
同時に、緑あふれる森が、新月の夜空にも似た闇色に染められた。
(これは――?)
木々の輪郭さえ判別しがたい、半ば閉ざされた視界の向こうで、サラマンダーとは別の薄ら寒くなるような気配を見つける。
「久しぶりだな、アグリアス・オークスよ」
男の声が森に木霊した。聞き覚えのある、そして二度と聞くことのないはずの声だった。
「貴様は……ッ!」
「私の目的はラムザ一人と言いたいが……
 奴に組した者を見逃すわけにもいかぬし、ここで朽ちる気もない。
 死んでいった仲間たちのためにも、我が妹ミルウーダのためにも、な」
「ウィーグラフッ!」
バカな。ルカヴィと融合し、魂さえも闇に飲まれ、魔人ベリアスとして滅びたはずの男が……
どうしてここにいる? いや、それ以前になぜ生きている?
幾つもの疑問が頭に浮かぶが、答えを考えている暇はない。
重要なのは、奴が自分を殺すつもりであるらしいという事実だけだ。

「くっ……勝負は預けるぞ!」
矢の飛んできた方向の反対へ飛び退りながら、サラマンダーに向けて言い放つ。
舌打ちの音が聞こえたが、追撃はなかった。恐らく彼も視界を奪われているのだろう。ウィーグラフの放った矢によって。
「邪魔が入ったな……次は仕留める、必ずだ」
サラマンダーの捨て台詞を背に、アグリアスは走り出した。

――そうして、今に至る。彼女は未だに逃げ続けている。
森の中を。暗闇の中を。ずっとついて回る、凍るような殺気の中を。
(私をなぶり殺しにするつもりか……)
日が沈んだことはわかっている。闇が濃くなったことに気付く前に、放送が流れた。
当たり前だが、とうに体力は尽き果て、走るどころか歩くこともおぼつかない。
つまり殺そうと思えば、いつでも奴は自分を仕留められるはずなのだ。
それをしないということは、限界までなぶってから殺すつもりか、あるいは――
(あるいは、私はエサなのか?)
ふと、そんな考えが脳裏に閃く。
広間でのラムザと自分のやり取りは、ウィーグラフも見ていただろう。
『向こうで落ち合おう』
あの時、彼は確かにそう言った。もしあのラムザが幻影などではない、本物のラムザであるなら――
(ラムザは私を探しているはずだ……私を餌にラムザをおびき寄せる、それが、奴の狙いか)
冗談ではない。だが、この状況では打つ手もない。
アビリティを付け替えて暗闇を回復しようにも、気付かれたら一巻の終わりだ。
(焦るな……機を待とう)
チャンスは必ず訪れる。今の彼女には、そう信じるしかなかった。

【サラマンダー(暗闇) 所持品:ジ・アベンジャー(爪)、他は不明 
 第一行動方針:暗闇が治るまでどこかで待機 第二行動方針:参加者を殺して勝ち残る(ジタンたちも?)】
【現在位置:岬の洞窟入口近辺→移動】

【アグリアス(暗闇+疲労) 所持品:クロスクレイモア、ビームウィップ、もう一つは不明
 第一行動方針:逃げながら反撃の機会を窺う 第二行動方針:生き延びる】
【ウィーグラフ  所持品:暗闇の弓矢、残りは不明
 第一行動方針:ラムザとその仲間を殺す(ラムザが最優先) 第二行動方針:生き延びる、手段は選ばない】
【現在位置:岬の洞窟入口近辺→北へ】