ワークショップ開催のお知らせ 2008年2月16日(土) 於:上智大学 9:45~16:30


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008年2月16日(土)に、上智大学アメリカ・カナダ研究所、地域研究コンソーシアム、上智大学ポルトガル・ブラジル研究センターと共催し、下記のとおりワー クショップを開催することとなりました。

【ワークショップ:日系からNikkeiへ 日系人研究をめぐる新たなるアプローチの模索】


日 時: 2008年2月16日(土)9:45~18:30
会 場: 上智大学中央図書館8階L821
使用言語:日本語・英語
対 象:大学生・大学院生・若手研究者
参加無料
ウェブサイト: http://www29.atwiki.jp/nikkeijin/ (詳細・参加申し込みはこちらからどうぞ)


プログラム


9:45~10:30  開会の挨拶:三田 千代子(上智大学教授)

基調講演
ジェーン・ヤマシロ(上智大学研究員、ハワイ大学大学院)

10:45~12:15 第一部 日系人と戦後
ペルー:仲田 周子(日本女子大学大学院)
カナダ:庭山 雄吉(東京大学大学院)
フィリピン:飯島 真里子(上智大学講師)
コメンテーター:三田 千代子

13:30~15:15 第二部 Nikkeiの構築過程 13:30~15:15
ウーゴ ケーロ(上智大学研究員、カリフォルニア大学大学院)
佃 陽子(東京大学大学院)
渡会 環(上智大学大学院)
コメンテーター:ジェーン・ヤマシロ


本ワークショップでは、日系人研究に興味を持つ、または既に研究をなさってい る学生・若手研究者の方々を対象とし、新たなる日系人研究の可能性を模索する ことを目的としています。これまで、「日系人」は祖国を離れ異国に住みついた日本人とその子孫という一枚岩的な存在として捉えられてきました。また、日系 人研究は移住先の地域研究の枠組みの中で捉えられる傾向にありました。しか し、人や文化が国境を超えて流動し、グローバル化が進む現代社会では、日系人のあり方がますます多様化しています。そこで、本ワークショップでは、研究地 域・時代・ディシプリンが異なる研究者の発表によって、従来の日系人研究を特定の地域やディシプリンの枠組みを超えた研究に発展させることを目指していま す。また、ネットワーキングのパネルは、参加者の皆様が研究・留学・就職など の情報交換を行い、今後の共同研究などの可能性を拓く場を提供する予定です。本ワークショップは、格式ばらずに、皆様が自由な発言・意見交換ができるよう な雰囲気作りを目指していますので、興味のある方は是非ご参加ください。� ��実匸実匸 ☆参加ご希望の方は事前登録(任意)も行っておりますので、ウェブサイトより お申し込みください。
http://www29.atwiki.jp/nikkeijin/


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。