カーネルの再構築


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • カーネルの再構築

  1. カーネルのバックアップ
/sysinstall でカーネルソースをインストールしてあることが前提

sysという名前でバックアップ
$ su
# cd /usr/src
# tar zcvf sys.tgz sys

GENERIC(デフォルト)カーネルをMyKernelとしてコピー
# cd /usr/src/sys/i386/conf
# cp GENERIC MyKernel
# cp GENERIC.hints MyKernel.hints
hintsファイルは5.0から増えた模様


# vi MyKernel
以下の行を編集
ident GENERIC

ident MyKernel


# cd /usr/src/sys/i386/conf
# config MyKernel
# cd ../compile/MyKernel
# make clenadepend
# make depend
# make
# make install

~~~~~~ここから先UPDATEのときに必要?~~~~~~~
# cd /usr/src/
# make buildworld
# make kernel KERNCONFf=MyKernel
# reboot

シングルユーザーモード(4)で起動
# boot -s

# fsck -p
# mount -u / (パーティション分けてたらほかも必要かも)
# mount -a -t ufs
# maergemaster -p
# make installworld
# make delete-old
# mergemaster
~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~
カーネル再構築 (5.1)
kernel の再構築と設定 (FIVA)
FreeBSD6.2サーバ構築覚書
FreeBSDのカーネル再構築! (4.4)
ハンドブック17.4. “World” の再構築 
OSを最新のRELEASEに更新する (5.x)
ハンドブック
VMwareでの設定例 (6.1)
VMwareでの設定例 (6.2)
man device.hints



更新履歴

取得中です。


名前:
コメント: