Q&A GURPS Martial Arts

ここにGURPS Martial Artsよくある質問とその回答を載せましょう。

目次

3版)時代のガープス・マーシャルアーツで強すぎた格闘動作後ろ回し蹴り】は第4版ではどうなりました?


GURPS第4版では Spinning (Attack)というテクニックの一部になりました。そのうちSpinning (Kick)が【後ろ回し蹴り】になりました。
ようするに、GURPS第3版では格闘動作だった【後ろ回し蹴り】は、GURPS第4版ではSpinning Kickというテクニックになったということです。
テクニックになり、レベルが前提技能のレベルを超えることができない制限がついています。つまり、テクニックのレベルを前提技能のレベルと同じにしたあとで、さらにテクニックのレベルを上昇させたければ前提技能のレベルを上昇させるしかないということです。テクニックよりも技能のレベル上げのほうがCPの消費が激しくなりますから以前より負担が増大したということです。テクニックのレベルあげに必要なCPは1、2、3、4CPと1CPずつ上昇で済むけど<空手>のレベル上げは1、2、4、8、12、16CPと徐々に膨れ上がります。

また、Spinning (Attack)は全力攻撃またはCommitted Attack扱いで、防御不能+ダメージ増加または防御ペナルティになります。
GURPS第3版同様に即決勝負に勝てば敵の防御にペナルティを与えるが、フェイントではないのでフェイントの効果と重複することになりました。

GURPS第4版に対応したGURPS Martial ArtsにSpinning Kickがあるけど【回し蹴り】はないよ?

Spinning KickはGURPS第3版時代の【後ろ回し蹴り】に相当します。
一方の【回し蹴り】は【キック】(Kicking)でカバーされるようになりました。
テクニックではなく全力攻撃やCommitted Attackを加えることで強力な蹴りを表現することで【回し蹴り】を再現できるようになりました。