荷重基本値


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荷重基本値 (basic Lift, BL , かじゅうきほんち)はGURPS副能力値のひとつ。
目次

概要

体力CPを消費しないときの平均的な値 : 10(kg) (原書ではヤード・ポンド法を用いて 20 lbs)
消費CP : 0
有利な特徴追加荷重体力」に1ポイントあたり3CPを消費することで荷重基本値を上昇させることができる。
能力値の下限 : 0
能力値の上限 : 無限大
片手でものを頭の上まで1秒間持ち上げられる重量の上限 = 荷重基本値(BL)
時間をかけて片手で持ち上げられる重量の上限 = 2×BL
時間をかけて両手を使って持ち上げられる重量の上限 = 8×BL

荷重基本値の計算

荷重基本値BLは原書のルールで作成されたPCと日本語版のルールで作成されたPCとでは、同じ体力 + 追加荷重体力でもヤード・ポンド法とメートル法(正確にはGame Metric)との違いにより値が倍異なる。日本語版のルールで作成されたBLは原書のルールで作成されたBLと比べると半分になる。実際には使われている単位がkg(キログラム重)かlb(ポンド)かの違いによるもので大きな影響はでない。

日本語版のGame Metricを用いた加重基本値の計算

荷重基本値 = ST×ST÷10(kg)
ST体力と同じ。kgはキログラム重。5kg以上は端数を四捨五入。

原書のヤード・ポンド法を用いた荷重基本値の計算

荷重基本値 = ST×ST÷5(lbs)
ST体力と同じ。lbsはポンド(pound)という単位でGURPSでは1lbs = 0.5kgとして扱う。

荷重レベル

荷重基本値の値ごとに荷重レベルが定まっている。「荷重基本値と荷重レベル表」(p.B17)に従い、持ち歩く重量がある一定の値になると荷重レベルが上がり、その分だけ移動力が低下する。


荷重基本値の影響を受ける副能力値


荷重基本値の影響を受ける有利な特徴


荷重基本値の影響を受けるもの

  • 肉体的行動
    • 穴を掘る
      • 柔らかい土、砂など - 鉄や鋼の道具で1時間に30×BLリットル掘ることができる。木製の道具で15×BLリットル。間に合わせの道具で最大7.5×BLリットル。
      • 普通の土 - 鉄や鋼の道具で1時間に15×BLリットル掘ることができる。木製の道具で7.5×BLリットル。間に合わせの道具で最大3.75×BLリットル。
        • 鉄や鋼のピックを使えば60×BLリットル掘ることができる。木製の道具で30×BLリットル。間に合わせの道具で最大15×BLリットル。
      • 硬い土、粘土など - まず1時間当たり30×BLリットルで鉄や鋼のピックで柔らかくする。木製の道具で15×BLリットル。間に合わせの道具で最大7.5×BLリットル。その後、鉄や鋼の道具で1時間に30×BLリットル取り除く。木製の道具で15×BLリットル。間に合わせの道具で最大7.5×BLリットル。1人でピックとシャベルを使う場合、1時間あたり9×BLリットル取り除く。木製の道具で4.5×BLリットル。間に合わせの道具で最大2.25×BLリットル。
      • 硬い岩 - まず1時間当たり15×BLリットルで鉄や鋼のピックで柔らかくする(もっと硬い場合さらに時間がかかる)。木製の道具で7.5×BLリットル。間に合わせの道具で最大3.75×BLリットル。その後、鉄や鋼の道具で1時間に15×BLリットル取り除く。木製の道具で7.5×BLリットル。間に合わせの道具で最大3.75×BLリットル。

判定


解説ページ

第3版

GURPS第3版では体力が荷重基本値の代わりに使われていました。

関連項目