※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

21年度定期総会

21年度における定期総会の資料および内容を記録します。



私にとっての子供劇場-こどもの状況に代えて-

この冒頭の文章や「げきじょうニュース」を通じて、私の考えや思うことを皆さんに聞いてもらう機会をたくさんいただきました。運営委員長の役職に伴う役得のひとつだと思います。文才がありませんので、私の伝えたかったことがどれほど皆さんに届いたのか心もとないのですが、もう一回私が一番言いたいことを書かせていただきます。

運営委員長になった最初の総会で、故ケネディ大統領の就任演説の言葉を借りて、「こども劇場があなたになにをしてくれるかではなく、こども劇場を使ってあなたが子ども達の為に何ができるかを考えてほしい」という話をさせてもらいました。私は自分自身このことを考え続けて5年間過ごしてきたように思います。

劇場活動を通じて、私はたくさんの人に出会い、たくさんの新しい経験をしました。何年か前に出会った人と今日会った人が友人であることがわかったり、何年か前に経験したことが今日役に立ったということもたくさんありました。私がこの東久留米市で一人の大人として、また一人の親として楽しく生活するうえで、こども劇場の活動がどれほど力をくれたかということは計り知れません。こども劇場は本当に役に立つ道具でありました。だから、ほかの人も是非おおいに利用してもらいたいと思うのです。70家族、140人ほどの人しか利用しないというのはもったいないと思うのです。

もう一つ、子育て集会などで話させてもらったことは、宮沢賢治の童話集「注文の多い料理店」の序文です。生の舞台を見ることや、例会の係り活動をすることがなんの役に立つのか、私には自信を持ってこれこれと言う事ができません。しかし、それが「おしまい、すきとおったほんとうのたべものになること」をやはり信じています。


6月11日、8月13日の2回事務所で劇場フォーラムと銘打ち、劇場について、または劇場と関わる自分についておしゃべりする機会を持ちました。どなたでもどうぞという会だったのですが、やはり運営委員の参加が多く、会員の方のお話を聞きたいという目的は達成できなかったのは残念でした。2回目の会はかなりシビアで、こども劇場の存在そのものに関わる話題も出ました。10月23日の総会には是非多くの会員の方に参加していただき、それぞれの方々の「私にとってのこども劇場」をお話していただきたいと思います。

~総会資料冒頭より~


規約の目的

1.この会は子どもたちが自らの力で育つことを目指します。
  そのために、遊びや鑑賞等の活動の機会や、居場所をつくりあっていきます。

2.大人もこどもも、年齢、性別、信仰、人種などあらゆる差異を越え、文化活動を通し
  対等間と自由の権利を培いその風を町中に広げていくことを目指します。


第20年度基本課題

1.地域の子育てに関わる多様な団体と連携を取り、
  子ども達が自らの力で発達できる場を作る。

2.サークル・ブロックの活動を活発化し、
  お互いのこども達の成長を見守る場にして行こう。

3.子ども達の自主的な活動をバックアップしよう

4.みんなで力を出し合い、運営していけるこども劇場にしよう

5.目的に共感する仲間を増やしていこう


1年のまとめ

例会

低学年例会
どんどこどん・西遊記・・・・・他劇場との合同例会
忍者街を遊ぶ・・・・・東久留米単独
高学年例会
ザ・ストライプス・カリフォルニアドリーミン・クォーターシアター・・・・・他劇場との合同例会
20周年記念低高合同例会
暮らしのト長調
幼児特別例会例会
かえるくん かえるくん










コメント欄(Wikiの編集が苦手な人・編集報告はこちらに)

名前:
コメント:
  

更新履歴

取得中です。