一般的不利な特徴

一般的な不利な特徴一覧 (Mundane Disadvantage)は、普通の人間でもとることができる不利な特徴。生来の、あるいは後天的・自発的に得た欠点・長所で誰もが獲得できる。

一般的不利な特徴一覧

この一覧は、不利な特徴一覧のうち、 一般的不利な特徴 のみを集めた一覧です。
表の「精神/肉体/社会」の列は、その不利な特徴が「精神的」「肉体的」「社会的」不利な特徴であるかどうかを示しています。「特殊」は、その不利な特徴が一般的不利な特徴かつ特殊的不利な特徴であることを示しています。無記名「-」は「一般的不利な特徴」であることを示しています。
原書名および原書ページとは『GURPS Basic Set: Characters』での原書での呼び名と掲載ページ名を示しています。

特徴名 精神

肉体

社会
特殊 消費CP ページ 原書名 原書ページ 備考
~~に敏感 肉体 - さまざま p.118 Susceptible P.158
TLが低い 精神 - -5/キャンペーンのTL-1 p.118, 24 Low TL P.143, 22
悪臭 肉体 - -10 p.118 Bad Smell P.124
悪夢 精神 - -5* p.118 Nightmares P.144-145
握力が弱い 肉体 - -5/レベル p.118 Bad Grip P.123 マニピュレーターの性能が悪い」と組み合わせることはできない。
足手まとい 社会 - さまざま p.119-120 Dependents P.131
アルコール中毒 肉体 - -15/-20 p.120 Alcoholism P.122-123
アルコールに弱い 肉体 - -1 p.160 Alcohol Intolerance P.165 くせ」。
異種族愛好 精神 - -10* p.120 Xenophilia P.162
異常潔癖症
(汚れ恐怖症)
精神 - -10* p.127-128 Mysophobia
(Dirt)
P.149 汚れ恐怖症の別名。「恐怖症」」を参照。
異人恐怖症 精神 - -15* p.127-128 Xenophobia
(Strange and Unknown Things)
P.150 恐怖症」を参照。
偉大な誓い 精神 - -15 p.141 Great Vow P.160-161 誓い」を参照。
痛みに弱い 肉体 - -10 p.121 Low Pain Threshold P.142
胃腸が弱い 肉体 - -1 p.160 Nervous Stomach P.165 くせ」。
一般人を傷つけない 精神 - -10 p.151-152 Cannot Harm Innocents P.148 平和愛好」を参照。
イヌ恐怖症 精神 - -5* p.127-128 Cynophobia
(Dogs)
P.149 恐怖症」を参照。
命知らず 精神 - -15* p.121 On the Edge P.146-147
嫌な行動 精神 - -5/-10/-15 p.121, 23 Odious Personal Habits P.146, 22
内気 精神 - -5/-10/-20 p.121 Shyness P.154
宇宙酔い 肉体 - -10 p.121 Space Sickness P.156
うつ 精神 - -15* p.122 Chronic Depression P.126
移り気 精神 - -10* p.122 Short Attention Span P.153
うるさい 肉体 - -2/レベル p.122 Noisy P.146
遠視 肉体 - -25 p.137 Farsighted P.123 視力が悪い」を参照。
大きな誓い 精神 - -10 p.141 Major Vow P.160-161 誓い」を参照。
臆病 精神 - -10* p.122 Cowardice P.129
お節介 精神 - -1 p.158 Nosy P.164 くせ」。「好奇心」の弱い形。
思いやり豊か 精神 - -1 p.158 Responsive P.164 くせ」。「慈悲深い」の弱いケース。『R&R SP2』では「創造力豊か」という誤訳がある。
怪物 社会 - -15 p.134-135 Monster P.155-156 社会的弱者」を参照。
