ガープス・妖魔夜行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガープス・妖魔夜行 (GURPS Damned Stalker, Gurps Youma Yakou, がーぷす・ようまやこう)は現代日本を舞台にしたGURPS第3版対応の妖怪ホラーのサプリメント。シェアード・ワールド・ノベルズとして展開したライトノベル『妖魔夜行』の舞台でもある。
300CP~1000CPほどもある強大な力を持つアメコミヒーローものを扱うThird Edition GURPS Supersをベースにした独自にアレンジしたサプリメント。
妖魔夜行ではアメコミヒーローの超人のかわりに日本古来から現代に至るまで人々の想いから生まれる、人間の何倍もの力を持った妖怪が大活躍する。

妖魔夜行の続編として百鬼夜翔も登場している。

ガープス・妖魔夜行―妖怪アクションRPG』(文庫版)


ガープス・妖魔夜行のサプリメント


ガープス・百鬼夜翔』(大型本)

『ガープス・百鬼夜翔』は小説『妖魔夜行』の続編として扱われる『百鬼夜翔』(ひゃっきやしょう)を舞台にしたサプリメント。文庫版の『ガープス・ベーシック完訳版』に対応し、『ガープス・妖魔夜行』のルールに加え妖魔夜行のサプリメントに掲載された妖力妖術特徴なども含む。

第4版

ガープス・妖魔夜行、ガープス・百鬼夜翔のGURPS第4版対応版はまだ登場していません。背景世界にある程度共通点があるガープス・リボーンリバースが第4版に対応しているものの、実際にはGURPS第4版に完全な互換性はないPowered by GURPSに分類されるルールブックです。GURPS第4版の基本ルールブックである『ガープス・ベーシック キャラクター』にのっている「有利な特徴」「不利な特徴」のリストだけでもガープス・妖魔夜行、ガープス・百鬼夜翔に出てくる強力な妖怪を作ることは不可能ではありません。第4版からは、第3版で分散していたルールがある程度まとまっており、従来ではサプリメントが必要だったルールも、ガープス・ベーシック キャラクター一冊だけでまかなうことができるようになりました。GURPS第3版の『GURPS Compendium I』『GURPS Compendium II』の内容がガープス・ベーシック キャラクターにまとまっているほどです。ガープス・妖魔夜行、ガープス・百鬼夜翔に載っていた強力な妖術や妖力、特徴などもこのガープス・ベーシック キャラクターにほぼ載っています。

 英語ができる方は、ガープス・妖魔夜行、ガープス・百鬼夜翔の第4版に対応する書籍としてGURPS Powers、Fourth Edition GURPS Supersを読んでみると良いかもしれないでしょう。

対応する原書

『ガープス・妖魔夜行』『ガープス・百鬼夜翔』は、この原書『Third Edition GURPS Supers』を独自にアレンジして作られています。

第4版対応GURPS SupersとGURPS Powers

Third Edition GURPS Supers』には第4版対応GURPS Supersが存在します。
またアメコミヒーローに限定しない様々な特殊能力や超人的な力を駆使できる『GURPS Powers』も存在します。
これらの原書サプリメントを使って『ガープス・妖魔夜行』『ガープス・百鬼夜翔』の第4版対応版PCも作ることができます。
どちらかというとSupersよりPowersのほうが『ガープス・妖魔夜行』『ガープス・百鬼夜翔』の第4版対応版PCを作るにはおすすめです。
これらを参考にした3版から4版へのコンバートルールが複数作成されています。

外部リンク




コメント

  • これらを参考にした3版から4版へのコンバートルールって、日本語版の? 妖魔夜行と百鬼夜翔の第4版対応版のこと? - takuge 2010-04-21 03:00:50
    • わかるものだけアップロードしてみた。 - takuge 2010-04-21 03:43:36
      • 個人の製作物を勝手にアップロードしてもよいものか? - 名無しさん 2010-04-21 20:48:46
        • 著作権表示がないし、著作者とコンタクトをとる手段がないのでどうにもならない気が。著作者が現れて問題が起きたときに削除すればいいのでは? - 名無しさん 2010-04-22 01:14:27
  • 無名著作物(法52条1項)にも著作権法による保護が及びますので、厳密に言えば複製権(法21条)または送信可能化権(法23条)の侵害が問題となりますが、問題のPDFファイルはもともと何年か前に卓ゲ板のアップローダを使って公表されたものですから、この時点で複製および送信可能化について著作権者の黙示の同意があったと推認できると思われます。この事案では、著作権者が改めて「いや、同意を撤回する、削除しろ」と言ってきた場合に削除すれば足りるでしょう。損害が発生したとは思われないので、民事上の賠償責任だとかも生じないと思われます。 - loricamanica 2010-04-22 10:02:06
    • なるほど。とりあえずこのファイルにだけはクリエイティブ・コモンズは適用対象外としておいたほうがよさげかな? - 名無しさん 2010-04-24 10:34:25
      • そうと思われます。卓ゲ板のアップローダには、著作権の放棄または不行使に関する規約が特にない以上、クリエイティブコモンズライセンスを採用することを黙示に同意していたとまでは、当然には認められません。よって、原著作者の著作権のほうが勝つと考えられます。 - loricamanica 2010-04-26 12:51:06
        • とりあえずクリエイティブ・コモンズ適用不可と付け加えておいた。 - takuge 2010-05-01 11:48:14
名前: