円錐状


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

円錐状 (Cone, えんすいじょう)はGURPS第4版増強(Enhancement)のひとつ。
範囲・拡散攻撃」(『キャンペーン』p.B391)という特殊なルールを用いる。
原文の解説:Cones use special rules; see Area and Spreading Attacks(p.413).

目次

概要

修正 増強
タイプ 攻撃修正
増減値 50+円錐の最大幅1メートルにつき+10%
ページ p.B100
原書表記 Cone
原書ページ P.B103
前提条件 円錐状 」を適用したい特徴に「範囲に効果」「オーラ」「噴射」「白兵攻撃」「速射」「放射」を適用していないこと。

消費CPの増減

攻撃の最大射程における円錐の最大直径をメートル単位で決定する。+50%を基本とし、それに最大直径+1メートルにつき+10%づつ増やす。
原文解説 : Decide on the maximum width of the cone, in yards, at the attack's maximum range. Cone costs +50% plus +10% per yard of maximum width.
攻撃の最大射程における円錐の最大幅をメートル単位で決定する。円錐状のコストは +50% + 最大幅1メートルごとに10%(メートル法に置き換えるルールに基づいて、yardをメートルに置き換えています)。
maximum range = 最大射程
maximum width = 最大幅
範囲・拡散攻撃」(『キャンペーン』p.B391)の解説によると、円錐の最初の幅は1メートル。それが拡散率(rate of spread)に等しい割合で広がってゆく。拡散率は最大幅を最大射程で割ったもの。最大射程100メートル、最大幅5メートルの円錐は、距離20メートル辺り1メートル広がる。60メートルの地点で3メートルの幅。最大幅が5メートルなので、消費CPの増加率は
基本+50%に+10%×5を加えて、
 +50% + (+10%) \times 5 = +100%
になる。

円錐の命中範囲

範囲・拡散攻撃」(『キャンペーン』p.B391)の解説によると、円錐の最初の幅は1メートル。それが拡散率に等しい割合で広がってゆく。拡散率は最大幅を最大射程で割ったもの。最大射程100メートル、最大幅5メートルの円錐は、距離20メートル辺り1メートル広がる。60メートル超えた地点で3メートルの幅。

原文の解説:For instance, a cone with a maximum range of 100 yards and a maximum width of 5 yards would spread by one yard per 20 yards of range; out at 60 yards, it would be three yards wide.

最大射程100メートル、最大幅5メートルの円錐を想定した場合。の射程ごとの円錐
射程
(range)
円錐の幅
(width)
R \leq 20 1
20 < R \leq 40 2
40 < R \leq 60 3
60 < R \leq 80 4
80 < R \leq 100 5

前提条件

円錐状 」を適用したい特徴に「範囲に効果」「オーラ」「噴射」「白兵攻撃」「速射」「放射」を適用していないこと。

適用可能な特徴

範囲に効果」「オーラ」「噴射」「白兵攻撃」「速射」「放射」の増強を適用していない特徴

不可能な組み合わせ

範囲に効果」「オーラ」「噴射」「白兵攻撃」「速射」「放射」と併用することは出来ない。

解説ページ