怪物恐怖症 精神 - -15* p.127-128 Teratophobia
(Monsters)
P.150 恐怖症」を参照。
怪物的 肉体 - -20 p.156, 22-23 Monstrous P.123, 21 容貌」を参照。「超常的な特性」と併用することはできない。
海洋恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Thalassophobia
(Oceans)
P.150 恐怖症」を参照。
快楽を感じない 肉体 - -15 p.123 Killjoy P.140-141
解離性同一性障害 精神 - -15* p.145 Split Personality P.156 Split Personalityの特徴名として、精神医学上のある種の病名をあてた訳語。GURPS第4版で採用されている「統合失調症」よりも正しい訳とされているが、特徴の効果に即した「多重人格」がより適切な訳であるとの指摘もある。GURPS第3版文庫版では「精神分裂」、完訳版では「多重人格」と訳されていた。
会話できない 肉体 - -15/-25 p.123 Cannot Speak P.125 説明に「発生できない」を含む。
学習できない 精神 - -30 p.123 Cannot Learn P.125
画像を処理できない 精神 - -10 p.123 Non-Icongraphic P.146
加速に弱い 肉体 - -1 p.160 Acceleration Weakness P.165 くせ」。
片腕 肉体 - -20 p.123 One Arm P.147
片手 肉体 - -15 p.123 One Hand P.147
片目 肉体 - -15 p.124 One Eye P.147
価値ある財産 社会 - -10 p.134-135 Valuable Property P.155-156 社会的弱者」を参照。
ガニマタ 肉体 - -1 p.160 Bowlegged P.165 くせ」。『R&R SP2』では「O脚」と訳されている。説明内容としては、蟹股が相応しい。O脚は膝頭が内側に向くので、蟹股とは逆方向に脚が向く症状。
下半身不随 肉体 - -30 p.152 Paraplegic P.141-142 歩行障害」を参照。
頑固 精神 - -5 p.130 Stubbornness P.157 高慢」の適切な訳?
かんしゃく 精神 - -10* p.124 Bad Temper P.124
感情が顔に出る 精神 - -10 p.124 Easy to Read P.134
感情を理解できない 精神 - -20 p.124 Low Empathy P.142 有利な特徴「共感」をとることができない。「冷淡」「鈍感」と同時にとることはできない。
完全記憶喪失 精神 - -25 p.124-125 Total Amnesia P.123 記憶喪失」を参照。
感染症 肉体 - -5 p.124 Social Disease P.155
完全非暴力 精神 - -30 p.151-152 Total Nonviolence P.148 平和愛好」を参照。
記憶喪失 精神 - -10/-25 p.124-125 Amnesia P.123 説明に「部分記憶喪失」「完全記憶喪失」を含む。
機械恐怖症 精神 - TL4以下で-5*, TL5以上で-15* p.127-128 Technophobia
(Machinery)
P.150 恐怖症」を参照。
儀式主義 精神 - -5 p.138 Ritualism P.132 信仰による規律」を参照。
肉体 - -5 p.125 Wounded P.162 R&R SP2』では「消えない傷」と訳されている。
傷の回復が遅い 肉体 - -5/レベル p.125 Slow Healing P.155
吃音 肉体 - -10 p.125 Stuttering P.157 読みは「きつおん」。
義務感 精神 - -2~-20 p.125 Sense of Duty P.153
気持ち悪いものが嫌い 精神 - -10* p.125 Squeamish P.156
脚部一部喪失 肉体 - -20 p.152 Missing Legs P.141-142 歩行障害」を参照。
脚部一部損傷 肉体 - -10 p.152 Crippled Legs P.141-142 歩行障害」を参照。
嗅覚・味覚喪失 肉体 - -5 p.125 No Sense of Smell/Taste P.146 R&R SP2』では「味覚・嗅覚障害」と訳されている。
教育されていない 社会 - -5 p.134-135 Uneducated P.155-156 社会的弱者」を参照。
強迫観念 精神 - -5~-15* p.125-127 Compulsive Behavior P.128-129 強迫行為」と訳すべき名称の誤訳。『R&R SP2』では「病的な行動」と訳されている。
強迫行為 精神 - -5~-15* p.125-127 Compulsive Behavior P.128-129 強迫観念」の適切な訳。『R&R SP2』では「病的な行動」と訳されている。
恐怖症 精神 - さまざま* p.127-128 Phobias P.148-150 説明に「孤独恐怖症」「血液恐怖症」「ネコ恐怖症」「群集恐怖症」「暗闇恐怖症」「死体恐怖症」「汚れ恐怖症」(「異常潔癖症」)「イヌ恐怖症」「閉所恐怖症」「炎恐怖症」「高所恐怖症」「昆虫恐怖症」「騒音恐怖症」「機械恐怖症」「魔法恐怖症」「怪物恐怖症」「"13"恐怖症」「海洋恐怖症」「広場恐怖症」「超能力恐怖症」「爬虫類恐怖症」「性恐怖症」「尖端恐怖症」「クモ恐怖症」「異人恐怖症」「太陽恐怖症」「武器恐怖症」を含む。
狭量 精神 - さまざま p.128 Intolerance P.140
極度の肥満 肉体 - -5 p.128, 20 Very Fat P.160, 19
巨人症 肉体 - 0 p.128, 21 Gigantism P.137, 20
去勢 肉体 - -1 p.160 Neutered P.165 くせ」。「去勢/無性」を参照。単純な「生殖不能」とは異なる。GURPS第3版では「性的不能」という不利な特徴だった。
去勢/無性 肉体 特殊 -1 p.160 Neutered or Sexless P.165 くせ」。説明に「去勢」「無性」を含む。単純な「生殖不能」とは異なる。GURPS第3版では「性的不能」という不利な特徴だった。
嫌い 精神 - -1 p.158 Dislikes P.164 くせ」。「恐怖症」に例示されているような対象を、単に嫌うに対象した不利な特徴。
近視 肉体 - -25 p.137 Nearsighted P.123 視力が悪い」を参照。
禁欲主義 精神 - -15 p.138 Asceticism P.132 信仰による規律」を参照。
くいしんぼ 精神 - -5* p.128 Gluttony P.137
クモ恐怖症 精神 - -5* p.127-128 Arachnophobia
(Spiders)
P.150 恐怖症」を参照。
暗闇恐怖症 精神 - -15* p.127-128 Scotophobia
(Darkness)
P.149 恐怖症」を参照。
群集恐怖症 精神 - -15* p.127-128 Demophobia
(Crowds)
P.149 恐怖症」を参照。
痙攣発作 肉体 - -30 p.128 Epilepsy P.136
けちんぼ 精神 - -10* p.128-129 Miserliness P.144
血液恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Hemophobia
(Blood)
P.149 恐怖症」を参照。
血友病 肉体 - -30 p.129 Hemophilia P.138
幻聴 精神 - -5~-15 p.129-130 Phantom Voices P.148
好奇心 精神 - -5* p.130 Curious P.129
高所恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Acrophobia
(Heights)
P.150 恐怖症」を参照。
好色 精神 - -15* p.130 Lecherousness P.142
高慢 精神 - -5 p.130 Stubbornness P.157 頑固」が適切な訳?
