Steve Jackson Games

Steve Jackson Games (スティーブ・ジャクソン・ゲームズ)はテーブルトークRPG GURPS(ガープス)を作った企業。1980年にアメリカのSteve Jackson(スティーブ・ジャクソン)が設立。SJ Games, SJGとも略す。

SOPA、PIPAに対する Steve Jackson Games の抗議活動

2012年1月18-19日、Steve Jackson Games はハリウッドが推進するアメリカの2つの著作権保護法案 Stop Online Piracy Act ( SOPA ) と Protect IP Act ( PIPA ) の反対を表明しており、その抗議活動のためにSteve Jackson Gamesのサイトがブラックアウトし、コンテンツにアクセスできない状態 (This Site Is Down)になったことがありました。そのためGURPSの記事も読めなくなり、e23でGURPSのサプリメントを購入・ダウンロードすることもできない状態にもなりました。2012年1月21日現在は普通にアクセスできます。
この抗議活動には、主に三大ウェブサイト Wikipedia (英語版)GoogleCraigslistが参加しています。
その他、電子フロンティア財団も参加しています。Steve Jackson Gamesは過去に『ガープス・サイバーパンク』に関して、アメリカのシークレットサービスによって、Steve Jackson Gamesの社員がサイバー犯罪を助長する情報をBBSに投稿しているとして強制捜査を受けて損害を受けた過去があり、その結果、それが電子フロンティア財団設立のきっかけになりました。設立に関しての詳細はウィキペディアの記事ガープス・サイバーパンク電子フロンティア財団スティーブ・ジャクソン・ゲームズを参照してください。その電子フロンティア財団がこの抗議活動に参加し、当時シークレットサービスによって損害を受けた過去があるために、Steve Jackson Gamesもこの抗議活動に参加するのも当然といえるでしょう。

この抗議活動に関するニュースは以下のニュース記事を御覧ください。

外部リンク

Steve Jackson Gamesのオフィシャルウェブサイト

ウィキペディア


添付ファイル