クロニクル・クロニクル 用語・設定辞典 あ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


クロニクル・クロニクル 用語・設定辞典 あ行


クロニクル・クロニクルの用語・設定の辞典でございます

アークエンジェル(戦艦)登場作品:ガンダムSEED

地球連邦軍が開発した、ガンダムタイプ及びレンジェルカ小隊の運用を想定した母艦。
通常の戦艦と比べ機体の積載量が大きいものの、特機の積載は二機が限界。
高出力の兵器を多く搭載し、戦艦としては機動性が高く、単艦での戦闘に特化している。

アサルトアーマー(特殊兵器)登場作品:AC4

通常プライアルアーマーとして展開しているコジマ粒子を攻撃に転用する技術。
一部のネクストやアームズフォートがこれを可能とする。
全方位への攻撃を可能とし、高い能力を誇る。
ただし、全コジマ粒子をそちらに使用するためプライアルアーマーやコジマ粒子関連の装備は使用できなくなり、装甲は紙のような物になってしまう。

あす(人名)

年齢不詳 性別女性
突如としてスラ達やラミュリナの前に現れる、謎多き人物。
ラミュリナと同じく異世界からきたらしい。但し、ラミュリナとは別の世界からの出身(詳しくはSeparate Story 設定ページ参照)。
吸血鬼でであるらしく、時空移動を可能とする超魔力を持つ。その能力でスラ達の世界に訪れる。
全てを見通しているかのような行動が多く、その本質は謎である。
吸血鬼であるにもかかわらず、日光や十字架など一般的な吸血鬼に対する攻撃は一切受け付けない。
また、不死身に近い生命力を持つ。
妹が一人いるらしい。

「あら・・・ちょっと遊ばない?」

アステラ(人名)

23歳 女性
ザスガルバ基地に所属する、女性パイロット。
その技量は確かで、指揮官機であるリ・ガズィVer.4に搭乗する。
レンジェルカ小隊の隊員ではなく、ザスガルバ基地防衛隊第三小隊長であったが、後にレンジェルカ小隊(連邦軍特殊任務遂行部隊)の所属となる。
普段は活発な性格で、多くのことに首を突っ込む。
だが、スラの前では決まっておとなしくなり、まともに会話ができないなど、スラに対しては好意を抱いている物の、当の本人であるスラは気付いていない。
コーディネイターであり、能力は平均的(それでもナチュラルよりは上)

「もう、邪魔なんてしないでよね、あなた達!」

アストラシリーズ(総称)登場作品:準オリジナル

古代に存在する、超強力な古代兵器。
かつて悪しき者の手に渡り、世界を壊滅状態まで陥れた。
数機存在し、全て同じ形状をしている。
機体は真っ白でとくにデティールのような物は無く、殆どマネキンのような形状である。
だが、操縦者の魔力や想像力などに応じて、機体は大幅に変化する。
どのように変化するかは、それぞれのパイロットによる物である。

アストラナガン(兵器)登場作品:スーパーロボット大戦

あすが発見したアストラナガン。
あすの機体は、漆黒の機体へと変化し、通称漆黒の墜天使と呼ばれる。
背部に巨大な光の翼を装備する。
また、Z・Oソードと呼ばれる液体金属を自在の形に変化させて使用するブレードや、ファンネルのような武器、ガン・ファミリアなどを装備する。
大きさは通常のMSやPTの倍以上の大きさであるが、機動性は凄まじい。
現状では対抗できる『機体』はイマジン・フォースと他のアストラナガンのみである。

綾(人名)

17歳 女性
地球環境調査隊として月から降下してきた、ガンダムデスサイズのパイロット。
非常に強力なニュータイプで、トップクラスの能力を持つ。
搭乗機であるデスサイズを使い、あらゆる物を死神のごとく切り裂く。
故に『戦場の死神』とも呼ばれる。
性格自体は年齢相応の少女であるが、ひとたび戦場へと出向けば死神と化す。
元々は月で強力なニュータイプとして、あこがれであり危険な存在とされていた。
尚、眼鏡をつけているがそこまで視力が悪いわけではないらしい。

「見たヤツみぃんな、死んじゃうよ?」

アリサワ重工(企業)登場作品;AC4

キサラギの子会社。
キサラギとは異なりネクスト用のパーツを多く販売する。
また、社長である有澤武之自身もネクスト『雷電』を駆っている。
火力重視の兵器が多く、タンクを好むリンクスやレイヴンに支持されている。

アレサ(兵器)登場作品;AC4

かつて製造された、ネクストの試作機。
元々強力な能力を誇るが、それ故に高い適性能力がなければ扱うことは不可。
高出力のコジマキャノンや高いQB能力を持つ。
通常のACやネクストよりも大きく、MSよりは小さい。

アレス(人名)

25歳 男性 本名アレス・プリザルス
レイヴンズネットワークに所属するレイヴンで、ランクはS-2。
『赤き流星群』の通り名を持つ。
通り名と同じ、赤い色の星々のパーソナルマークを持つ。
母が病に倒れ、父親だけでは家計が持たず、その手助けのためにレイヴンとなった。
本人はリンクスを望んだが、ネクスト適性は妹とは正反対の最低ランクのFだった。
おそらく適性をほぼ全て妹に持って行かれたのだと思われる。
但し力量はこちらの方が上である。
なるべく報酬の高い依頼を好み、依頼達成を第一に考える。
が、元々困った人を見捨てられない質であり共に出撃した仲間に危機が迫ると多少無茶をしてでも助け出し、一方の敵レイヴンには情けをかけるなど、人殺しや人の死は好きでない。
ハスラーワンに継ぐ実力の持ち主で、主にステルスとミサイルによる奇襲戦法を得意とする。
ある種天才とも言える力量の持ち主で、異常な速度で現在の地位に上り詰めた。
ハスラーワンにはアリーナで度々戦いを申し込むもことごとく敗退している。
尚、ネクスト戦においても高い力を持ち、ミサイルによる弾幕で一瞬でプライアルアーマーをはがし、瞬殺する。
妹のレナスは幼い頃に養女として別れたが、レイヴンとなった際再会することになる。
搭乗機は『レッドスカイ』

「見せてやろう、俺の、力をッ!!」

アル(人名)

19歳 男性 
元々は軍人で、MS、PTの操縦技術は高い。スラの教え子教え子でもある。
コロニー軍の襲撃で多くの仲間を失い、仲間達を助けられなかった、というショックで軍を中退する。
以後は民間の企業で生活していた。だが、ザフト軍によるヘリオポリス襲撃に巻き込まれ、偶然旧兵器工場に放棄されていたゲシュペンストMk-Ⅲを発見、それに搭乗し侵入した機体を全滅させる活躍を見せる。その際、名称が解らなかったゲシュペンストMk-Ⅲのことをアルトアイゼンと名付けた。
その後、再び軍に戻り、レッドウルフズ隊隊長としてコロニー戦争を生き抜く。
そして以後の戦いを切り抜けることとなる。
尚、幼馴染みであり戦友でもあるスィーとは、恋人関係である。

「俺は人を殺すために軍に入ったんじゃない、守るために入ったんだ、矛盾しているかもしれないが!」 

アルテミス・ワン(ネクスト)登場作品:オリジナル 使用パーツ:AC4fa

『ネクスト』と呼ばれるACの一つ。
右腕にプラズマライフル、左腕に新型のプライマルアーマーやGN粒子さえも無効化する射突型ブレードを装備し、
背部には加速用に追加ブースターが装備されている。
PAの回復速度が速く、ちょっとやそっとじゃ打ち負けないPAを持つ。
搭乗者はファム。

アレン(人名)

23歳 男性
主にズンのオペレートを担当する。
性格は楽天家であるが、常にズンを自立させるために頑張っている。
数少ないズンがまともにコミニケーションをとれる人間。
いざというときはまともに指示をするが、時折間違った指示を出してしまうことがあるのが問題。

「ま、どうにでもなれってよ、そう言う話だ!」

闇冥刀(武器)

ラミュリナの使用する、黒い刀身の刀。
闇を司る剣であり、神剣の一つ。
『光明刀』とは対となる剣で、対でありながらラミュリナは二本を同時に使う。
右手に持っている方を起点とし、必殺技などを使う。
元々ラミュリナが所有していた刀で、使用時に物質化させる。
主な必殺技は『闇剣烈風刃』

イージスガンダム(兵器)登場作品:ガンダムSEED

ダランとジアによって設計されたガンダムタイプのMS。
ストライクなどとは形は違えど同系統。PS装甲を搭載する。
だが、核動力を搭載するようには作られておらず、通常の動力炉である。
そして何より、変形構造を取り入れた機体である。
強襲形態時に使用可能のスキュラは、戦艦を一撃の下に消し去る程の威力を持つ。
高速巡回形態は、非常に高い機動力を持っている。
また、ダランとジアは他のガンダム(スラ達レンジェルカ小隊配備機)の指揮官として運用することを目的として作成されていた。
以下、武装説明
+ ...

十六夜(人名)

28歳 男性
サルバスタの一人で、フリーデンの艦長。
非常に高いニュータイプ能力を持ち、綾以上の能力を持つ。
かつてはGXに搭乗し、戦場を駆け抜けていた。
現在はとある出来事をきっかけに第一戦から退き、フリーデンの艦長として落ち着いている。
一時期はニュータイプの教師として綾や白煙達の教師としていた。
綾からは『博士』として親しまれる。
トールギスに乗って現れた白龍に対しては自らGXビットを駆って攻撃を行うなど、白龍とはかつて何らかの関係があったようだが・・・

「人なんて、所詮そんなものなんだ・・・」

イザベル(名前)

年齢不詳 女性
突然現れた、謎の少女。
外見年齢的には十代半ば。
性格や口調はおとなしいが、戦術は非常に大胆かつ攻撃的。
実際は平行世界からこの世界に来た存在で、厳密には人間ではなく魔法使いという種族。
ラミュリナとは少し前から関わり合いがあったらしい。
魔法使いとしては高い能力を持ち、魔力的にも上位に位置する。
どんなときでも慌てることなく、通常の態度を崩さない。
平行世界を渡り歩く存在で、彼女がいた世界はとある戦いで完全に消滅してしまった。
魔法も使えるが、主に弾幕を使った戦術を得意とする。
かつてラミュリナに、弾幕戦闘やとあるカードについてを学んだ。
搭乗機はリアリティ・フォース。
使用魔法一覧
+ ...

イマジン・フォース(兵器)登場作品:オリジナル

謎の少女『ラミュリナ』が搭乗する人型兵器。動力源などに謎が多く、少なくともスラ達の世界の機体ではない。
その証拠にフォームをチェンジした場合魔力により特殊な装甲を形成、装備している。また、自己再生能力もある程度保有。
元々別次元の機体ではあり、時空移動装置を保有。
フォームチェンジ能力により、あらゆる戦闘に対応が可能。
瞬間移動(特殊転移)や空間の狭間に移動しそこから別空間へ移動するなど、現用兵器ではあり得ない能力を多数保有。
PS装甲と思われる装甲を持ち、フォームを変えた場合色が異なる。
上記にある通り、魔力で特殊装甲『魔術装甲』を作り出す。この装甲は魔力によりそれがある限り永遠に再生が可能。
逆を言えば魔力がなければ生成は不可能である。
尚、パイロットであるラミュリナ以外が操縦することは不可能。
各フォームは、ラミュリナが『元々住んでいた世界の住人達』の姿や能力を模して作られている。開発経路等は不明。
以下、フォーム別
重量形態
+ ...
通常形態
+ ...
フォーム・結界師『紅き白』
+ ...
フォーム・魔術師『物質』
+ ...
フォーム・人形師『使い魔』
+ ...
フォーム・使刀師『切り裂き』
+ ...
フォーム・空間師『スキマ』
+ ...

イリア(人名)

19歳 女性
オーブ総議長の一人娘。
生まれつき足が不自由で、車椅子で生活している。
穏やかな性格で、他人の手を借りることを好まない。
無茶な事でも自分だけの力でやってのけようとする、努力家であるが限界を知らない。
故に、倒れることもしばしば(貧弱なわけではなく、三、四日全く睡眠を取らないなどが原因)。
リーデやスィー達とは高校時代の同級生であり親友。

「時が変われば人も変わる・・・けれど、人間の本質的物は一切変わらないの」

ヴァーチェ(人名)

年齢不詳 男性 本名不明
GNガンダム05のガンダムマイスター。
倫理的に行動する人物であり、常識的にしか物事を見ない。
任務に忠実、とまでは行かず、時折違反もある。
どうやら通常の人間とは違うらしく、彼が計画に必要不可欠であるらしいが・・・

「俺は存在する意味を果たす、この世界の、歪みを、撃滅する!!」

ヴァリアル(人名)

30歳 男性
カラードのリンクスで、ランクは20
ランクは低いが、アリーナは『面倒くさい』ということで参加していないだけである。
本人の性格は非常に面倒くさがり屋で、面倒な戦術は一切無し。必ず真っ向から遠距離火器を直撃させる。
なかなか熱い漢だが、女性に弱い。
オペレーターのシフォウに時折怒られることがある。
搭乗機は『インヴェイス』

「いくゼ、生きて帰れると思うなよッ!!」

宇想(人名)

