クロニクル・クロニクル 兵器関連辞典 地球連邦軍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クロニクル・クロニクル 兵器関連辞典 地球連邦軍


クロニクル・クロニクル 兵器関連辞典 地球連邦軍編

レンジェルカ小隊


ストライクガンダム 登場作品:ガンダムSEED

設計:不明
制作:スラ・ハーレイル
所属:地球連邦軍レンジェルカ小隊
機種:MS
パイロット:スラ・ハーレイル
スラが父親の残した未完成の設計図を元に開発した、第二世代汎用ガンダムタイプMS。
機体自体は高い基本性能を持ち、後に多くの機体に使用されることになるPS装甲を装備する。
最も特殊な部分として、ストライカーパックと呼ばれる武装を換装することで多くの戦場に対応することができる。
尚、各ストライカーパックについては本項目のストライカーパック参照。

デュエルガンダム 登場作品:ガンダムSEED

設計:不明
制作:スラ・ハーレイル
所属:地球連邦軍レンジェルカ小隊
機種:MS
パイロット:デゥア・ハルケイス
ストライクガンダム同様、第二世代ガンダムタイプMS。
他の機体と同じくPS装甲を搭載し、高い戦闘能力を誇る。
武装はビームライフルとサーベルのみであり、主に技術面での試作機的要素が大きい。
それにより、建造当初から実戦用に改修プランが存在する。
だが、コロニー戦争期には間に合っていない。

バスターガンダム 登場作品:ガンダムSEED

設計:不明
制作:スラ・ハーレイル
所属:地球連邦軍レンジェルカ小隊
機種:MS
パイロット:ラッツ
スラが開発した、第二世代遠距離戦闘用ガンダムタイプMS。
主に遠距離での戦闘に主体を置き、遠距離での戦闘に長ける。
また、パイロットであるラッツの『哲学的攻撃』もあり、確実な遠距離砲撃を行う。
但し格闘武器が存在しないことが難点である。

ブリッツガンダム 登場作品:ガンダムSEED

設計:不明
制作:スラ・ハーレイル
所属:地球連邦軍レンジェルカ小隊
機種:MS
パイロット:ダース
スラが開発した、第二世代特殊戦闘用ガンダムタイプMS。
PS装甲を装備し、黒系にシフトする。
装備は武装複合型シールドで、主に中、近距離の戦闘に長ける。
そして何より、ミラージュコロイドシステムを搭載しており主に隠密行動を得意とする。
しかしミラージュコロイドは使用時間に制限があり、電力的にも燃費が悪いので多用されない。

105ダガー 登場作品:ガンダムSEEDMSV

制作・設計:地球連邦軍技術部
機種:MS
主なパイロット:サニィ、ガイ、ギジ、他地球連邦軍一般兵
連邦軍が開発した、第二世代量産型MS。
ストライク同様、ストライカーパックを換装可能で、高い汎用性、更に高い基本性能を持つ。
それ故に好んで搭乗するパイロットも多い。
尚、エースパイロットとなると専用カラーを許される。
但し、PS装甲は搭載されていない。
また、多くの派生機体が開発される。

リ・ガズィ 登場作品:ガンダム逆襲のシャア

制作、設計:地球連邦軍技術部、旧エゥーゴ技術者
機種:MS
主なパイロット:レヴィカス(ver.1)、アステラ、ジルバ、他地球連邦軍エースパイロット
地球圏戦争期に実戦投入された、第一世代可変MS。
リファイン・ガンダム・ゼータの略で、Ζガンダムの量産試作型。
ΖガンダムのMS形態を参考としており、変形構造はオミットされている。
変わりに、BWS(バックウェポンシステム)と呼ばれる戦闘機のような物と合体する事でΖガンダムの変形時と同等の能力を持つ。
だが、BWSは一回の出撃でMS形態へ移行し排除した場合、再度の合体は不可。
尚かつ使い捨てとなってしまうため、コストの都合上試作機一機の製造にとどまる。
そして、その試作機はダランの手によって運用され、地球圏戦争を駆ける。
後、MS形態時の高い能力を評価され、正式な量産機(とはいえ指揮官程度)が開発される。
現在までにverが度々上がっており、外見上は大差なくとも、大幅な改良が加えられている。
以下、ver
ver.2
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
正式に配備されたリ・ガズィ。
BWSをオミットし、低コストを実現。
機体自体はダラン機と同様。
ver.3
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
同じくBWSをオミット。
新型の特殊骨格を採用し、高い運動性を実現。
更に新型のOSを搭載したことにより操縦が容易となった。
ver.4
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
現在のver。
ザスガルバ基地に配備された物もこれ。
新型BWSを装備。
従来の使い捨てとは異なり、後に開発されることとなるジャスティスなどのリフターやド・ダイなどと同じ技術を使用。
ソレにより、OS等による自動操縦、パイロットによる遠隔操作等が可能となりBWSを排除した後、再度合体することが可能。
BWSは操縦系統を一定の機体に変更することが可能で、大気圏内での空中戦闘に適さないソードストライクなどに操縦系統を移行し足場として使用も可能。

