嵐の中を飛ぶ

あらしのなかをとぶ【登録タグ: よんせんP 鏡音レン

作詞:よんせんP
作曲:よんせんP
編曲:よんせんP
唄:鏡音レン

歌詞

ピアプロより転載)

例えば 寒さに震え
夢中で 望んだ事が
変わる季節戻す事なら
今すぐ立ち上がるのさ

望まれた未来を偽るなら
過ちは許せない
あの日約束した瞬間忘れない

嵐にさらされた傷の癒えない翼
もしも閉じたならば二度とは戻れない
嵐にさらされて傷にまみれた翼
「風を味方にして飛び続けられる」と言った

いつかは風が変わると
誰かが変えてくれると
消えた世界を嘆くだけじゃ
このままひどくなるだけ

僕はただ僕であり続けたい
難しい事じゃない
いつも前を向いて歩けば大丈夫

ただ悲しいだけの弱さなんていらない
心無い言葉が導き出す悲劇
理由の無い闇が世界を嘆いてても
歌い続けるんだ 「違い」を守るため
強く

暗闇がその腕を掴んでも
どうか目を閉じないで
たとえ目を閉じても消えるわけじゃない

ただ悲しいだけの弱さなんていらない
心無いしぐさが世界を壊してく
嵐にさらされて傷にまみれた翼
「風を味方にして飛び続けられる」と言った
強く

コメント

  • この曲は元気がでます! -- 123 (2014-06-10 00:35:20)
名前:
コメント: