※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンビットソフト(代表金ヨンマン)は8月26日~9月 4日まで �IMCゲームス(代表金学規)が開発中のグラナドエスパダ’(http://ge.hanbiton.com)のトーナメントテストの ‘党’ 募集に入って行くと明らかにした.



9月 12日~16日まで開催されるトーナメントテストは、党を中心にしたトーナメント方式のテストとして, ユーザー達がモンスターとの対決ではない、人:人の集団戦闘を通じて、今後ゲームの核心になる党機能を点検するようになる. 既存テストとは違い、個人単位ではないユーザー達が直接 15人で構成された党を構成して公式ホームページで申し込んで, 党を構成することができなかった個人もホームページで結成中の党を問い合わせ及び加入申し込みができる.



グラナドエスパダで党(党:Party)は意味を一緒にする多数のユーザー達が集まった社会集団で, ユーザー達は新しい党を作るとか、既存の党で活動することでゲームの無限な拡張性を直接経験してみて、高い次元の目標に成すことができる. また唐と党の間の公式的な試合を意味するトーナメントは、党首だけが申し込むことができるし決まった規則と同等な条件下で競争するようになる. トーナメント後、上位に入賞した党には経済的な補償だけではなく, 名誉と政治的な権限まで一緒にすることができる特権を持つようになる.



�IMCゲームス金学規プロデューサーは “今度テストは GEの同期付与要素(Motivation Factor) 中の一つの人間の対決のバグとバランスを操るために施行される. 異意效果的な目的達成のために個人単位のテスター募集ではなく集団単位のテスター募集方式を使う.” と言った.



一方、グラナドエスパダのトーナメントテストに参加する最終発表は来る 9月 7日実施されて, 引き続き各唐依党首は 9月 10日党首素養教育を受けるようになる. また党内にインプレッションテストのプロテスターやイラストコンテストの受賞者を含んでいる場合、人数に比例して加算点が与えられる予定だ.



※情報元:playforum.net
  
添付ファイル