SRXチーム


ビルトシュバイン
設計:ビルト
製作:マオ・インダストリー
機種:PT
主なパイロット:リザイア、他
ビルト系統一号機。
ゲシュペンストの性能向上型試作機とされているPT。
頭部はガンダムタイプに近い頭部となり、サークルザンバーなど高出力の装備を多く持つ。
非常に高い性能を持つが、それ故に並のPT以上に扱いにくい機体となってしまい、試作機一機の生産にとどまる。
尚、これをベースにヒュッケバインが開発される。

パーフェクトガンダム 登場作品:ガンダムMSV

設計:ダラン、ジア
制作:ダラン、ジア、地球連邦軍技術部
機種:MS
主なパイロット:トリウル
かつて、一年戦争を終戦に導いた伝説の名機『RX-78ガンダム』は、十年以上経っていても、依然高く評価されていた。
そこで、最新兵器に匹敵するほどの改修プランが出された。
その改修プランの一環として開発された、特殊装甲を装備したガンダムが、パーフェクトガンダム。
本機は、かつてダランが搭乗したRX-78-2ガンダムそのものに増加装甲を取り付けた機体であり、運動性はさほど向上しなかったものの、性能が大幅に上昇することとなった。
しかし、それを操縦させようとしても、誰一人として機体を動かすことが叶わなかった。
結果、重要資材として保管されるだけとなった。
AD3540、リーザネル基地を襲撃したバグス群。それから逃げるべく全力疾走していたトリウルは、ひょんなことから旧施設に迷い込む。
そして、ダランの残留思念に引かれたか、本機に搭乗、動かせなかったはずの機体を起動させる。
以後はしばらくの間、彼の搭乗機として彼がR-1へ乗り換えるまで共に戦場を駆け抜ける。

SRX 登場作品:スーパーロボット大戦

制作・設計:地球連邦軍技術部
機種:特機(PT)
地球連邦が開発した汎用型スーパーロボット。
戦術に合わせ、多数の敵に対しては分離し他機と連携、強力な敵一体に対しては合体すると言うことを可能とする。
R-1,R-2,R-3の三機が合体することで誕生する。
念動力を使った兵器を多数装備し、Z・Oソードなども装備する。
そして、R-GUNを装備としても運用できる。
以下、R-シリーズ
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
R-1
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
パイロット:トリウル
連邦が開発したR-シリーズの一機。
格闘戦闘向けに開発され、パイロットのトリウルにとって使いやすい機体となっている。
また変形が可能で、ビルトラプターを元に設計されている。
R-2
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
パイロット:ラニン
遠距離砲撃用に作成されたR-シリーズの一機。
パイロットが念動力者である必要はない。
トロニウム・エンジンを搭載し、高い出力を持つ。
尚、パワードパーツを装備した場合はR-2パワードと呼称され、背部に強力なキャノンと肩にシールドが装備される。
R-3
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
パイロット:比奈
中距離支援を目的に作られたR-シリーズの一機。
ストライクシールドと呼ばれるファンネルの一種を装備している。
正直能力は低い。
だが、パワードパーツを装備することで巨大な爆撃機のような姿となり、全体的に能力が上昇する。
R-GUN
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
パイロット:リザイア
R-Wシリーズの一機。
SRX用の装備として変形する人型兵器。
変形時は名前と同じく銃となる。
R-2同様トロニウム・エンジンを搭載している。

