神様童話。(秘密のお話)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神様童話~秘密のお話~


神様は ずっと独りぼっちでした。

哀しくて、寂しくて、その涙で必死に

アダムを創りだしました。

独りではなくなった神様は 自分の失敗に気付かずに

喜びに暮れていました。


でも、アダムは神様とは違う生き物です。

心が異性への愛を求めていました。

その心には 誰も気が付きません。

神様も 求めていたのかもしれません。

そして アダムのあばら骨から

イヴが誕生しました。

綺麗で 気高く 気品にあふれていたイヴを

愛しく思うのは当然なのでしょう。

だから この世界の誰も わからなかった。

あの酷く哀しい 秘話を。


天界の片隅で 静かに3人で暮らしていました。

完璧な知恵を持っている神様を恐れることなく

3人だけの楽しい空間でした。


だけど、神様はわからなかった。

自分の創った人間というものが どのようなものなのか。

だから 実験をしました。

天界に 禁断の果実を置き、悪魔の蛇も潜ませて。



案の定イヴは蛇の甘い誘いに乗って禁断を犯してしまった。


焼付けの知恵を手にした2人は

自分と神様が違う生き物ということと、

自分達は愛し合ってもいいということがわかってた。

そして 愛し合った2人を下界に下ろしました。

物語は 終わりを告げて去っていくはずなのに、

神様の心だけが まだ残っていました。


自分といても2人は本当の幸せを手にできない。

神様が悪者になることで幸せになれるなら、

喜んで 独りを選んだのだろう。

神様は また 独りぼっちになりました。


誰も知らない話は まだ あなたの中で続いていて、

終わることはないかもしれません。


――――――――――――――――――――――――

《あとがき》

神様童話。にある 1つの詩から・・・。

ちょっと ごちゃごちゃしてますねー(急いでたから(>c_<汗)

あたしは決して信者じゃ あーりーまーせーん(なんか主張


キリ番で 水城ちゃんだけフリーです。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
ここは 彩の詩や小説を載せる場所です。


回覧は ご自由です。
書き込みは 許可された方のみとさせて頂きます。

感想や 質問 リクエストなどは専用BBSにお願いいたします。
それでは 楽しんでくださることを 願って。


ページ一覧で 読みたいものを選んでねvv