君のエゴ・僕のウソ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はーいはーい ちょっとアブナイ発言があるので

そうゆうのいやな方は お戻りください。

苦情は受け付けません。(断固として!!









どれほど待ち望んでいたのか この快感を。

君を手に入れる以上の 幸福があってたまるか。

紅く染める首筋を、紅潮する頬も。

今も いつでも 求めてる。君を。

すべて 君だから愛しいと思うんだ。



全部 あげるから 身体も心も 全部。

だから あなたを教えて。私の身体に教え込んで。

一生忘れられない 狂喜の傷を付けて。

突き上げて、貫いて、離さないで。

あなただけを恋しいと思うんです。



わがまま。

うそ。

いじわる。

どうしようもないくらいの甘味。


嘘みたいな言葉で 君を包んでも満たされることはなく。


我侭を貫きとうしても 何もない喪失感。


美しくもない欲望を。   終わりのない愛情を。

ウソで固めて、エゴで包んで。

知らない世界を その凶器で見せて。


――――――――――――――――――――――――――――――――

《あとがき》

ちょっと!ちょっと!!

これ子供が見ちゃいけないんではないかい??

危なげ・・・。(っというか あたしが危ないよ!!

やばーいやばーい  これ年齢制限とかしたほうがいいのかなぁ?(まじで!?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
ここは 彩の詩や小説を載せる場所です。


回覧は ご自由です。
書き込みは 許可された方のみとさせて頂きます。

感想や 質問 リクエストなどは専用BBSにお願いいたします。
それでは 楽しんでくださることを 願って。


ページ一覧で 読みたいものを選んでねvv