※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

$COV


使用方法
$COV [COMPRESS] [MATRIX=R] [PRINT=E]

使用例
$COV COMPRESS

解説

 パラメータの推定誤差を求める.固定効果 THETA,個体間変動分散 OMEGA,個体内変動分散 SIGMA の標準誤差 (SE),分散共分散行列,相関行列が計算され,出力される.
 $COV COMPRESS と COMPRESS オプションをつけると,出力形式が若干コンパクトになる.
 デフォルトでは($COV とのみ指定したときは)NONMEM はいわゆるロバスト分散(サンドイッチ分散)を計算する.モデル分散を求めたい時は MATRIX=R オプションをつける.
 PRINT=E オプションをつけると固有値も出力される.固有値は,条件数(最大固有値と最小固有値の比)の算出に使える.