68歳 男性 加賀名 宇想(かがな うそう)
廃墟コロニーエルクラウンに住むザフトでも名高い剣豪。
旧式のジンハイマニューバ2型を愛機とする。
愛機とは一心同体であり、手放そうとはしない。
己の信念を貫く人間であり、頑固者。
だが義理堅く、自分の負けや過ちはすぐに認める。
ザフト軍所属、という訳ではなく、隠居した爺、といったところである。
だが剣豪と名高いが故にグルンガスト零式が手渡される予定だった。

「儂はまだ逝けんよ、生きる意を見つけるまでな」

ウリエル専用高機動戦闘特化・天候操作型ガンダム(兵器)登場作品:準オリジナル

ナノマシンによる機体自己修復機能などを備えた特殊な機体。
通称ガンダムウリエル
地上の天候を操る特殊機体。
二枚の翼を持つ。
パイロットはウリエル。
主に地上であれば一定範囲内の気候を変化させることが可能。
巨大な剣と盾を装備し、高い機動性を誇る。
また盾を装備し、ガンダムミカエルよりも装甲が若干低下した代わりに機動性が向上し、瞬間的に相手を切り裂く戦術を得意とする。

エクシア(人名)

20歳 男性 本名クスィラ
ソレスタルビーイングに所属する、GNガンダム01のガンダムマイスター。
他のマイスターに比べ技量に若干の劣りが見られる。
かつてスラの下で部下として配属されていた経験がある。
戦争根絶の理念を理解しつつも、ガンダムという理念に従って戦う。

「世界は歪んでいる、その歪みがある限り、世界は―――!!」

エリアス(人名)

23歳 女性
カラードに所属するリンクス。カラードランクは12
依頼に忠実ではあるが、基本的に仲間がいる依頼のみを行う。
性格は一人では行動できないタイプで、何事にも反応が遅い。しゃべり方も遅い。
常にオペレーターであるラウズと共に居る。
かつて最年少のカラードとして活躍。
彼女の中に男女の境目は無いらしく、どちらとも、味方につけることができる能力を持つ。
実際、非常に凄まじい策略家であり戦術考案、戦術予測が得意(その時のみ反応が早くなる)。
だが、『天然の策略家』ファムにはかなわなかったそうな。
AD3535年、軌道エレベーター護衛の際、デゥアの機体のブレードがコクピットを直撃し、重傷を負う。
が、当の本人はそれに関してデゥアには恨むことなどは一切していない。
それどころか、デゥアを『私の王子様』と称し一方的に好意を寄せている程。
搭乗機は『スァートリガー』。

「残念ですが、お別れ、なんです」

エリア2588(場所)

遙か昔、大型コロニーが落下した場所。
その後、それは片づけられることなく残り、今は遺跡となっている。
内部には過去の記録などが残っているが、都市にコロニーが落下したこともあり、非常に巨大な遺跡となっている。
故に未だに全て解明された訳ではない。
アレサやかぐや、昴は、この内部に眠っていた。
少なくとも、この出来事が何か大規模な戦いの発端となったことはみえているのだが、現在、そのような戦いの記録は存在しない。

オルカ(人名)

32歳 男性 ORCA旅団長
ORCAのトップクラスリンクスであり、ORCAのリーダー。
そして、クローズプラン提案者にしてネクストデザイナーの一人。
かつては凄腕リンクスとして知られていたが、あることを気にカラードを裏切る。
、ヒリュウを用いて太陽系外へ進出するプロジェクトに軍の依頼でヒリュウの護衛で参加したが、アサルト・セルとバグスの猛攻により失敗。
その経験から、ORCA旅団を設立、クローズ・プランを提案。
そしてその第一歩として、高度7000メートルを浮遊するクレイドルを地上へ叩き落し、宇宙への進出を推し進めようとする。
だが、その計画は建前であり、奥の方に何かが隠されているらしい。
実は面倒見が良く、仲間内では信頼されている。
カラードとの定着も垣間見えている。
その際、ストームの恋人を殺害している。
戦術は、兎に角コジマ兵器で攻める。
ヒットアンドアウェイ、引き打ち、時には荒唐無稽な特攻など、戦術スキルをランダム展開するため、戦術を見抜くのは難しい。

「これより、クローズ・プランを開始する。派手に行こうか・・・!」

エルクラウン(名称)

ザフトの所有する廃墟コロニー。
内部はまだコロニーとして活動可能である。
そのため、宇想が住み着き彼の住居となっている。
彼は住みやすいから、と言っているが別な理由が・・・?


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。