強欲 精神 - -15* p.130 Greed P.137
心が広い 精神 - -1 p.158 Broad-Minded P.163 くせ」。「異種族愛好」の弱い形。
腰が低い 精神 - -1 p.158 Humble P.164 くせ」。「私心がない」の弱い形。
誇大妄想 精神 - -10 p.130 Megalomania P.144
孤独恐怖症 精神 - -15* p.127-128 Autophobia
(Being Alone)
P.149 恐怖症」を参照。
孤独好き 精神 - -1 p.158 Uncongenial P.165 くせ」。「人嫌い」の弱い形。『R&R SP2』では「孤高」と訳されている。
凝り性 精神 - -1 p.158 Attentive P.163 くせ」。『R&R SP2』では「注意深い」と訳されている。
恐がり 精神 - -2/レベル p.130 Fearfulness P.136 恐怖を感じない」と同時にとることはできない。
昆虫恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Entomophobia
(Insects)
P.150 恐怖症」を参照。
最悪 肉体 - -16 p.156, 22-23 Hideous P.123, 21 容貌」を参照。
罪悪感 精神 - -5 p.130-131 Guilt Complex P.137 R&R SP2』では「責任感」と誤訳されている。
財産 社会 - さまざま p.131, 27 Wealth P.161, 25-26 説明に「どん底」「赤貧」「貧乏」「標準」を含む。
才能がない 精神 - -1 p.158 Imcompetence P.164 くせ」。
ささいな障害 肉体 - -1 p.160 Minor Handicaps P.165 くせ」。「歩行障害」の弱いレベル「膝が弱い」などのささいな障害。
察しが悪い 精神 - -10 p.131 Clueless P.126-127
サディスト 精神 - -15* p.131 Sadism P.152
残忍 精神 - -10* p.131 Bloodlust P.125
視界制限 肉体 - -15/-30 p.131-132 Restricted Vision P.151 説明に「側面が見えない」「視野狭窄」を含む。
視覚障害 肉体 - -50 p.132 Blindness P.124-125 超人的な視覚能力を取ることはできない。「赤外線視覚」「紫外線視覚」のうち0CPのもののみ取ることができる。
時間酔い 肉体 - -10 p.132 Timesickness P.158 R&R SP2』では「時空酔い」と訳されている。
色覚異常 肉体 - -10 p.132 Colorblindness P.127 R&R SP2』では「色盲」と訳されている。
四肢不全 肉体 - -80 p.132 Quadriplegic P.150 全脚損傷」(「歩行障害」)「マニピュレーターがない」(「マニピュレーターの性能が悪い」)の不利な影響をすべて受ける。
自信過剰 精神 - -5* p.132 Overconfidence P.148
私心がない 精神 - -5* p.132 Selfless P.153
自信喪失 精神 - -10 p.132-133 Low Self-Image P.143 R&R SP2』では「自信過小」と訳されている。
自尊心が強い 精神 - -5* p.133 Selfish P.153 R&R SP2』では「わがまま」と訳されている。
死体恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Necrophobia
(Death and Dead)
P.149 恐怖症」を参照。
嫉妬 精神 - -10 p.133 Jealousy P.140
死にやすい 肉体 - -2/レベル p.133 Easy to Kill P.134
死の秒読み 肉体 - -50/-75/-100 p.133 Terminally Ill P.158
慈悲深い 精神 - -15* p.133 Charitable P.125
使命 社会 - さまざま p.133-134 Duty P.133-134
社会的弱者 社会 - -5~-20 p.134-135 Social Stigma P.155-156 説明に「重犯罪歴」「絶縁」「破門」「必須の技能を知らない」「未成年」「小数派」「怪物」「二等市民」「被支配種族」「教育されていない」「価値ある財産」を含む。
視野狭窄 肉体 - -30 p.131-132 Tunnel Vision P.151 視界制限」を参照。
社交的 精神 - -10 p.135, 149 Gregarious P.137, 126 人なつっこい」を参照。
借金 社会 - -1/レベル p.135, 28 Debt P.129, 26
