恥子1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恥子 第一章 酢豚

カタカタカタカタカタ

キーボードを軽快にリズミカルに叩く。

カタカタカタカタカタ

今日の私は調子がいい、ノリノリだ。

カタカタカタカタカタ カチッ

書き込みボタンを、クリック。

「任豚って風呂入ってねえんだろ?(^-^;)
くせえんだよお前ら」

そうしてスレッドにレスを一つ刻み込む。更新。
ものの20秒程でレスが付いた、嬉しい。

「それはお前だろ生き恥 さっさと自殺しろ」

お決まりの返答だ、全く馬鹿の名無しは馬鹿の一つ覚えの
馬鹿だから困る。思わずにやける。

顔に掛かった長い髪を手でかき上げ、
なんと返してやろうか思案する。

ベタベタした髪の手触り

前にお風呂入ったのはいつだったっけ・・・

垢じみた手を一瞥し。

「くせー!任豚くせー!任豚のすっぱい臭い
 酢豚くせー!おえっ(^0^)」

そう書き込んだ。
酢豚・・・酢豚・・・

「お前ら論破するのも飽きたし
ちょっとクラブいってギャルハメてくるわ(^-^;)

そして重い腰を上げる。
ドアを開け、階段を降り老いた母の居る居間へと向かう。

「聡子、部屋から出るの珍しいわね。
いい仕事でも見つかった?いい加減働かないと・・・」

「うるさい 酢豚、酢豚が食べたいの、作って」

「酢豚?豚肉無いし・・・夕飯はカレーにしようと思ったんだけど・・・
今煮込んでる最中よ」

そういえばカレーの匂いが漂っている、だけど

「いいから酢豚にして、酢豚酢豚酢豚酢豚!
食べたいんだからさっさとしてよ!」

「しょうがないわね・・・じゃあ中華屋さんで
お持ち帰り買ってくるから・・・」

「あとプリンとポテチもね、コンソメのやつ
買ってきたら部屋にもってきてね」

「母さん近頃腰が痛いのよ・・・たまには
聡子が外に買物いってくれるといいんだけど・・・」

「うるさい」

そう言いきって私はさっさと自分の部屋に戻る。
甘酸っぱい酢豚を想像しながら。
30分後、酢豚とご飯、カレー、それと菓子の入った
ビニール袋を提げた母が部屋に入ってきた。

「聡子、あんたまたペットボトルにおしっこなんて
してるの・・・ちゃんとトイレにしなさいって・・・」

「うるさい!さっさとそれ置いて出てって!
それにカレーなんて頼んでない!下げて」

「一応作ったんだし食べてちょうだい聡子
夏野菜がいっぱい入ってるわよ」

「いらない!うるさい!でてけ!ババア!」

母親を追い出してドアを閉めて鍵を掛ける。
何度叱っても口の減らない母親だ。
何も言わずに私のいう事を聞いていればいいのに。

豚のような体の私は、不機嫌な顔で酢豚をほうばった

「よう任豚、お前らまだやってんの?(^0^)
もう終わった話題蒸し返すなよ(^-^)」

食事を終えすぐさま書き込む。
まるでそのスレッドの主かのように
偉そうに、仕切り屋のようにレスをする。
それが私のやり口だ。
私が中心になるように、レスが沢山付くように。

話題は加熱していた。長文のマジレスが飛び交っている。
私に構うことなくスレッドは進んでいく。
「お前邪魔だよ」とさえ誰もいってくれない。
私は空気。

とたんに寂しい気持ちになる、そして、腹が立つ。
怒りのやり場は新しいスレッドを立てる事。

「なぜ任豚はマルチ商法に引っかかるのか」

そんなタイトルのスレッドを立てた。
中身なんてどうでもいい。ただ煽りに、反応してくれれば
それでいいのだ。

「またメイドオナニーか」 「死ね」 「糞スレ」

そんなレスがポツポツ付いてやがて放置される。
反応が悪い、失敗したか。
苛立ちながら更新をクリックする。
適当に目についたスレッドに煽りをくれて
また更新を繰り返す。
食いついたレスをまた煽り返す。
それだけ 私のやることはそれだけ

それが私の日課 私の楽しみ 私という私