FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 319話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第319話:焔色のサラマンダー


岬の洞窟から駆け出したサラマンダーは、森の木の上に身を潜め静かに待っていた。
追撃が来ることを予想し、森で待ち伏せていたが当てが外れたようだ。
だが、うかつに動き回るよりも、一箇所に身を隠し待ち伏せしたほうがいいと考え。
その後も参加者が通るのをそこで辛抱強く待ち続けた。
しかし、幸か不幸か参加者がサラマンダーのテリトリーに来ることはなかった。

こういう殺し合いのサバイバルならば自分の殺し屋である領域だ。
人を殺すことに躊躇いなどはない。
だが、気がかりはジタン達だ。
あいつ等が勝手にくたばるのならば知ったことではない。
だが、流石に顔なじみを自分の手で殺すのは少しためらわれた。
「フッ…焔色のサラマンダーも甘くなったものだ」
そう一人呟き、待ち伏せていた木の上から降りる。
もう残り時間も少ない、もう参加者がここを通ることはないだろう。
「ここから一番近いのは砂漠か」
広げた地図をしまい、サラマンダーは砂漠に向けて歩き出した

そして何事もなく砂漠にたどり着く。
そこに見られる戦闘の後、それを横目に見ながら。
サラマンダーの体は青い光に包まれた。

【サラマンダー 所持品:ジ・アベンジャー(爪) ラミアスの剣
 基本行動方針:参加者を殺して勝ち残る(ジタンたちも?) 】
【現在位置:新フィールドへ】