醜悪 肉体 - -8 p.156, 22-23 Ugly P.123, 21 容貌」を参照。
習慣や表現 精神 - -1 p.158 Habits or Expressions P.164 くせ」。『R&R SP2』では「習慣」と訳されている。
"13"恐怖症 精神 - -5* p.127-128 Triskaidekaphobia
(Number 13)
P.150 恐怖症」を参照。
修道院生活 精神 - -10 p.138 Monasticism P.132 信仰による規律」を参照。
執念 精神 - -1/-5/-10* p.136, 158 Obsession P.146, 164 -1CPの場合「くせ」として扱う。合理的で特殊でない「執念」をくせのレベルでとることができる。
重犯罪歴 社会 - -5 p.134-135 Criminal Record P.155-156 社会的弱者」を参照。
重力変化に弱い 肉体 - -10/-20 p.136 G-Intolerance P.137 R&R SP2』では「重力に弱い」と訳されている。
遵法精神 精神 - -10* p.136 Honesty P.138-139 R&R SP2』では「誠実」と訳されている。GURPS第3版でも「誠実」と訳されていた。
正直 精神 - -5* p.136-137 Truthfulness P.159
小人症 肉体 - -15 p.137, 21 Dwarfism P.134, 19-20
少数派 社会 - -10 p.134-135 Minority Group P.155-156 社会的弱者」を参照。
消費が多い 肉体 - -10/レベル p.137 Increased Consumption P.139
食事制限 肉体 - -10~-40 p.137 Restricted Diet P.151
触覚がない 肉体 - -20 p.137 Numb P.146
知らぬふり 精神 - -1 p.158 Staid P.164 くせ」。「無関心」の非常に弱い形。『R&R SP2』では「落ち着き」と訳されている。
視力が悪い 肉体 - -25 p.137 Bad Sight P.123 説明に「近視」「遠視」を含む。
神経疾患 肉体 - さまざま p.137-138 Neurological Disorder P.144
信仰による規律 精神 - -5~-15 p.138 Disciplines of Faith P.132 説明に「禁欲主義」「修道院生活」「神秘主義」「儀式主義」を含む。
深視力欠乏 肉体 - -15 p.138 No Depth Perception P.145 片目」と両方の特徴をとることができない。
神秘主義 精神 - -10 p.138 Mysticism P.132 信仰による規律」を参照。
睡眠過剰 肉体 - -2/レベル p.138 Extra Sleep P.136
数学障害 精神 - -5 p.138-139 Innumerate P.140 この分野「数学能力」における「才能がない」を持っているとみなされる。
好き 精神 - -1 p.158-159 Likes P.164 くせ」。『R&R SP2』では「好み」と訳されている。
性恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Coitophobia
(Sex)
P.150 恐怖症」を参照。
精神分裂 精神 - -15* p.145 Split Personality P.156 Split Personalityの訳語としてGURPS第3版文庫版で採用されていた訳語だが、特徴の効果が実際の統合失調症(精神分裂は統合失調症の旧称)の症状と明らかに異なるため、誤訳とされている。GURPS第3版完訳版では「多重人格」と訳されていた。
赤貧 社会 - -15 p.131, 27 Poor P.161, 25-26 財産」を参照。
積極的には殺さない 精神 - -5 p.151-152 Reluctant Killer P.148 平和愛好」を参照。
絶縁 社会 - -5/-10 p.134-135 Disowned P.155-156 社会的弱者」を参照。
背骨が悪い 肉体 - -15/-25 p.139-140 Bad Back P.123
全脚喪失 肉体 - -30 p.152 Legless P.141-142 歩行障害」を参照。
専守防衛 精神 - -15 p.151-152 Self-Defense Only P.148 平和愛好」を参照。
尖端恐怖症 精神 - TL5以下で-15*, TL6以上で-10* p.127-128 Aichmophobia
(Sharp Things)
P.150 恐怖症」を参照。
戦闘硬直 肉体 - -15 p.140 Combat Paralysis P.127 反対の特徴である「戦闘即応」と同時に両方をとることはできない。
戦闘後硬直 精神 - -5* p.140 Post-Combat Shakes P.150
躁鬱 精神 - -20 p.140 Manic-Depressive P.143-144
騒音恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Brontophobia
(Loud Noises)
P.150 恐怖症」を参照。
創造力がない 精神 - -5 p.140 Hidebound P.138
側面が見えない 肉体 - -15 p.131-132 No Peripheral Vision P.151 視界制限」を参照。
そそっかしい 肉体 - -5/-15 p.140-141 Klutz P.141-142 説明に「破滅的にそそっかしい」を含む。
怠惰 精神 - -10 p.141 Laziness P.142
太陽恐怖症 精神 - -15* p.127-128 Heliophobia
(Sun)
P.150 恐怖症」を参照。
多重人格 精神 - -15* p.145 Split Personality P.156 特徴名Split Personalityを、人格が多重になるという効果に即して訳したもので、GURPS第3版完訳版で採用されていた訳語。GURPS第4版で採用されている「統合失調症」よりも正しい訳とされているが、現実の精神医学で用いられている病名である「解離性同一性障害」がより正確な訳であるとの指摘もある。GURPS第4版では「統合失調症」と訳されており、GURPS第3版文庫版では「精神分裂」と訳されていた。
騙されやすい 精神 - -10* p.141 Gullibility P.137 <嘘発見>技能を修得することが出来ない。
地位 社会 - -5/レベル p.141, 30 Status P.156, 28-29
小さな誓い 精神 - -5 p.141 Minor Vow P.160-161 誓い」を参照。
誓い 精神 - -1/-5~-15 p.141, 159 Vow P.160-161, 165 説明に「小さな誓い」「大きな誓い」「偉大な誓い」を含む。-1CPのささいな「誓い」は「くせ」として扱う。
注意散漫 精神 - -1 p.159 Distractible P.164 くせ」。「くせ」のレベルの「移り気
中毒 精神

肉体
- さまざま p.141-142 Addiction P.122, 164,P.165 くせ」のレベルの「中毒」は「弱い中毒」。
聴覚障害 肉体 - -20 p.142 Deafness P.129
超能力恐怖症 精神 - 超能力が当たり前の世界で-15*
超能力が知られていない世界で-10*
超能力が本質的に未知の世界で-5*
p.127-128 Psionophobia
(Psionic Powers)
P.150 恐怖症」を参照。
直情 精神 - -10* p.142 Impulsiveness P.139
つきあいがよい 精神 - -1 p.159 Congenial P.164 くせ」。「人なつっこい」よりも穏やかな段階。『R&R SP2』では「愛想」と訳されている。
社会 - さまざま p.143-144 Enemies P.135
適応能力がない 精神 - -10* p.144 Confused P.129 R&R SP2』では「困惑」と訳されている。
手先が不器用 肉体 - -5/-10 p.144 Ham-Fisted P.138 正反対に位置する「手先が器用」と両方を同時にとることはできない。
統合失調症 精神 - -15* p.145 Split personality P.156 Split Personalityの訳語としてGURPS第4版で採用されている訳語だが、特徴の効果が実際の統合失調症の症状と明らかに異なるため、誤訳とされている。GURPS第3版文庫版では「精神分裂」、完訳版では「多重人格」と訳されていた。
盗癖 精神 - -15* p.145-146 Kleptomania P.141
トリックスター 精神 - -15* p.146 Trickster P.159
奴隷根性 精神 - -40 p.146 Slave Mentality P.154
トレードマーク 精神 - -1/--5~-15 p.146, 159 Trademark P.159, 164 -1CPの「トレードマーク」は「くせ」として扱う。
鈍感 精神 - -5 p.146 Oblivious P.146
どん底 社会 - -25 p.131, 27 Dead Broke P.161, 25-26 財産」を参照。
仲間意識が強い 精神 - -1 p.159 Chauvinistic P.163 くせ」。「狭量」の弱い形。『R&R SP2』では「同族外差別」と訳されている。
難聴 肉体 - -10 p.146 Hard of Hearing P.138
