死ぬまでにしたい10のこと 5

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 死ぬまでにしたい10のこと

5、手紙を書く。


昴と別れて 帰路についてるとき、ふいに思った。

鷹倉先輩は どうしてるだろう?

違う。 鷹倉先輩は私が死んだ後 どうするんだろう・・・

引きずっちゃうかな?悲しむかな?泣いてくれるかな?


結構 身近にあった 鷹倉先輩との永遠の別れは、

昴と同じように さっぱりとはしなかった。


考えるほどに 暗い沼のどん底に堕とされていく。

言葉でなんか この気持ちを表現したくない。

こんな汚い世界にどうして生まれてきてしまったんだろう。

人々が踏んでいった道を通る方法しか知らないよ。

だから 死ぬなんて考えてもいなかった。


こんなに鷹倉先輩を大切なことも気付かなかったかもしれない。


『何年後かに あなたはきっと幸せな家庭を築いているでしょう。 私のことは忘れているのかもしれないね。・・・・・』


手紙を書くよ。あなたが幸せになってきたころ、ちょうど届くように。

中学を卒業して、高校、大学は行くのかな?

夢に目指して精一杯頑張れる 亮だから、

あっという間に 大きな存在になってしまうんだろうね。


一番近くで その光景を見たかったのにな・・・。


あと 2週間の命。


――――――――――――――――――――――――

《あとがき》

何か降りてきたかも!!

頭が冴えてる☆どんどん進むよ!!

やっとこさ5話目だけどね・・・ 遠い目

さぁ リアルタイムで発見した人は もう1話UPするかも?


メール

urutoramarinn200@yahoo.co.jp

                            9月9日 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
ここは 彩の詩や小説を載せる場所です。


回覧は ご自由です。
書き込みは 許可された方のみとさせて頂きます。

感想や 質問 リクエストなどは専用BBSにお願いいたします。
それでは 楽しんでくださることを 願って。


ページ一覧で 読みたいものを選んでねvv