※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

R での外部データファイル読込

  • Excel (クリップボード経由)
  • Excel (ODBC 経由)
  • Access (ODBC 経由)
  • SAS (XPT 形式)

# Excel 上でデータ範囲(ヘッダの変数名の行も含む)をコピーしてから
data <- read.delim('clipboard', header=T)

# ODBC 経由で Excel データ読込
library(RODBC)                                      # RODBC パッケージ
#
cn <- odbcConnectExcel('d:/data.xls')               # Excel ファイルに接続
sqlTables(cn)                                       # シート名を表示
data.xls <- sqlQuery(cn, 'select * from [sheet1$]') # SQL で読込
odbcClose(cn)                                       # 接続開放

# ODBC 経由で Access データ読込
library(RODBC)                                      # RODBC パッケージ
#
cn <- odbcConnectAccess('d:/data.mdb')              # Access ファイルに接続
sqlTables(cn)                                       # テーブル名を表示
data.mdb <- sqlQuery(cn, 'select * from [T_1]')     # SQL で読込
odbcClose(cn)                                       # 接続開放

# SAS XPT 形式ファイルの読込
library(foreign)                                    # foreign パッケージ
data <- read.xport('data.xpt')                      # 読込