難読症 精神 - -10 p.147 Dyslexia P.134
似た人がいる 肉体 - -5 p.147, 23 Mistaken Identity P.144, 21-22
二等市民 社会 - -5 p.134-135 Second-Class Citizen P.155-156 社会的弱者」を参照。
寝起きが悪い 肉体 - -5 p.147 Slow Riser P.155
ネコ恐怖症 精神 - -5* p.127-128 Ailurophobia
(Cats)
P.149 恐怖症」を参照。
猫背 肉体 - -10 p.147 Hunchback P.139
熱狂 精神 - -15 p.147 Fanaticism P.136
眠りが浅い 肉体 - -5 p.148 Light Sleeper P.142
乗り物酔い 肉体 - -10 p.148 Motion Sickness P.144
バーサーク 精神 - -10* p.148-149 Berserk P.124
爬虫類恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Herpetophobia
(Reptiles)
P.150 恐怖症」を参照。
発声できない 肉体 - -25 p.149, 123 Mute P.144, 125 会話できない」を参照。
発想マニア 精神 - -1 p.159 Imaginative P.164 くせ」。『R&R SP2』では「発想力」と訳されている。
破滅的にそそっかしい 肉体 - -15 p.149, 140-141 Total Klutz P.159, 141-142 そそっかしい」を参照。
破門 社会 - -5/-10 p.134-135 Excommunicated P.155-156 社会的弱者」を参照。
火が好き 精神 - -5* p.149 Pyromania P.150 GURPS第3版では「放火魔」と訳されていた。
非殺 精神 - -15 p.151-152 Cannot Kill P.148 平和愛好」を参照。
被支配種族 社会 - -20 p.134-135 Subjugated P.155-156 社会的弱者」を参照。「二等市民」「価値ある財産」の影響の両方を受ける。
非常に不健康 肉体 - -15 p.149, 150 Very Unfit P.160 不健康」を参照。
必須の技能を知らない 社会 - -5/技能 p.134-135 Ignorant P.155-156 社会的弱者」を参照。
人が変わる 精神 - -1 p.159 Personality Change P.164 くせ」。「解離性同一性障害」または「多重人格」(Split Personality、「統合失調症」は誤訳)の弱いレベル。『R&R SP2』では「豹変」と訳されている。
人嫌い 精神 - -5* p.149 Loner P.142
人なつっこい 精神 - -5/-10 p.149 Chummy P.126 説明に「社交的」を含む。
肥満 肉体 - -3 p.149, 20 Fat P.136, 19
秘密 社会 - -5/-10/-20/-30 p.150 Secret P.152-153
秘密の身元 社会 - さまざま p.150 Secret Identity P.153
標準 社会 - 0 p.131, 27 Average P.161, 25-26 財産」を参照。
広場恐怖症 精神 - -10* p.127-128 Agoraphobia
(Open Spaces)
P.150 恐怖症」を参照。
貧乏 社会 - -10 p.131, 27 Struggling P.161, 25-26 財産」を参照。
武器恐怖症 精神 - -20* p.127-128 Hoplophobia
(Weapons)
P.150 恐怖症」を参照。
不健康 肉体 - -5/-15 p.150 Unfit P.160 説明に「非常に不健康」を含む。
不幸 精神 - -10 p.150 Unluckiness P.160
二日酔いが酷い 肉体 - -1 p.160 Horrible Hangovers P.165 くせ」。『R&R SP2』では「はらぺこ」と誤訳されている。
太りぎみ 肉体 - -1 p.20 Overweight P.148, 19 R&R SP2』では「太り気味」とふりがなが振られている。P.289の一覧では「太りすぎ」と表記されている。
部分記憶喪失 精神 - -10 p.124-125 Partial Amnesia P.123 記憶喪失」を参照。
不眠症 肉体 - -10/-15 p.150-151 Insomniac P.140
フラッシュバック 精神 - さまざま p.151 Flashbacks P.136
平均的 肉体 - 0 p.156, 22-23 Average P.123, 21 容貌」を参照。
閉所恐怖症 精神 - -15* p.127-128 Claustrophobia
