|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

neta2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「調べる」
jimuA
ギコ    「所長の大切な資料が       <br>ぎっしり並んでいる。      」
      「事件の調書や、最近の判例なんかが<br>ファイルされているそうだ。   」
      「事務所を訪れる客たちは、    <br>かならずこの本棚にビビる。   」
jimuB
ギコ    「受付に使っているデスクだ。                     」
      「奥の部屋には所長のデスクがある。<br>なぜか八頭身の時計がおいてある。」
しぃA   「ん? どうしたの?                         」
ギコ    「あの八頭身の時計、       <br>部屋の雰囲気を壊してるぞ?   」
しぃC   「あら? そんなことないわ。                     」
  B   「ギコくんが初めて法廷に立って、 <br>無罪判決を勝ち取った記念品よ。 」
  BW  「大切にかざっておくのは     <br>当然でしょ?          」
      「(‥‥‥なんだか照れるな‥‥‥)                  」
jimuC
ギコ   「来客用の椅子だ。                          」
     「大切な打ち合わせなどは、    <br>隣の部屋のソファーを使っている。」
      「‥‥‥まあ、隣のソファーは、  <br>俺のベッドと化しているが‥‥‥ 」     
jimuD
ギコ    「事務所の照明だ。        <br>かなり明るいものを使用している。」
      「所長いわく、雰囲気を良くするため<br>に明るい照明は欠かせないそうだ。」

mukoujimu
ギコ    「手がかりになるものはない。                     」



「つきつける」

『しぃ』


「弁護士バッジ」
                      ○                 ○
しぃ   A「弁護士になって、        <br>まだ少ししか経ってないけど‥‥ 」
    BW「そのバッジ‥‥         <br>似合うようになってきたわよ。  」
ギコ    「そ、そうか?                            」
しぃ   B「まだ至らないとこもあるけれど‥‥                  」
    BW「くじけずに頑張ってね。     <br>応援しているから。       」
ギコ    「おうよ!                              」

「ふしあなさん」
                      ○                 ○
ギコ  shiC「ふしあなさんのヒミツって何だ?                   」
しぃ  BW「ふふふふふ‥‥‥                          」
     B「マイちゃんがヒミツにしてるのに、<br>私がおしえるわけないでしょ?  」
イモジャ A「ギコにぃ!           <br>楽しみはとっておくものなのじゃ。」
ギコ  maiB「別に楽しみにはしてないけどな‥‥                  」

『しぃ』
                      ○                 ○
しぃ   A「私ってキュートよね。      <br>そう思わない?         」
ギコ  shiB「(所長のデータなんか、     <br> つきつけるんじゃなかった‥‥)」
しぃ  shiE「どういう意味よ!                          」

「流石 妹者」
                      ○                 ○
ギコ  shiA「流石探偵事務所って、今まで聞いた<br>ことなかったなあ。       」
しぃ    「マイちゃんには、お兄さんが2人、<br>お姉さんが1人いるの。     」
ギコ    「家族みんなが法律関係の仕事に  <br>就いているんだったっけ。    」
しぃ   B「探偵事務所の方は、上のお兄さんが<br>経営しているの。        」
     A「下のお兄さんが刑事さん。    <br>お姉さんは科捜研に勤めているの。」
     B「そして、お母さんは       <br>オニ検事さんなのよ。      」
ギコ    「オニ検事ねえ‥‥。                         」
しぃ   A「私が新人の頃、         <br>よく法廷で会ってたの。     」
     D「もうビシビシしごかれたわ。   <br>ギコくんも闘ってみたら?    」
ギコ shiBW 「‥‥やめとくよ。        <br>寿命が縮みそうだ。       」

「西 杏子」
                      ○                 ○
しぃ   A「ギコくんが弁護するヒトって、殺人<br>の容疑をかけられたヒトばかりね。」
ギコ    「そう言われてみれば、そうだよな。                  」
しぃ   B「たまには他の事件も担当してみると<br>いいわよ。           」
     B「ダイジなのは経験だから。    <br>それが実力を上げるための近道よ。」
ギコ shiBW 「経験か‥‥。                            」

「浅墓 章太郎」
                      ○                 ○
ギコ  shiA「被害者についてなんだけど‥‥‥                   」
しぃ  BW「自分でしっかり調べてね。                      」
ギコ    「お、おぅ‥‥。                           」
・『ショボ』

  しぃ「いつも捜査に一生懸命なところが
     いいわよね。」
  ギコ「その割には、苦労が報われてないと
     思うけどな。」
  しぃ「いつもショボーンとしているのが
     いけないのよ。」
  しぃ「もっとシャキーンとするべきよね。
     シャキーンと。」
  ギコ「名前が『ショボ』だから、
     ショボーンとしているべきだろ。」
  ギコ「‥‥ん。」
  ギコ「いつもシャキーンとしていたら、
     名前が『シャキ』になるのかな。」
  しぃ「それはヒジョーに興味がある
     疑問ね。今度本人に聞いてきて。」
  ギコ「‥‥ヒマがあったら、
     聞いておくよ。」


・『フサギコ』

  しぃ「ギコくんのトモダチなんでしょ?」
  ギコ「トモダチになった記憶は
     ないけどな。」
  しぃ「どういう関係なの? ギコくんの
     こと敵対視しているけど。」
  ギコ「まあ、いろいろあってな。
     いつか話すよ。」


・その他のファイル

  しぃ「ごめんなさい。
     よく分からないわ。」
  しぃ「マイちゃんは分かる?」
  妹者「分からないのじゃ。」
  ギコ「そうか‥‥。」





更新履歴

取得中です。