武器

武器 (Weapon)

武器に関する数値

名称 原書名称 備考
TL
(文明レベル、テックレベル)
TL
(Tech Level)
その武器が普及し始める最初のTL。記号に"^"が使われているものは超科学が必要であることを意味し、この品物に必要なTLGMが決定する。「TLが高い」の特徴を持っていない限り、自分のキャンペーンで設定されたTL以下の武器しか買うことができない。
武器 Weapon その武器の一般的な分類。銃に関しては銃弾の直径や口径も記載されている。
ダメージ Damage 剣のような白兵武器、弓のような人力射撃武器は体力がダメージの基準になり、突きダメージ振りダメージに数値をプラスした値で表示される。銃、クロスボウや一部の白兵武器は固定値で表される。
装甲除数
(徹甲除数)
Armor Divisor ダメージの後ろにある括弧で囲まれた数字。この数字で、敵の「防護点」を割ってからダメージを差し引く。(2)なら敵の「防護点」を2で割ってからダメージを差し引く。
ダメージタイプ Damage Type 負傷の種類は攻撃による効果を省略形で表記したもの。
爆発ダメージ Explosion 「叩き」や「焼き」ダメージの後に「爆」と表記がある場合は「爆発ダメージ」である。"3d[2d] 叩き 爆" は爆発によって3dの叩きダメージを与え、さらい飛び散った破片によって2dの切りダメージを与える。
特殊効果 Affliction ダメージのサイコロが記載されていない特殊な武器による攻撃。例えば「HT-3」と記載されてるスタンガンの場合、生命力+防護点-3判定に失敗すると20-生命力秒間朦朧とする。
攻撃範囲 Reach 白兵武器のみの数値。攻撃範囲が2の武器は2メートル先の敵にのみあてることができ、それより近くても遠くても当てることができない。攻撃範囲が"C"の武器は近接戦闘で使用できることを表す(CはClose Combatの頭文字を取っている)。攻撃範囲が"1,2"の武器は1ないし2メートル先の目標に当てることができる。攻撃範囲に*記号がついているものは、扱いにくい武器で、攻撃範囲を変更するのに「準備」が必要であることを意味する。
受け修正 Parry 白兵武器のみの数値。その武器で「受け」を行うときの修正値になる。値が"F"の武器はその武器がフェンシング武器であることを示す。値が"U"の武器はその武器のバランスが悪いことを示し、その武器で攻撃した場合、同じターンに「受け」は使えなくなる。値が"No"の武器は「受け」を行えないことを示す。
正確さ Acc (Accuracy) 長射程武器(Ranged weapon)のみの数値。攻撃前のターンに「狙う」と技能正確さのボーナスを与える。武器に一体型のスコープが付いている場合、例えば正確さ8、スコープによるボーナスが+3の場合、そのスコープのボーナスは基本の正確さの後に "8+3" と記載する。
射程 Range 長射程武器のみの数値。射程にひとつの数値のみが記載されている場合、「最大射程」(Maximum Range)メートルを表し、その距離までにある目標を攻撃できる。"/"記号の後に数値が記載されている場合、1つ目が「ダメージ半減距離」(Half-Damage Range)、2つ目が「最大射程」となる。「ダメージ半減距離」以上の距離にある目標に対してはダメージが半分になり、目標が抵抗の生命力判定を行うときも+3の修正を得る。×10/×15の人力武器(Muscle-Powered Weapon)は「ダメージ半減距離」が使用者の体力の10倍、「最大射程」が使用者の体力の15倍になる。クロスボウ等の機械式の人力武器(Mechanical Artillery)の場合、使用者のかわりにその「武器の体力」(Weapon's ST)で計算する。「最低射程」(Minimum Range)を持つ武器も存在する。
連射 RoF (Rate of Fire) 長射程武器のみの数値。普通の射手がその武器を用いたときに1秒間に撃てる最大の弾数を表す。特別な注釈がない限り、通常はこの数よりも少な弾数(最低1)を撃つこともできる。"!"記号はフルオートでしか撃てず、最低でも基本の連射数の1/4(端数切り上げ)を撃ち出す。"m×n"は1回の攻撃でm回の弾を撃てることを表し、その1発ごとにn個の弾体を撃ち出す。"噴射"(Jet)は、その武器が流体やエネルギーの流れを撃ち出すことを表す。
