「World Was Mine」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

World Was Mine」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #right(){&furigana(clear)&furigana()【登録タグ:&tags()】}
 &nicovideo(http://www.nicovideo.jp/watch/nm6457713)
 作詞:[[ぴとっP]]
 作曲:[[ぴとっP]]
 編曲:[[ぴとっP]]
 唄:たこルカ(巡音ルカ)
 
 **曲紹介
 前作とはうって変わったシュールな画像!
 ついにそのおぞましい姿を衆目に晒したクトゥルカ!
 世界が銀色の黄昏に沈む時、人類の地球支配も終わりを告げるのか!?
 .........といったような深刻な歌ではありません。
 むしろヒーリングソングといって良いでしょう........旧支配者に癒されてどうする。
 
 **歌詞
 冷たく暗い海の底で
 わたし眠り続けるの
 素敵な夢を見せてあげるわ
 二度と目覚められないほどの
 銀色の太陽が照らす大地が震え出す
 世界を終わらせる目覚めの時
 宇宙の果てからやってきた
 遥かいにしえに
 不死身の身体 不滅の魂
 永遠を生きるさだめ
 足ならばregenation
 何度でも生えてくるから
 わたしはいつでも
 たこぶつ食べ放題♪
 
 逆巻く波に飲み込まれて
 堕ちる 魅惑と虚無のなか
-私を誰だと思っているの?
+私を誰だと思ってるの?
 Ah, Don't You Know That The Old World Was Mine!
 次元を超えてあなたのもと
 届けこの視線
 窓越し打ち抜いて
 つかまえる
 地球の全てを支配する力があるのよ
 大地も海もまぐろもネギも
 全部わたしのモノ
 はるかな ふるさと
 暗黒の銀河の果てへ
 HAXAのロケット
 わたしも連れてけー!
 
 宇宙の果てからやってきた
 遥かいにしえに
 不死身の身体 不滅の魂
 永遠を生きるさだめ
 足ならばregenation
 何度でも生えてくるから
 わたしはいつでも
 たこぶつ食べ放題♪
 
 **コメント
 - ぬぅ、これも入れずばなるまいて。歌詞は打ち込みです、間違いがあったら直してネ。  -- pak_13  (2009-05-31 03:13:08)
 #comment