FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 366話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第366話:はぐれた者達


「それでボクの妹の名前はアルマって言って…って、あれ?」
旅の扉からベラベラと喋りながら、一人の男が現れた。
その男こそ騎士の名門ベオルブ家の末弟、ラムザ=ベオルブである。

ラムザはあたりを見渡す。
周りは岩に囲まれ、すぐ近くに外の景色が見える。
どうやらどこかの洞窟の入り口近くのようだ。
それはいいとして、一緒に旅の扉を潜ったはずのテリーとファリスの姿が見当たらない。
いったいどうしたことか?
ラムザは原因を思い出してみる。

『お前に兄弟はいないのか?』
旅の扉を潜る直前、珍しくテリーのほうから話しかけてきた。
そこは悲しき職業病か、思わず反射的に思い切り喋りまくってしまった。
そのまま喋り続けていると、最初に潜った時とは違う空間の歪みを感じた。
どうやらそれが原因のようだ、旅の扉と言うのはそれほどデリケートなものなのだろう。

しかし喋りすぎが原因とは…
このジョブになってから説得などで一時的に仲間は増えたが、何か違う気がしてきた。
(ジョブ変えようかな…)
なんだかこのままこのジョブを続けていたら、自分が自分じゃなくなってしまいそうだ。
そう思いながら、ラムザはトボトボと洞窟の出口へと向かった。

洞窟を抜け、目の前に広がるのは輝く一面の湖。
湖の中心には小島がポツンと浮かぶのみで、橋のようなものは見えない。
左右を見渡しても、高い山脈が見えるばかりで、とても越えれそうにない。
どうやらここは、他から遮断された場所のようだ。
考えようによっては安全な場所なのかもしれないが。
「はぐれたテリー達が心配だな…。結局アグリアスさんとも合流できてないし…」
この状況がテリーの意図したものだったのか、そうでないのか。
それはテリー本人にしかわからないが、少なくともラムザはテリーを微塵も疑ってはいなかた。

「一気には渡れないかも知れないけど、あの小島までなら届くかな…」
そういいラムザは、力を込め大地を蹴り、空高く宙を舞った。
その体は、大きな放物線を描きながら小島の頂上へと着地する。

「ん?」
着地したすぐ近くに、ぐったりと倒れこむ存在に気づいた。
『大丈夫かい?』
ラムザは近づいてゆき、屈みこみ視線を合わせ話しかける。
『…あなたは…?』
『僕はラムザ=ベオルブ。さあ、これをお食べ』
そう言って、ザックからパンを取り出し分け与える。
『ああ…ありがとう、あなたは、私の言葉が解るのね?』
そう言う彼女の姿は、人ではなく犬。
ラムザは話術士のアビリティである『まじゅう語』の効果によって彼女の言葉が理解できた。
『うん、だから安心して。きみの名前は?』
『私はアンジェロ、ありがとうラムザ』
パンを食べ終わり、ふらつきながらアンジェロは立ち上がる。
『どうしてアンジェロは、こんな山の上にいるんだい?』
『…わからないの。お爺さんに助けられて、いろんな所を彷徨って、
 結局気づいたときにはここで力尽きてしまったの…。会いたい…リノアに会いたいわ』
『リノアって言うのは、きみのご主人様かい?』
『ええ、大切な友達よ』
『…よし、それじゃあボクと行こう。ボクもはぐれた仲間を探してるところだからね』
『本当に?』
『ああ、一人でいるより、そのほうがいいだろう?』
『ええ、ありがとうラムザ』
『よそ、まずは向こう岸に渡ろう。僕の背中に乗って』
そういいラムザは背を向け、アンジェロがその背に乗る。

(当分はこのジョブのままかな…)
アンジェロを背負い、対岸の岸を見つめながらラムザは一人ごちた。


(なんか頭の上が騒がしいな…。どうしようかな思い切った話しかけてみようかな…)
頭上の二人の知らぬところで、水辺の小島に扮したブオーンは苦悩していた。

【ラムザ(話術士 アビリティジャンプ)
 所持品:アダマンアーマー ブレイブブレイド アンジェロ
 第一行動方針:仲間を集める(テリー、ファリス、アグリアス、リノア優先)
 最終行動方針:ゲームから抜ける、もしくは壊す】
【現在位置:ブオーンの頭の上】

【ブオーン 所持品:くじけぬこころ、魔法のじゅうたん
 第一行動方針:話しかけようか考え中 第二行動方針:頑張って生き延びる】
【現在位置:封印の洞窟南の泉の真ん中】