レットウルフズ隊


アルトアイゼン 登場作品:スーパーロボット大戦OGs

制作、設計:マオ・インダストリー社、地球連邦軍技術部
機種:PT
パイロット;アル
ヘリオポリス内に眠っていたゲシュペンストMK-Ⅲ一号機を発見したアルが名称を知らなかった為にそう呼んだ。
以後、名称を知ってからもアルトアイゼンとアルは呼称する。
また、彼の周辺の人間もブルーウルフルズ隊のゲシュペンストMK-Ⅲと区別する事も含め、そう呼ぶようになる。
尚、アルは本機が廃棄されていたのを見て、皮肉を込めてこの名前をつけたらしい。(アルトアイゼン=古い鉄 と言う意味)
元はゲシュペンストMK-Ⅱに変わる、新たな量産機として開発が進められていたATX計画の機体。
初代ゲシュペンストタイプTを大改修した機体。
だが、中、近距離向けの実体装備で固められた機体はあまりに時代に逆流したコンセプトであり、試作機二機を作成しただけで廃棄されてしまった。
しかし、その性能は高く、パイロットの技量があれば特機以上の力を出すことも可能。

アルトアイゼン・リーゼ

改修案:アル
機種:PT
パイロット:アル
スローネアイン、ツヴァイ、ドライとの戦闘で大破し両腕両足を失ったアルトアイゼン。胴体が比較的軽傷であったため予備パーツを用いた修理プランが持ち上がったが、元々アルが提示していた強化プランを実行した。
まず、全装備を一回り大型なものに改良。ヴァイスリッターの予備テスラ・ドライヴを装備。さらにリボルビングステークの試作型、リボルビングバンガーも装備する。
その際、情報屋、ムジアの計らいによりリボルビングバンカーを回収。ジャンク屋、レッターにより大型装備を開発している。
それ以外にも多くの人々が改修に参加しており、アル自身多くの人々と関係していた事を示す。
その性能は非常に高く、単機で戦局を変えることが可能な程。
当然アルが搭乗し、レッドウルフズ隊隊長機として運用される。
尚、テスラ・ドライブが搭載されているものの大気圏内飛行用ではなく、あくまでバランサー程度であり、大気圏内での長時間の飛行は不可能となっている。

ヴァイスリッター

制作、設計:マオ・インダストリー社、地球連邦軍技術部
機種:PT
パイロット:スィー
量産型ゲシュペンストMK-Ⅱの性能向上を図る為に開発された改良機。空中戦闘に対応する為、背部にテスラ・ドライブを装備。
また、オクスタンライフルと呼ばれるビーム・実弾両方が使用化のな遠距離用武器を装備。
しかし、運動性を得るために装甲を大幅に減らし、それにより対弾性が低下してしまった。
ゲシュペンストMK-Ⅲ同様正式配備は見送られ、尚かつ扱える人間が少なかったため倉庫にお蔵入り。
しかし、戦況の悪化に伴い、アルと共に軍に入隊したコーディネイターであるスィーにより再び扱われることとなる。
尚、この名前は別名であるものの軍で名付けられた名前。正式名称はゲシュペンストMK-Ⅱカスタム。

ライン・ヴァイスリッター

制作、設計:なし
機種:PT
パイロット:スィー
スィーのコーディネイターとしての力と念動力者としての力により、ファンタズマとDG細胞を逆に支配下とし、それによりヴァイスリッターが『変化』した機体。
主に生物的フォルムへと変化を遂げており、性能も格段に上昇している。
主な装備はオクスタンライフルが変化した『ハウリングランチャー』。
機動性が凄まじく、イマジン・フォースや瞬間時速はアレサのクイックブースターをも上回り、分身しているようにも見える程。
また、内部は半永久機構の動力炉に変化している。

ブルーウルフズ隊


ゲシュペンストMK-Ⅲ二号機 登場作品:スーパーロボット大戦OGs(アルトアイゼンナハト)