弾数 Shots 長射程武器のみの数値。その武器が再装填(Reload or Recharge)なしで撃てる弾数。記号"T"はそれが手投げ(thrown)武器であることを意味し"再装填"するには拾い上げるか、新しい武器を準備しなければならない。弾数の後の括弧内の数値は、その武器の装弾数をすべて再装填するのに、その回数だけ1秒間の戦闘行動「準備」(Ready)を行わなければならないことを意味する。手投げ武器の場合は次の武器を準備するのに必要な時間になる。括弧内の数値の後に"i"が付く場合、一発ずつ(individually)再装填しなけれなならないことを表し、括弧内の数値は全弾ではなく1発の再装填にかかる秒数を表す。クロスボウはプロッドは武器の体力が使用者の体力を上回っていない場合のみ、示された時間分(4ターン)の「準備」が必要になる。武器の体力が使用者の体力を1~2上回っていれば「準備」に倍の時間がかかる。武器の体力が3~4上回っている場合、撃鉄を起こすのに20ターンかけて立ち上がりながら"山羊の足" (goat's foot)を使う必要がある。武器の体力が5以上大きければその武器は再装填できない。
価格 Cost 新品の武器の価格。剣、ナイフには、鞘や入れ物(sheath or a scabbard)も価格に含む。銃器には、必要最低限のクリーニングキットを含む。
重量 Weight 武器の重量で、日本語版では単位はkg(キログラム)、原書ではlbs.(ポンド)である。"無視"(negs.) は無視できる(negligible)重量であることを表す。弾数2以上の武器は装填済みの重量になる。/ 記号の後の数字は完全に装填するときの弾薬の重量である。
必要体力 ST (Strength) その武器を使うのに必要最低限の体力を表す。自分の体力必要体力に1点及ばないごとに技能に-1の修正をうけ、疲労するほど戦闘が続いたときに余分に1点の疲労点を失う。白兵武器ダメージを計算するときに用いる体力が武器の最大体力の3倍を超えてはならない。パンチキックなど自然の武器には最低体力も最大体力も存在しない。記号の武器は両手で扱わなければならない武器であることを示す。武器の最低体力の1.5倍以上(端数切上げ)の体力があればその武器を片手で扱うことができるが、攻撃すると非準備状態になる。最低体力の2倍以上の体力で、準備のペナルティなしに片手で扱うことができる。弓やポンプアクション式のショットガンなど片手で武器を保持しもう一方の手で操作するタイプの武器は常に両手が必要。記号の武器は両手で扱わなければならないことを表し、最低体力の1.5倍(端数切上げ)以上の体力なしで攻撃すると非準備状態になる。この武器を非準備状態にせず片手で扱うには3倍の体力が必要。R記号は台(Rest)を使用する銃であることを表し、武器の重量に台の重量を含む。武器を台で安定させるには1回の「準備」が必要だが、安定させて立っている間の狙いを付けた攻撃は、自動的に支えられていることになる。B記号は、バイポッド(bipod)付きの銃であることを示す。バイポッドを使って「伏せ」の姿勢で射撃するときは"支えられている"と見做し必要体力も本来の2/3になる(端数切上げ)。M記号は、その武器が通常は車両や銃架(gun carriage)、トライポッド(tripod)に搭載されている(Mounted)ことを表す。搭載されている状態で射撃する場合は表の「体力」や「扱いやすさ」は無視する。これらの武器の最低体力は、車両などに搭載せずに射撃する場合に適用する。搭載状態からの取り外しや取り付けには最低でも3秒の「準備」動作が必要。クロスボウやプロットにはそれ自身の体力があり、武器の体力で射程やダメージを求める。自分より体力の低いクロスボウはいつでも使うことができるが、自分より体力の高いクロスボウはより大きなダメージを与えられるかわりに装填に時間がかかる。
扱いやすさ Bulk 長射程武器のみの数値。「移動して攻撃」を行なうときの武器技能への修正値になる。その武器を隠そうとするとき<隠蔽>技能へのペナルティにもなる。
反動 Rcl (Recoil) 銃器のみの数値。連射するときのコントロールのし易さを表す。反動の値が高くなるほどコントロールがしにくいことを表す。反動1の武器はほとんど反動がない。2連射以上行う場合の攻撃判定の成功度が反動の倍数になるごとに1発の命中が追加される。命中数は実際に連射した数まで。
合法レベル LC (Legality Class) 銃器手榴弾に関して注意が必要な数値。戦闘用の白兵武器人力長射程武器合法レベルは4。フォースソード合法レベルは2。道具や狩り、娯楽用の武器、完全に間に合わせの武器は合法レベルを無視する。

関連


コメント

名前: