※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 経口投与後のデータを発生させて,静脈内投与後のモデルで解析するシミュレーションの例.

  • $TABLE で作成したデータを次の $PROB の $DATA で読み込むテクニック
  • $SUB での LIBRARY の利用
  • $SIM で乱数の種を指定する方法,および,シミュレーションごとに異なる種を使う方法

 この三点に気を配ればよい.
 なお,途中で計算エラーが発生した場合,そこで全てが止まってしまう.悲しい.私は解決方法を知りません.


 この手のシミュレーションには $SUPER を使おうと言っているわけではない.$SUPER の使い方を覚えるくらいなら,SAS か S-Plus/R を覚えましょう(^^).



$PROBLEM DUMMY SIMULATION
$DATA TEMPLATE-1.CSV IGNORE=@
$INPUT ID TIME EVID MDV CMT AMT DV
$SUB ADVAN2 TRANS2 LIBRARY INFN=INFN.FOR
$PK
 CL=THETA(1)*EXP(ETA(1))
 V =THETA(2)*EXP(ETA(2))
 KA=THETA(3)*EXP(ETA(3))
 SC=V
$ERROR
 Y=F*EXP(ERR(1))
 IPRED=F
$THETA
 (0 1)
 (0 10)
 (0 0.7)
$OMEGA 0.04 0.04 0.25
$SIGMA 0.01
$SIM (2601) ONLYSIM
$TABLE
 NOPRINT NOHEADER FILE=DATA1.TXT
 NOAPPEND
 ID TIME EVID MDV CMT AMT IPRED DV
;

$SUPER SCOPE=2 ITERATIONS=2
$PROBLEM SIMULATION
$DATA DATA1.TXT (8E12.0) NOOPEN
$INPUT ID TIME EVID MDV CMT AMT IPRD DV
$PK
 CL=THETA(1)*EXP(ETA(1))
 V =THETA(2)*EXP(ETA(2))
 KA=THETA(3)*EXP(ETA(3))
 SC=V
 ;
 CMT2=2
 ;
$ERROR
 Y=F*EXP(ERR(1))
 IPRED=F
$THETA
 (0 1)
 (0 10)
 (0 0.7)
$OMEGA 0.04 0.04 0.25
$SIGMA 0.01
$SIM (-1) ONLYSIM
$TABLE
 NOPRINT NOHEADER FILE=DATA2.TXT
 NOAPPEND
 ID TIME EVID MDV CMT2 AMT IPRED DV
;

$PROBLEM ESTIMATION
$DATA DATA2.TXT (8E12.0) NOOPEN
$INPUT ID TIME EVID MDV CMT AMT IPRD DV
$THETA
 (0 1)
 (0 10)
 (0 FIXED)
$OMEGA 0.04 0.04 (0 FIXED)
$SIGMA 0.01
$EST NOABORT MAXE=9999 METHOD=ZERO
$COV
$TABLE
 NOPRINT ONEHEADER FILE=DATA3.TXT
 ID TIME EVID MDV CMT AMT IPRED
;