短編詩集

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 僕と指切りしよう?約束なんてないけれど

  • 信じられると 疑いたくなる。

   背を向けられると 追いたくなる。

   愛してくれると 裏切りたくなる。

   何より 大切だから、矛盾する。


  • 人は皆 罪人で、だからこそ 美しいこの世界

    なんて 謳(うた)い文句。


  • 発車してしまった列車は、

   私の吐息も消す程の冷たさのくせに

   あなたの体温を乗せて 揺れているなんて。


  • 綺麗な環境に憧れて、綺麗な花を買ってきた。

   でも 結局 私たちは汚い人間だから。

   綺麗に咲かせてあげることが できないんだ。



―――――――――――――――――――――――――

《コメント》という名の謝罪。

まず へぼい詩 置いてごめんなさい。

そして 読んでくださりありがとうごじゃります。

感想 待ってるでごじゃる(どこの人ですか?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
ここは 彩の詩や小説を載せる場所です。


回覧は ご自由です。
書き込みは 許可された方のみとさせて頂きます。

感想や 質問 リクエストなどは専用BBSにお願いいたします。
それでは 楽しんでくださることを 願って。


ページ一覧で 読みたいものを選んでねvv