※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

$THETA


固定効果 THETA の初期値を指定する.

(下限 初期値) 形式の指定


指定例:
$THETA (0 1.2) (0 34) (0 5)

THETA が3個ある場合の例である.(0 1.2) と書くと,下限が 0 で,初期値が 1.2 と指定したことになる.CL,Vd 等の PK パラメータは必ず正の値をとるので,下限 0 を指定しておくとよい.
上の例は次のように,行を分けて記述しても構わない.

$THETA
(0 1.2) ; CL
(0 34)  ; Vd
(0 5)   ; Ka

; (セミコロン) の後はコメントとして無視されるので,それぞれのパラメータの意味を書き込んでおくと後々便利である.

(下限 初期値 上限) 形式の指定


下限だけでなく,上限も指定したい場合もあるだろう.例えば,絶対バイオアベイラビリティ F1 を求めることができる場合は,上限が 1 となる.そのよう場合には

$THETA (0 0.1 1)

と指定する.

初期値のみの指定


共変量効果を表す THETA,例えば,

TVCL = THETA(1) + (AGE-50)*THETA(2)

における THETA(2) のように,正負どちらの値をとるか事前にはあまりわからないパラメータもある(よく考えればわかる場合も多いが).そのような場合には

$THETA 0.1

と初期値のみを指定する.

値を固定


$THETA (0 FIXED)

と指定すると該当する THETA の値を 0 に固定して,計算過程でそのパラメータの値を変化させない.

さまざまな指定例


$THETA (0 0.1) 0.01 (0 0.8 1) -0.2