「あめのひ喫茶」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

あめのひ喫茶」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 #right(){&furigana(あめのひきっさ)&furigana()【登録タグ:&tags()】}
 &nicovideo(http://www.nicovideo.jp/watch/sm7024530)
 作詞:[[ピノキオP]]
 作曲:[[ピノキオP]]
 編曲:[[ピノキオP]]
 唄:初音ミク
 
 **曲紹介
 -ピノキオPの12作目。
 -生音寄りです。最近曲作るのがやたら楽しいです。雨の日の歌です。(作者コメ転載)
 
 **歌詞
 休日 お昼過ぎ 小雨が降り
 約束の時間がやってくるまで
 近所の うらぶれた喫茶店で
 雨露つきの一枚絵を眺めてる
 
 鈍色(にびいろ)がかった 仏頂面(ぶっちょうづら)の空
 生垣(いけがき)が濡れた地面を見つめてる
 水たまりをわざと踏んでく男の子
 
 しとしと ぱらりら あめのひ喫茶
 奇天烈(きてれつ)な名前の創作ランチは微妙な味
 スピーカーは壊れてて 静寂が混じり合った
 空調が かき消す 雨音を
 思い浮かべてリフレインした
 
 アンティークの椅子 アイボリーの壁紙 
 店を彩る原色な造花の群れ
 お客は私をいれて たったの三人
 雨降り特有の まぶたの重い 倦怠感(けんたいかん)
 
 一人は背の高い 黒ずくめの若い青年
 もう一人は太った 狐目(きつねめ)のおばさん
 二人の人生を遡(さかのぼ)れるほど 想像力はない
 愉快なあだ名を命名するほど 発想力もない
 
 からっぽのコーヒーカップ あめのひ喫茶
 スプーンで湿気をかき混ぜて 淀んだ黒目をうつしこんだ
 意味深な伏線も 現実にはそうそう意味が無くて
 過ぎたる期待が 心に空洞を生んでしまうんだ
 
 そろそろ約束の時間 あめのひ喫茶
 黒い男もおばさんも 傘を広げて出て行った
 いつのまにか 客は私一人 店員さんの意識が
 気まずくて 押しだされるように 重い腰をあげた
 
 晴れかかった空 あめのひ喫茶
 傘をわざと忘れて 君のもとへ向かおうか
 そんなことを ふと思い立ったけど 
 結局やめた
 
 **コメント
 - これ好きです。  -- 名無しさん  (2010-05-02 11:43:20)
 - 個人的にはこれが一番好き  -- 名無しさん  (2012-02-23 19:25:39)
 - もっと伸びろー!  -- 名無しさん  (2012-06-19 22:50:38)
 - 大好きな曲です。メロディーも音も歌詞も調教も全てが心地良くて、すごく落ち着く  -- 名無しさん  (2013-01-07 16:20:54)
 - とっても好きです  -- 名無しさん  (2013-02-09 11:41:32)
+- メロディーが好きです。歌詞も、何気ない日常な感じがすき。  -- みいや  (2017-02-21 16:31:00)
 #comment()