FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 291話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第291話:父二人


爆発音を聞きつけ、そこに向かったパパスとオルテガだったが。
駆けつけた時にはすでに戦闘は終わっており。
そこに残っていたのは、金髪の女性の死体と切り落とされたのであろう腕が一本。
死体を弔い、その後二人は東へ向かった。
幸か不幸か、誰にも会うことなく森を抜けた頃には、空は明らみ夜が明けていた。

そこに二度目となる大陸を揺らすような大きな揺れ。
そして放送が始まった。

二人は互いの息子の名が無かった事に安堵し。
また、大量の死者が出たことに嘆き憤怒した。
だが、パパスは知らない、知る由も無い。
その中には自分の孫の名も含まれていた事を。

「舞台を変えるなどと、まったくあの魔女は何をたくらんでいるのか…」
ぼやくオルテガを横に、パパスは地図を取り出し現在地と旅の扉の出現位置を確認する。
「ここからなら東部山脈がすぐ近くにありますな」
「しかし、あの山脈はなかなか広いうえ、越えるのにもなかなか時間がかかる
 2時間しかない以上、急いだほうがいいかもしれませんな」
ウム、とパパスが頷き、二人は東部山脈に向かって歩き始めた。


土地勘のあるオルテガの案内で東部山脈に向かった二人は、拍子抜けするほどあっさり旅の扉までたどり着けた。
「どうしますか、パパス殿、まだ時間はあるようですがすぐにでも次の大陸に向かいますかな?」
「ふむ…そうですな…ここでギリギリまで待っていれば誰か来るかもしれません
 ともすればどちらかの息子に出会えることも」
「しかし、このゲームに乗った人間が来る可能性もありますぞ」
「そのときは、私とオルテガ殿の二人でとめればいいだけの事でしょう」
「確かに、そのとおりでしたな」
そう言い二人は頷きあい、旅の扉近くで待機することにした

【オルテガ 所持品:ミスリルアクス 覆面&マント
 第一行動方針:ギリギリまで誰か来るのを待つ 第二行動方針:アルスを探す
 最終行動方針:ゲームの破壊】
【パパス 所持品:パパスの剣 ルビーの腕輪
 第一行動方針:ギリギリまで誰か来るのを待つ 第二行動方針:仲間を探す
 最終行動方針:ゲームの破壊】
【現在位置:東部山脈旅の扉前】