君唄 -キミウタ-

きみうた【登録タグ: SOLIDIO テラ小室P 巡音ルカ 末雨

作詞:未雨
作曲:テラ小室P
編曲:テラ小室PSOLIDIO
唄:巡音ルカ

歌詞

空にこぼした淡い蛇口の水
揺れて揺らいで消えて見えない夢

ぜいたくすぎるほど
愛を手にしてみたら
悲しくなるくらい
また求めてた

枯れ葉恋散ってゆけ
紅く染めあげ
君の背中押すように
ゆらり風吹け

背中合わせて今日は明日へすすむ
ひとつ、ふたつ、と消える月を数え

「曖昧すぎるから…」
吐く息は空へと散る
も一度だけでいい
声がききたい

枯れ葉恋舞いあがれ
紅く染めあげ
肩越しに追いあげて
涙、雲、散れ

桜、愛覚えてて
淡く色づく…
二度目の冬を越して
君の元、咲く

枯れ葉恋散ってゆけ
紅く染めあげ
僕の背中押すように
ゆらり風吹け

コメント

  • 悲しい歌詞だ… -- 唯 (2012-09-01 22:52:39)
  • 切ない歌だ…頑張って解読しよう -- あかき (2015-12-21 18:33:55)
名前:
コメント: