死ぬまでにしたい10のこと 1

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死ぬまでにしたい10のこと  

1、両親に逢いにいく。


夏の夜 暑苦しくて目を覚ました。

冷蔵庫のミネラルウォーターを一口飲んで 

布団にもたれた。        なぜ、

こんなにも 満たされないのだろう。

幸せなはずなのに・・・。


次の日 やっぱり 体調は優れなく、仕方なく病院へ

行った。               胸が苦しい。


「君の  家族は?」

「・・・え?  私じゃダメなんですか?」

「いや・・・いいんだけどね・・・」

はっきりしない  医師は言った。

「急性の心臓病だよ。 あと 1ヶ月だ。」

哀しそうな目で。


「そうですか」


------------------------


暑い日は いまだに続いている。

あの日から 私の胸は苦しいままで。

「お父さん、お母さん。

ごめんね。せっかく 生んでくれたのに。」

涼しい風が 吹いた。

私を優しく撫でて  遠くに。


「ごめんね。ありがとう・・・。」



愛してくれて ありがとう。

墓石の前で 笑った。

空も風も太陽も 笑ってくれた。

まるで 私の命が 永遠に続きそうに。




――――――――――――――――――――――――

《あとがき》

始まりました。始まっちゃいましたよ!みさきたん。

皆さんの反応が 楽しみだよう!!

ラストは 皆さんが感動してくれるように(しないよ

頑張りますので・・・応援してほしいなぁー(甘えるな!


メール urutoramarinn200@yahoo.co.jp

感想はメールでもOKです。

質問、誤字、希望(できるかわかんないけど)なんでもこい!

件名は わかりやすくいれてもらえるとうれしいです。

返信 希望の方は絶対 「返信希望」と書いてね☆




  

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
ここは 彩の詩や小説を載せる場所です。


回覧は ご自由です。
書き込みは 許可された方のみとさせて頂きます。

感想や 質問 リクエストなどは専用BBSにお願いいたします。
それでは 楽しんでくださることを 願って。


ページ一覧で 読みたいものを選んでねvv