※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NONMEM アウトプットに出力される OMEGA の構造情報のパターンを集めておく.

なお,行頭の「行送り制御コード文字」もそのまま転記している.

ETA がすべて独立な場合

OMEGA をすべて推定する場合


0OMEGA HAS SIMPLE DIAGONAL FORM WITH DIMENSION:  n

実際には,n のところに数値が入る.

初期値の情報:

0INITIAL ESTIMATE OF OMEGA:
 0.4000E-01
 0.0000E+00   0.4000E-01
 0.0000E+00   0.0000E+00   0.1000E-01
 0.0000E+00   0.0000E+00   0.0000E+00   0.1000E-01

OMEGA を一部 FIX する場合


ETA が 4 個で,ETA(4) の分散のみ,0 に固定する

$OMEGA 0.04 0.04 0.04 (0 FIXED)

そうするとこのように,ブロック形式での出力になる

0OMEGA HAS BLOCK FORM:
  1
  0  2
  0  0  3
  0  0  0  4

初期値の情報:

0INITIAL ESTIMATE OF OMEGA:
 BLOCK SET NO.   BLOCK           FIXED
        1                        NO 
                  0.4000E-01
        2                        NO 
                  0.4000E-01
        3                        NO 
                  0.1000E-01
        4                        YES 
                  0.0000E+00

すべての ETA に相関を考慮する場合


ETA(1), ETA(2) に対して次のような構造を指定する.

$OMEGA BLOCK(2) 0.04 0.01 0.04

このとき,次のようになる.

0OMEGA HAS BLOCK FORM:
  1
  1  1

0INITIAL ESTIMATE OF OMEGA:
 BLOCK SET NO.   BLOCK                    FIXED
        1                                 NO 
                  0.4000E-01
                  0.1000E-01   0.4000E-01

ETA の一部のみに相関を考慮する場合


ETA(1) と ETA(2) の間には相関を考慮,一方,ETA(3) はいずれにも独立,とする.

$OMEGA BLOCK(2) 0.04 0.01 0.04
$OMEGA          0.04

0OMEGA HAS BLOCK FORM:
  1
  1  1
  0  0  2

0INITIAL ESTIMATE OF OMEGA:
 BLOCK SET NO.   BLOCK                      FIXED
        1                                   NO 
                  0.4000E-01
                  0.1000E-01   0.4000E-01
        2                                   NO 
                  0.1000E-01