(Enclosed Spaces)
P.149 恐怖症」を参照。
平凡な人生 精神 - -10 p.151 Mundane Background P.144
平和愛好 精神 - さまざま p.151-152 Pacifism P.148 説明に「積極的には殺さない」「一般人を傷つけない」「非殺」「専守防衛」「完全非暴力」を含む。
変形部位 肉体 - -1/レベル p.152, 23-24 Unnatural Features P.160, 22
偏執狂 精神 - -10 p.152 Paranoia P.148
放心 精神 - -15 p.152 Absent-Mindedness P.122
歩行障害 肉体 - -10~-30 p.152 Lame P.141-142 説明に「脚部一部損傷」「脚部一部喪失」「全脚喪失」「下半身不随」を含む。
誇り高い 精神 - -1 p.159 Proud P.164 くせ」。「自尊心が強い」の「くせ」のレベル。
保守的 精神 - -1 p.159 Dull P.164 くせ」。「想像力がない」わけではない。
炎恐怖症 精神 - -5* p.127-128 Pyrophobia
(Fire)
P.150 恐怖症」を参照。
魔法恐怖症 精神 - 魔法が当たり前の世界で-15*
魔法が知られていない世界で-10*
"本物"の魔法が未知の世界で-5*
p.127-128 Manaphobia
(Magic)
P.150 恐怖症」を参照。
満月の狂気 精神 - -10 p.153 Lunacy P.143
慢性の痛み 肉体 - さまざま p.153 Chronic Pain P.126
水に浮かない 肉体 - -1 p.160 Cannot Float P.165 くせ」。
未成年 社会 - -5 p.134-135 Minor P.155-156 社会的弱者」を参照。
耳障りな声 肉体 - -10 p.153 Disturbing Voice P.132 正反対となる性質「美声」と同時にとることはできない。
見るもおぞましい 肉体 - -24 p.156, 22-23 Horrific P.123, 21 容貌」を参照。「超常的な特性」と併用することはできない。
無関心 精神 - -5* p.153 Incurious P.140
夢遊病 精神 - -5* p.154 Sleepwalker P.154
名声 社会 - さまざま p.154, 29-30 Reputation P.151, 26-28
名誉重視 精神 - -1/-5~-15 p.154-155, 159 Code of Honor P.127, 163 -1CPの「名誉重視」は「くせ」として扱う。
目立つ外見 肉体 - -1 p.160 Distinctive Features P.165 くせ」。
メンテナンスが必要 肉体 - さまざま p.155 Maintenance P.143
妄想 精神 - -1/-5~-15 p.155-156, 160 Delusions P.130, 164 -1CPのささいな「妄想」は「くせ」として扱う。
やせっぽち 肉体 - -5 p.156, 20 Skinny P.154, 18-19
夜盲 肉体 - -10 p.156 Night Blindness P.144 暗視」「闇視」と同時にとることはできない。
優柔不断 精神 - -10* p.156 Indecisive P.140
ユーモア感覚の欠如 精神 - -10 p.156 No Sense of Humor P.146
指がない 肉体 - -2~-5 p.156 Missing Digit P.144
夢見がち 精神 - -1 p.160 Dreamer P.164 くせ」。『R&R SP2』では「空想家」と訳されている。
用心深い 精神 - -1 p.160 Careful P.163 くせ」。「臆病」の「くせ」のレベル。
容貌 肉体 - さまざま p.156, 22-23 Appearance P.123, 21 説明に「見るもおぞましい」「怪物的」「最悪」「醜悪」「悪い」「平均的」を含む。
汚れ恐怖症
(異常潔癖症)
精神 - -10* p.127-128 Mysophobia
(Dirt)
P.149 恐怖症」を参照。
弱い中毒 精神

肉体
- -1 p.160 Minor Addiction P.164, 165 くせ」。「中毒」のルールで0CPになる精神/肉体依存型のドラッグによる中毒。
弱いものいじめ 精神 - -10* p.156 Bully P.125 R&R SP2』では「乱暴者」と訳されている。
冷淡 精神 - -5 p.157 Callous P.125
ワーカホリック 精神 - -5 p.157 Workaholic P.162
悪い 肉体 - -4 p.156, 22-23 Unattractive P.123, 21 容貌」を参照。