設計、製作:地球連邦軍技術部、マオ・インダストリー社
機種:PT
パイロット;ナト
青い塗装が施された機体。テスト終了後、廃棄される予定であったが、テストパイロットをつとめていたナトの意見により、ナトの乗機として運用されることとなる。
尚、その際にグレイブヤードにて眠っていたMS、PT用の実刀、「シシオウブレード」を装備した。
後、ナトがブルーウルフズ隊隊長に昇格、その後も隊長機として扱われる。
尚、強化タイプが存在

ゲシュペンストMK-Ⅲタイプナハト 登場作品:無限のフロンティア

基本改修案;ナト
機種:PT
パイロット;ナト
ナトのゲシュペンストMK-Ⅲを戦局の悪化に伴い大改修した機体。アルトアイゼン・リーゼと同じく、武装を全て一回り大きい物に換装。
左腕に小型シールドを装備し、そこにもクレイモアを装備している。
全体的にアルトアイゼン・リーゼ同様特機並の性能を誇り、単機で戦局を覆すことも可能。
尚、機体色は通常通りの青色だが、最大出力にした場合、機体色が青からアルトアイゼンのような赤へと変化する。
しかし、それはパイロットであるナトから再度改修要望が出るほど、赤色はえらく不評であったとのこと。
主に同系統機、ヴァイスリッタータイプアーベントを駆るイトナやブルーウルフズ隊の面々と共に戦場に現れる。
パイロットはナト。

量産試作型ヴァイスリッター 登場作品:準オリジナル

設計、製作:地球連邦軍技術部、マオ・インダストリー社
機種:PT
パイロット;イトナ
ヴァイスリッターの高い性能が軍部に評価され、急遽量産試作型が制作。
外見上は大差なく機体色が青から赤に変更された程度だが、かつての弱点であった装甲は、新型の軽量型で補われ、その性能は凄まじい物となっている。
コスト面は若干低下したがまだまだ高い。だが、性能面でソレをカバーできる程であり、相当の支持を集めていた。
だが、扱うには相当の技量が必要であり、まだまだ改良点があるとして、結局却下されてしまう。
以後、廃棄予定であったがテストパイロットでありブルーウルフズ隊副隊長であるイトナの要望により搭乗し続ける。
白と青ではなく白と赤のカラーリングがナトからはえらく不評であったらしい。

ヴァイスリッタータイプアーベント 登場作品:無限のフロンティア

改修案:イトナ
機種:PT
パイロット:イトナ
量産試作型ヴァイスリッターを、戦局の悪化に伴い改修した機体。
ライン・ヴァイスリッターを人工的に再現したような機体だが、性能は通常のヴァイスリッターとライン・ヴァイスリッターの中間をいく。
背部のテスラ・ドライブはビルトファルケン等に使用された物をしようしている。
出力が上昇すると赤い外装がはがれ落ち、青い外見となる。
主にゲシュペンストMK-Ⅲタイプナハトやブルーウルフズ隊の面々と共に戦場に現れる。
パイロットはイトナ。

その他の部類


ビルトラプター
設計:ビルト
製作:マオ・インダストリー
機種:PT
主なパイロット:アル、デゥア、他
ビルト系統二号機。
初の可変構造を盛り込んだPTで、高い空中戦等能力を持つ。
初の実戦はアルが搭乗し、ザスガルバ基地防衛に輸送中の輸送機から直接発進する。
しかし、アル自身が機体の癖に対応しきれなかった。
後、タイラの搭乗機として扱われる。
尚、この変形構造はΖ計画とは別系統とされているものの若干類似点が存在する。本機をベースにR-1が作成されることとなる。

ビルトファルケン
設計:ビルト
製作:マオ・インダストリー
機種:PT
主なパイロット:不明
第三号機。
高速船等を可能とする、ヴァイスリッターの意図を受け継いだ機体。
ヴァイスリッターと同じく実弾エネルギー弾の撃ち分けが可能な、オクスタンライフイルを装備する。
テスラ・ドライブを装備し、空中戦闘に長ける。
ビルトビルガーとの連携を想定されており、モーションはスィーの動きをOSに組み込んであるタイプRと、通常通りのOSを組み込み連係攻撃を想定せず単機での行動を優先したタイプLの二機が存在する。

ビルトビルガー
設計:ビルト
製作:マオ・インダストリー
機種:PT
主なパイロット:不明
第四号機。
ヘシュペンストMK-Ⅲ(アルトアイゼン)のコンセプトを受け継いだ機体。
第一世代MSであるガンダムNT-1アレックスに搭載されたチョバムアーマーに近い、ジャケットアーマーを装備する。
ジャケットアーマー装備時を重装形態、パージし、テスラ・ドライブを展開した形態を高機動形態とよばれる。
ビルトファルケンとの連係攻撃を想定し、アルのモーションをOSに組み込んだタイプR、通常のOSで単機での戦闘を想定したタイプLの二機が存在する。

ストライカーパック(兵器)登場作品:ガンダムSEED

設計・制作:スラ・ハーレイル、地球連邦軍技術部
ストライクや105ダガーなどに装備可能な汎用兵器。
以下、タイプ別
エールストライカー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
主に高速戦闘を可能とする装備。ビームライフル、サーベル、シールドといった一般的な兵器を装備する。
大気圏内であっても長期間の空中戦闘が可能となっており、海上などでの戦闘ではこの装備で出撃することが多い。
スラが最も多く使用するストライカー。
ソードストライカー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
主に格闘戦闘を想定して作成された装備。巨大なビーム対艦刀『シュベルトゲベール』等を装備する。
ただし、出力は装備無しのストライクと同等のため、大気圏内での長期空中戦闘は不可。
また、スラはコロニー内や施設護衛など貫通した流れ弾が護衛対象に命中しそうな場合、この装備を使用する。
ランチャーストライカー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
遠距離戦闘を想定して作成された装備。超高インパルス砲を装備する。
高出力な攻撃を可能とするものの、コロニー内などの戦闘では敵を貫きコロニーごと破壊しかねない威力を持つ。
しかし、それだけの高い出力を持っている為、後方支援としてバスターと共に運用されることもしばしば。
シャドーストライカー『バットシェルエット』
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
設計・製作:不明
ダークナイトストライクガンダム専用の装備。
高い機動性を持ち、分離しての遠隔操作が可能。
翼が鋭く、斬撃武器としての使用が可能。
I.W.S.P. 登場作品:ガンダムSEEDMSV
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
設計:地球連邦軍技術部
制作:改良:オーブ公国
エール、ソード、ランチャーの三つの特性を合わせた装備。しかし高性能でありながら大量の電力を消費するという欠点がある。
その後、オ-ブにて改良が加えられたという。
そのため、ストライクルージュが使用している。
ライトニングストライカー ガンダムSEEDMSV
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
遠距離戦闘、緊急補給用の装備。高出力レールガンや電力供給を可能とする装備を持つ。
ラミュリナが平行世界で見た、という物を参考とし、スラが作り上げた。
ジェットストライカー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
エールストライカー以上の速度を求めた装備。ただし、ビームサーベルはオミットされている。
大気圏内での戦闘に特化し、テスラ・ドライブ搭載機並に空中戦闘が可能。
尚、ダガーLが主に装備していた。
ノワールストライカー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
I.W.S.P.低コストタイプの改良型の装備。
主にストライクノワールが装備する、黒系の色合い。また、PS装甲を使用している。
実際、中・近距離向けの装備でもある。
通称『ナイト(Night)ストライカー』
アーチャーストライカー 登場作品:準オリジナル
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ソレスタルビーイングの所有するストライカー。
第三世代機として制作中に廃棄されたガンダムのブースターパックを流用した。
主にGNガンダム03が装備する。
スカイストライカー 登場作品:準オリジナル
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ノワールストライカーをベースに、より高性能化したストライカー。
形状自体に変わりはない物の、ストライクE同様トリコロールカラーに変更されている。
また、GN粒子対応型であるため補助コネクターを装備すればGNドライヴ搭載機に装着が可能。
通称『ナイト(Knight)ストライカー』
スラは、この通称で呼称する事が多い。

ガンダム 登場作品:機動戦士ガンダム

設計;ダラン、ジア
制作:ダラン、ジア、地球連邦軍技術部
機種:MS
連邦軍で初めて開発された、後にガンダムタイプと呼ばれる系統を生み出すこととなる機体。
ダランとジアが開発に着手した、超強力な機体であり、当時最強の機体とされた。
尚、型式番号の『RX』は純連邦制MSの型式番号。
同型機が全3機開発された。
以下、段階別。
RX-78-1
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ガンダムの第一段階。白地に赤色のカラーリングが施されたガンダム。
高い性能を持つものの、扱いに若干クセが強い。
本機体は一年戦争期に投入され、RX-78-2に匹敵する戦果をあげている。
終戦後も活動を続け、グリプス戦役にも現れる。
後、分解、され廃棄される予定であったが、分解されたパーツをソレスタルビーイングの前進となる組織が入手。
そのパーツを使い、Oガンダムを完成させる。
RX-78-2
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
主なパイロット:ダラン
ダランも搭乗した、ガンダム第二段階。
赤、青、白のトリコロールカラーであり、以後の機体にも影響される。
第二号機はダランが搭乗し一年戦争を終結まで導いた機体であり、凄まじい成果を挙げ、以後連邦軍技術チームにガンダム宗教を作り上げる引き金になる程。
後、第二号機はパーフェクトガンダムへと改修された。
一号機はOガンダムへ回され、三号機は二号機の予備パーツとして配備。
RX-78-3
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ガンダム第三段階。
一年戦争初期は、RX-78-2の予備パーツとして保管されていた。
だが、マグネットコーティングを施され、通称G-3ガンダムとして戦場に現れる。
ほぼ全ての性能が第二段階を凌ぐ。

ゲシュペンスト(兵器)登場作品:スーパーロボット大戦

制作、設計:マオ・インダストリー社
機種:PT
世界で初めて開発されたPT。非常に高い性能を誇るが安定性が低く、操縦には高い技量を要する。
本機は地球圏戦争後にロールアウトされ、三タイプが開発された。
だが、上記のごとく操縦は一般パイロットでは困難であるため、後、ゲシュペンストMk-Ⅱが開発されている。
尚、ゲシュペンストで使用された系統のフレームは後に「Gフレーム」と呼ばれる。
後、これを元に様々な機体が開発される。
MK-Ⅰタイプ別
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
タイプR
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
運動性を重視して作成された機体で二機が開発、固定武器や装甲を犠牲に非常に高い運動性を得た。しかし、実戦稼働中に最高時速が機体強度を上回ってしまった為、一号機は空中分解をしてしまう。
残った二号機は改良されゲシュペンストMK-Ⅱ(タイプR)となり、コロニー戦争~L5戦役に実戦投入される。
タイプS
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
強力な固定武器を装備した攻撃力重視の機体。二機が開発された。
宇宙空間での稼働試験中の事故により一号機は紛失している。
残った二号機はタイプRと同じく、ゲシュペンストMK-Ⅱ(タイプS)となる。
尚、紛失した一号機だったが、エアロゲイターによって回収、強化され、敵として現れる。
タイプT
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
機体の基本性能テスト用に作成され、三機が開発された。
全機テスト終了後、倉庫に眠っていたが、一、二号機はゲシュペンストMK-Ⅲへと改修される。

ゲシュペンストMK-Ⅱ 登場作品:スーパーロボット大戦OGs

設計、製作:マオ・インダストリー社
機種:PT
初代PT、ゲシュペンストの問題点を解消し扱いやすくした機体。
しかし、未だ一般パイロットが扱うことは難しい。
いくつかのタイプが存在し、タイプRが量産型の試作機にあたる。
最もタイプが多い。
以下、タイプ別
ゲシュペンストMK-Ⅱ(タイプR)
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ゲシュペンストタイプRの改良機。
装甲と固定装備を犠牲に運動性を高めた機体。また、一号機の事件で問題視された機体強度は軽量でありながら強度のあるパーツを使用、重量を保ちつつ装甲を上昇させることができた(それでも、普通の機体以下の装甲であった)。
初めて実戦を行ったのはスラであり、以後、月のマオ社にて研究が再開されていた。
また、この機体が主体となって量産型ゲシュペンストMK-Ⅱは作成された。
本機はコロニー戦争~L5戦役時に実戦投入される。
ゲシュペンストMK-Ⅱ(タイプS)
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
固定装備を重視して作成されたゲシュペンスト。
非常に高い攻撃力を有しており、初代のニュートロンビームを改良したニュートロンスマッシュビームを装備し、量産型に装備されたプラズマステークの試作型を装備する。
本機はスガワの乗機としてタイプRと同じくコロニー戦争~L5戦役時に実戦投入されている。
尚、パイロットのスガワが独自のOSアレンジを行った結果、様々な技を持つ。
ゲシュペンストMK-Ⅱ(タイプTT)
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
T-LINKシステムと呼ばれる、念動力者用のシステムを装備したゲシュペンスト。
念動力を応用した兵器やシステムを多数所有している。機体色は、通常機は青であるのに対し、白。
ゲシュペンストMK-Ⅱ(タイプRV)
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ゲシュペンストタイプT三号機を改良し、ハロウウィンプランの一環として作成された機体。
テスラ・ドライブを標準装備し、ニュートロンスマッシュビーム改を装備。
MK-Ⅱではあるが、基本色は青ではなく、初代同様黒色である。
本機はラルスが搭乗し、コロニー戦争期にて実戦投入される。
量産型ゲシュペンストMK-Ⅱ
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
量産型として、正式に配備されたゲシュペンスト。
ゲシュペンストMK-Ⅱ(タイプ-R)をベースに、左腕のメガ・プラズマカッターをプラズマ・ステークと呼ばれる格闘戦闘用兵器に換装している。
コストの低下が計られ、尚かつ高い戦闘能力を保持。だが、大気圏内での空中戦闘能力が低いのが欠点。
機体自体はある程度の技術を持ったパイロットでなくては扱えず、主にエースパイロットに支給される。

ダガー

制作・設計:地球連邦軍技術部
機種:MS
地球連邦軍の量産機。
105ダガーから始まり、様々なバリエーションが存在する。
ダガーL
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
105ダガーの正式な後継機。
全体的にコストが低くなり、扱いも簡単になる。
若干性能に劣りがあるため、まだまだ105ダガーから主力の座は譲られない。
ストライカーパックの換装を可能とする。
主に技量の低いパイロットに手渡される。
ダークダガーL
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ダガーLにステルス機能を持たせた機体。
ダガーLと基本性能は同等で、隠密行動能力を得た。
ストライクダガー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ダガーの低コスト生産型。
ストライカーシステムは排除。
非常に扱いやすいが性能はジム並。
よって、戦力としてはあまり期待できない。
主に流出した機体をテロリストが使用する。
ロングダガー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ダガーのストライカーシステムを排除し、性能を向上させたタイプ。
だが、扱いが非常に難しいのが問題。
フォルテストラの装備が可能。
性能面は非常に高く、パイロットによってはガンダムタイプMS並の能力を引き出せる。
デュエルダガー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ダガーの火力、機動力等を強化したタイプ。
ロングダガーを扱いやすくしたタイプで、隊長機としてリ・ガズィと共に運用される。
フォルテストラの装備が可能。
バスターダガー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
バスターガンダムの思想を受け継いだガンダム。
バスターと同じ装備を持ち、腕部にビームサーベルを持つ。
基本性能はバスターと同等。
NダガーN
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
通称ブリッツダガー。
ミラージュコロイドシステムを搭載し、隠密行動にたける。
核動力を搭載し、ブリッツと同じような装備を持つ。
ワイルドダガー
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
通称ダガイア。
ガイアガンダムの思想を元に開発したダガー。
四足獣形態への変形を可能とする。


  • ちょっと待った
    り・ガズィについて…。
    まず、第一世代可変MSって…
    可変MSは、それ自体が第三世代MS。
    そして開発:製造はアナハイム・エレクトロニクス社。
    後、MS形態時の能力は、ジェガンと同等、あるいはそれ以下。 -- a (2010-03-31 16:02:15)
  • 説明不足でした
    この設定は原作の設定と異なる部分が存在しています
    それも大量に
    この世界のリ・ガズィは高性能です
    ちなみにこの世界においてMSの世代は原作にはあてはまりません
    ACやネクストなどの勢力が存在しているためです
    尚、アレンジ後の作品では半分AE社製MSになっております
    誤解を招いてしまったこと、申し訳ありません -- カラス (2010-03-31 16:12:37)
  • この前の件、これですね。チェックしてください。(*´ω`)☆ http://m-s.e29.mobi/ -- 私だ (2012-03-03 15:15:45)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。